投資・節約・お金 税金

確定申告でのふるさと納税手続きの簡素化について

令和3年分の確定申告からふるさと納税の申告手続きが簡素化されます。

 

 

簡素化されるのは確定申告での手続き

以前も記事にしました。

令和3年分の確定申告からふるさと納税の手続きが簡素化されます

令和3年分の確定申告からふるさと納税の申告手続きが簡素化されます。 これまで、ふるさと納税を実施した場合、各自治体から送られてくる受領書の提出が必要でしたが、令和3年分からは、特定事業者が発行する年間 ...

続きを見る

 

寄付先が多い方にとっては、かなり楽になるのではないでしょうか。

以前の記事でも書きましたが、枚数が多いとチェックするだけでも大変です。。

 

 

確定申告をする必要がない方であれば、ワンストップ特例制度を利用できるのでそちらで手続きされている方もいらっしゃると思います。

今回の簡素化は、文字通り確定申告での手続き簡素化ですので、ワンストップ特例制度を利用している方にとっては、特段影響がない内容となります。

 

ワンストップ特例制度の方がいい人は

ワンストップ特例制度のメリットの一つは、確定申告をしなくてよいというところにありますので、利用されている方の多くは、確定申告するほうに面倒くささを感じていたり、確定申告が難しく感じているのだと思います。

そういう意味では、確定申告のふるさと納税についての手続きが簡素化されるわけですから、幾分敷居は低くなったように感じます。確定申告へのハードルの高さには影響するでしょう。

確定申告で、ということになれば、ワンストップ特例制度の5自治体までという制限もなくなりますし、都度書類を提出する必要もなくなります。

どっちがめんどくさいかは微妙なところですが、確定申告のほうが楽だなと感じる人も出てくるかもしれませんね。

個人的には、ぜひ確定申告書の作成にチャレンジしていただきたいと思いますが、ワンストップ特例制度の方がメリットがあるという人もいたりするので検討が必要です。

検討が必要な方としては、住宅ローン控除の適用を受けている方で、住宅ローン控除可能額が大きい人です(住宅ローンの金額が大きい人)。

所得税から住宅ローン控除を引くことができるのですが、所得税の金額より住宅ローン控除可能額が大きい場合、所得税から引ききれなかった額については住民税から控除することが可能です。
ですが、住民税から控除できる金額には上限があります(MAX136,500円)。

住民税から控除する額が上限を超えているという人については、ふるさと納税を確定申告で手続きすると、住宅ローン控除できる金額が減少してしまいます。そのような方の場合は、ワンストップ特例制度を利用したほうがいいでしょう。

ざっくりいうと、所得税額が小さめ、住宅ローン大きめの人なので、該当する方はそう多くないかもしれませんが、特別な事情でそのようになる方もいらっしゃると思いますので、そのような方はシミュレーションサイト等で限度額を含め、確認されたほうがよいかもしれませんね。

 

確定申告の税金還付以外のメリット

確定申告の手続きはめんどくさく感じる人も多いと思いますが(実際めんどくさいですし)、メリットもあると思います。

サラリーマンの方であれば、給与・賞与からの源泉徴収、その後の年末調整で完結しているので、自分が負担している税金について意識が向くことが少ないと思います。

むしろ、年末調整で還付があると、税金が戻ってきてラッキー!と感じることもあるかもしれません。

サラリーマンは所得の捕捉率が高い(しっかり把握されている)うえに、源泉徴収制度で負担感が少ないです。

確定申告をすることで、自分が負担している税金に意識を向けることができます。

申告書に年間の税額がバシッと記載されるので、これだけ負担しているのね、と意識が向くはずです。

あと、簡単にでも、所得税の仕組みが理解できる機会になり得ると思います。

なんとなくでも。

確定申告書作成、チャレンジしてみてはいかがでしょうか。

 


【編集後記】
私が用事で夜いないときなど、「パパがいないから外食」となることもあるようです。
迎えにいったときの動線の関係上、流れのままそうなることは理解しておりますが、、
少しさみしいような気も、、

税金

年末調整で処理できない各控除について

お勤めの方であれば、年末調整でいくつかの書類を提出して還付を受けるという方も多いかと思います。 勤務時代は私も楽しみにしていた気がします。 自分が払いすぎた税金が戻ってくるだけなんですけどね。     年末調整時に生命保険控除など各種控除を追加することになりますが、定められているすべての控除を年末調整にて処理できるわけではありません。   目次1 年末調整で処理できない所得控除2 年末調整で処理できない税額控除3 まとめ   年末調整で処理できない所得控除 年末調整 ...

ReadMore

ライフ

Google Chrome ブックマークバーの表示・非表示の切り替え、開き方について

  ブラウザはGoogle Chromeを利用しています。 Google Chromeでブックマークに追加する方法はいくつかあります。   目次1 ブックマークバーへの追加方法2 ブックマークバーの表示・非表示3 ブックマークバーでの開き方   ブックマークバーへの追加方法   ショートカットキーを使うのであれば、 Ctrl + D もしくは、アドレスバー右側の☆をクリックすることでも追加できます。 私は追加する際、基本名前は削除して、ブックマークバーにファビコン( ...

ReadMore

ライフ

Kindleライブラリの整理あれこれ

Kindleを利用していると知らず知らず書籍が溜まっていきます。 ちなみに、私はKindle端末ではなく、iPhoneまたはiPadのアプリで読んでいます。 さっと読みたいときに、すぐたどり着きたいので、時折り整理するようにしています。 私が実施しているのは主に3パターンです。   目次1 絞り込み・並び替え2 端末から削除3 完全削除   絞り込み・並び替え ライブラリの上部の左・右にそれぞれ「絞り込み」、「表示・並び替え」のメニューがあります。 絞り込みで”既読、未読”など、並び替 ...

ReadMore

独立

住信SBIネット銀行 法人口座のメリット・デメリット

  法人を設立した際に、法人名義の銀行口座を用意しようと考え、楽天銀行の法人口座の申込みしましたが審査落ちしました。 その後、住信SBIネット銀行の法人口座の申込みを行い無事開設できたので、以後住信SBIネット銀行の口座を利用しています。 利用している中でいくつか不都合もあったので、別の銀行口座開設も考えたのですが、なんだかんだそのまま住信SBIネット銀行をメイン口座として利用しています。 1年ちょっと利用して感じているメリット・デメリットを書いてみます。     メリット ...

ReadMore

税金

給与所得者の必要経費

  個人事業をされている方であれば、 売上 ー 必要経費 = 利益 の式で、事業での所得(利益)を計算します。   給与所得の場合には、個人事業主のような必要経費はないように感じるかもしれませんが、必要経費と同じようなものはあります。 「給与所得控除」といいます。   式にすると、 給与(年収) ー 給与所得控除 = 給与所得 となります。   給与所得控除 給与所得控除の金額は、給与の金額によって変わります。 以前は、天井知らずに収入の5%ぐらいの金額があったので ...

ReadMore

税金

毎月の給与から差し引かれる所得税の計算方法

  毎月の給与明細をしっかり確認しているという方でも、額面金額と手取り金額に注目し、差し引かれている金額については細かく見ていないという方も意外と多いかもしれません。 私も税理士事務所に勤める前までは、給与明細すらほぼ確認せず、銀行に入金される金額しか見ていませんでした。 本日は毎月の給与から差し引かれる所得税の計算方法について確認してみようと思います。   給与から税金等を差し引き、個人にかわって納付等を行うことを源泉徴収制度といいます。 給与から差し引く所得税のことを、一般的に源泉 ...

ReadMore

独立

いつ独立しようと考えたかの問いをうけて改めて思ったこと

  先日、とある集まりでいつ独立しようと思ったのか?と会話の中で聞かれることがありました。 その時だけに限らず、これまで何度か尋ねられたことがあります。   独立を決めた明確な日付があるにはあるのですが、それについての詳細は今回割愛します。   それ以前、独立についての考えを思い起こすと、税理士試験を受け始めた頃、なんとなくいつかは独立もありかな?と考えていたと思うのですが、具体的に「いつ」と決めてはいなかったと記憶しております。 少し前に、独立するタイミングについて記事にし ...

ReadMore

独立

絞るために、いろいろ試してみる

  人によってそのニーズも様々です。 すべてに対応できればよいのでしょうが、できることできないこと、やったことがあることやったことがないこと、または、やりたいことやりたくないこと、色々あるのですべてに対応することはできません。 特にひとりでしごとをしていると、自ずと制限される部分はでてきます。 作業が伴うものであれば、量はこなせないでしょう。   そのようなことを考えていると、ついついできることを絞りたくなってしまいますが、そうすると可能性を潰してしまうこともあるかもしれません。 考え ...

ReadMore

  • この記事を書いた人

平川吉輝

税理士、AFP
1979年8月13日生、43歳。
長崎県長崎市在住。
2021年2月1日から日毎日更新中。

-投資・節約・お金, 税金