投資・節約・お金 税金

確定申告でのふるさと納税手続きの簡素化について

令和3年分の確定申告からふるさと納税の申告手続きが簡素化されます。

 

 

簡素化されるのは確定申告での手続き

以前も記事にしました。

令和3年分の確定申告からふるさと納税の手続きが簡素化されます

令和3年分の確定申告からふるさと納税の申告手続きが簡素化されます。 これまで、ふるさと納税を実施した場合、各自治体から送られてくる受領書の提出が必要でしたが、令和3年分からは、特定事業者が発行する年間 ...

続きを見る

 

寄付先が多い方にとっては、かなり楽になるのではないでしょうか。

以前の記事でも書きましたが、枚数が多いとチェックするだけでも大変です。。

 

 

確定申告をする必要がない方であれば、ワンストップ特例制度を利用できるのでそちらで手続きされている方もいらっしゃると思います。

今回の簡素化は、文字通り確定申告での手続き簡素化ですので、ワンストップ特例制度を利用している方にとっては、特段影響がない内容となります。

 

ワンストップ特例制度の方がいい人は

ワンストップ特例制度のメリットの一つは、確定申告をしなくてよいというところにありますので、利用されている方の多くは、確定申告するほうに面倒くささを感じていたり、確定申告が難しく感じているのだと思います。

そういう意味では、確定申告のふるさと納税についての手続きが簡素化されるわけですから、幾分敷居は低くなったように感じます。確定申告へのハードルの高さには影響するでしょう。

確定申告で、ということになれば、ワンストップ特例制度の5自治体までという制限もなくなりますし、都度書類を提出する必要もなくなります。

どっちがめんどくさいかは微妙なところですが、確定申告のほうが楽だなと感じる人も出てくるかもしれませんね。

個人的には、ぜひ確定申告書の作成にチャレンジしていただきたいと思いますが、ワンストップ特例制度の方がメリットがあるという人もいたりするので検討が必要です。

検討が必要な方としては、住宅ローン控除の適用を受けている方で、住宅ローン控除可能額が大きい人です(住宅ローンの金額が大きい人)。

所得税から住宅ローン控除を引くことができるのですが、所得税の金額より住宅ローン控除可能額が大きい場合、所得税から引ききれなかった額については住民税から控除することが可能です。
ですが、住民税から控除できる金額には上限があります(MAX136,500円)。

住民税から控除する額が上限を超えているという人については、ふるさと納税を確定申告で手続きすると、住宅ローン控除できる金額が減少してしまいます。そのような方の場合は、ワンストップ特例制度を利用したほうがいいでしょう。

ざっくりいうと、所得税額が小さめ、住宅ローン大きめの人なので、該当する方はそう多くないかもしれませんが、特別な事情でそのようになる方もいらっしゃると思いますので、そのような方はシミュレーションサイト等で限度額を含め、確認されたほうがよいかもしれませんね。

 

確定申告の税金還付以外のメリット

確定申告の手続きはめんどくさく感じる人も多いと思いますが(実際めんどくさいですし)、メリットもあると思います。

サラリーマンの方であれば、給与・賞与からの源泉徴収、その後の年末調整で完結しているので、自分が負担している税金について意識が向くことが少ないと思います。

むしろ、年末調整で還付があると、税金が戻ってきてラッキー!と感じることもあるかもしれません。

サラリーマンは所得の捕捉率が高い(しっかり把握されている)うえに、源泉徴収制度で負担感が少ないです。

確定申告をすることで、自分が負担している税金に意識を向けることができます。

申告書に年間の税額がバシッと記載されるので、これだけ負担しているのね、と意識が向くはずです。

あと、簡単にでも、所得税の仕組みが理解できる機会になり得ると思います。

なんとなくでも。

確定申告書作成、チャレンジしてみてはいかがでしょうか。

 


【編集後記】
私が用事で夜いないときなど、「パパがいないから外食」となることもあるようです。
迎えにいったときの動線の関係上、流れのままそうなることは理解しておりますが、、
少しさみしいような気も、、

税金

所得税乙欄で住民税の特別徴収は可能か

住民税の特別徴収税額通知書が届く時期です。   住民税の納付方法には普通徴収(納付書での納付)と特別徴収(給与天引き)の2種類があります。 特別徴収が原則です。   普通徴収が認められるのは、下記のような場合。 給与が毎月支給されない場合 毎月の給与の支払額が少なく、市・県民税を特別徴収 することができない場合 退職(予定)等により給与から特別徴収ができない場合 他から支給される給与から市・県民税が引かれる場合 個人事業者の事業専従者   通常、住民税の特別徴収については、給 ...

ReadMore

Excel

Excelでセルを非表示にする方法

  自分だけが使うデータであれば、必要がない処理だと思いますが、他の方に見せる場合など、何らかの事情で中身をみせたくないというシーンもあるかもしれません。 そういった場合に、セルをアスタリスク(*)で表示する方法についてご紹介します。   Excelでは、セルの表示形式を指定することができるのですが、パスワードの入力画面であるような(****)での表示に変更することが可能です。   設定方法も簡単です。 セルの書式設定を開き(Ctrl + 1)、「表示形式」→「ユーザー定義」 ...

ReadMore

Excel

よく使うExcelのショートカットキー

毎日Excelに触れるので、何かしらのショートカットキーを必ず利用しております。   マウス操作がメインであまりキーボードでのショートカットキーを利用しないという方もいらっしゃるかもしれませんが、1度覚えてしまえばマウスより効率がいいと感じています。 普段使わないというかたも、少しずつでも試していただければと思います。 まずはこの辺りからいかがでしょうか。   Ctrl + C コピー Ctrl + X 切り取り Ctrl + V ペースト   Ctrl + R 左のセルをコ ...

ReadMore

Excel 効率化

ショートカットキー「Ctrl + E」のあれこれ

ショートカットキーを使うとパソコンでの操作を効率よく行うことができます。   本日は、ショートカットキー「Ctrl + E」についてご紹介したいと思います。     Excel フラッシュフィル機能 例えば、このようなリストがあったとして、「姓」「名」に分けたいという場合に便利です。 「姓」の1つ目を選択している状態で「Ctrl + E」を入力すると、法則を見つけてそれ以下について自動で入力してくれます。   「名」についても同じように実行してみます。   ...

ReadMore

会計・経理

マネーフォワード、freeeを同時並行で使ってみての感想

  開業時からマネーフォワード(以下、MF)とfreeeを使い始めました。 勤務しているときによく使っていたのは弥生会計だったのですが、色々試してみたいと思いそれぞれ導入してみました。 MFは多少使ったことがあったのですが、freeeはまったく触ったこともありませんでした。 今考えると、急いで2つ導入しなくてもよかったかな?とも思いますが、おかげで比較しながら操作等を覚えることができました。 と言っても、2021年はもともと使ったことがあったMFを先行して使い、自分の確定申告もMFで行っています ...

ReadMore

会計・経理

未償却残高とは何か

「減価」も「償却」も、業界以外の方の場合、どちらも馴染みがない言葉だと思います。 本日は、減価償却の仕組みの中で出てくる「未償却残高」について書いてみようと思います。   減価償却とは 「減価償却」とは、時間の経過によってその価値が減っていく、という考え方に基づき計算されるそのモノの価値の目減り分です。 長く使えるものは、一度に経費にするのではなく、その期間に応じて、分割して経費にしていくことになります(費用配分といいます)。 業務に使用していて、かつ時間の経過とともに資産価値が減少する固定資産 ...

ReadMore

独立

独立して実感している自由

独立後、勤務していたころと比較すると色々な変化がありました。 独立する前から、なんとなく想像していた部分もありますが、実際に独立して感じた3つの自由について書いてみたい思います。   目次1 時間の自由2 選択の自由3 稼ぐ自由、稼がない自由   時間の自由 まず、時間の使い方が自由に選べます。 勤務していると、9時から18時とか、一定の時間拘束されるのが普通です(フレックスもありますが)。 それと違い独立後は、仕事を何時から始めるか、何時に終わるか、するしない、自由に選ぶことができま ...

ReadMore

ブログ

ネタ切れさせないために意識しておきたいこと

  ブログを毎日更新するためには、毎日何かしら記事にする「ネタ」が必要になります。 ストックはあっても、その日に書けるものとは限りません。 度々、ネタが浮かばなくて困ることもあります。 ブログのネタが浮かばないことの問題点|長崎の税理士 平川吉輝のblog   本日は、ネタを切れさせないために、意識しないといけないなと思うことを書いてみたいと思います。   目次1 アンテナを張る2 試す3 メモする   アンテナを張る   同じ日なんてないはずなのに、意識 ...

ReadMore

  • この記事を書いた人

平川吉輝

税理士、AFP
1979年8月13日生、42歳。
長崎県長崎市在住。
2021年2月1日から日毎日更新中。

-投資・節約・お金, 税金