投資・節約・お金 税金ほか

確定申告でのふるさと納税手続きの簡素化について

令和3年分の確定申告からふるさと納税の申告手続きが簡素化されます。

 

 

 

簡素化されるのは確定申告での手続き

以前も記事にしました。

令和3年分の確定申告からふるさと納税の手続きが簡素化されます

令和3年分の確定申告からふるさと納税の申告手続きが簡素化されます。 これまで、ふるさと納税を実施した場合、各自治体から送られてくる受領書の提出が必要でしたが、令和3年分からは、特定事業者が発行する年間 ...

続きを見る

 

寄付先が多い方にとっては、かなり楽になるのではないでしょうか。

以前の記事でも書きましたが、枚数が多いとチェックするだけでも大変です。。

 

 

確定申告をする必要がない方であれば、ワンストップ特例制度を利用できるのでそちらで手続きされている方もいらっしゃると思います。

今回の簡素化は、文字通り確定申告での手続き簡素化ですので、ワンストップ特例制度を利用している方にとっては、特段影響がない内容となります。

 

ワンストップ特例制度の方がいい人は

ワンストップ特例制度のメリットの一つは、確定申告をしなくてよいというところにありますので、利用されている方の多くは、確定申告するほうに面倒くささを感じていたり、確定申告が難しく感じているのだと思います。

そういう意味では、確定申告のふるさと納税についての手続きが簡素化されるわけですから、幾分敷居は低くなったように感じます。確定申告へのハードルの高さには影響するでしょう。

確定申告で、ということになれば、ワンストップ特例制度の5自治体までという制限もなくなりますし、都度書類を提出する必要もなくなります。

どっちがめんどくさいかは微妙なところですが、確定申告のほうが楽だなと感じる人も出てくるかもしれませんね。

個人的には、ぜひ確定申告書の作成にチャレンジしていただきたいと思いますが、ワンストップ特例制度の方がメリットがあるという人もいたりするので検討が必要です。

検討が必要な方としては、住宅ローン控除の適用を受けている方で、住宅ローン控除可能額が大きい人です(住宅ローンの金額が大きい人)。

所得税から住宅ローン控除を引くことができるのですが、所得税の金額より住宅ローン控除可能額が大きい場合、所得税から引ききれなかった額については住民税から控除することが可能です。
ですが、住民税から控除できる金額には上限があります(MAX136,500円)。

住民税から控除する額が上限を超えているという人については、ふるさと納税を確定申告で手続きすると、住宅ローン控除できる金額が減少してしまいます。そのような方の場合は、ワンストップ特例制度を利用したほうがいいでしょう。

ざっくりいうと、所得税額が小さめ、住宅ローン大きめの人なので、該当する方はそう多くないかもしれませんが、特別な事情でそのようになる方もいらっしゃると思いますので、そのような方はシミュレーションサイト等で限度額を含め、確認されたほうがよいかもしれませんね。

 

確定申告の税金還付以外のメリット

確定申告の手続きはめんどくさく感じる人も多いと思いますが(実際めんどくさいですし)、メリットもあると思います。

サラリーマンの方であれば、給与・賞与からの源泉徴収、その後の年末調整で完結しているので、自分が負担している税金について意識が向くことが少ないと思います。

むしろ、年末調整で還付があると、税金が戻ってきてラッキー!と感じることもあるかもしれません。

サラリーマンは所得の捕捉率が高い(しっかり把握されている)うえに、源泉徴収制度で負担感が少ないです。

確定申告をすることで、自分が負担している税金に意識を向けることができます。

申告書に年間の税額がバシッと記載されるので、これだけ負担しているのね、と意識が向くはずです。

あと、簡単にでも、所得税の仕組みが理解できる機会になり得ると思います。

なんとなくでも。

確定申告書作成、チャレンジしてみてはいかがでしょうか。

 


【編集後記】
私が用事で夜いないときなど、「パパがいないから外食」となることもあるようです。
迎えにいったときの動線の関係上、流れのままそうなることは理解しておりますが、、
少しさみしいような気も、、

税金ほか

不動産所得の事業的規模、業務的規模 規模による違いなど

  不動産所得はその貸付規模によって「事業的規模」か「業務的規模」に区分され、税務上の取り扱いがそれぞれ異なります。   その判定は「社会通念上事業と称するに至るかどうか」という基準で判定すべきとされています。 「社会通念上」。。   実際のところ「社会通念上」で判定するのは難しいことが多いので、実務的には形式的な基準で判定することがほとんどです。   形式基準は下記のとおり。 一戸建て 概ね5棟以上 貸間、賃貸住宅(アパート等) 独立した室数が概ね10室以上 いわ ...

ReadMore

投資・節約・お金 税金ほか

一般口座で売却した株式の取得価額について

    特定口座であれば、年間の取引報告書があるので、取得価額を調べたりする必要はありませんが、一般口座で売却した株式の場合、取得価額の確認は別の方法に拠る必要があります。   取引報告書 注文した際の発行される書面(電子交付の場合は、過去5年間確認できます。)   顧客勘定元帳 取引記録が記載された書類 過去10年間までを月単位で指定し発行することが可能です。   本人の手控え 日記帳、預金通帳等の本人の手控えから取得価額を確認することも検討できます。 ...

ReadMore

ライフ

どんな言葉を選ぶかは、やっぱり大事だなと思った話

  「どけてもらってよかですかっ!」と、とあるシーンでおっしゃってきた人がいました。   何が九州弁(長崎弁)か区別がつかないもので、正しい表現は難しいのですが、その時のニュアンスとしては、「早くどけろ」という感じだったように思います。   結果的には、その人の勘違いだったのですが、この時間からこの場所を予約してるんだから、早く場所を空けてくれ、ということのようでした。   とある役目により、私がその場所を予約していたのですが、何があるかわかりませんので、念の為、実 ...

ReadMore

医療機関等 税理士

療養担当規則について

  保険医療機関及び保険医は、一定の基準に基づいて保険診療を行うことになっており、その基準について定めたものが「保険医療機関及び保険医療養担当規則」です。 「療養担当規則」、「療担規則」とか「療担」と言われています。 3章構成全24条で定められています。   保健医療を行う際の約束事となるものですので、従事されている方はもちろん抑えておくべき規則ですが、お客様に医療機関がある場合には税理士も抑えたほうが良い内容がありますので、少し確認してみたいと思います。   経済上の利益の ...

ReadMore

医療機関等

医療法人における各種手続きについて

  医療法人は、決算時や役員に変更があった場合など、医療法に基づいて様々な届出を行う必要があります。   毎期必要な手続き 決算届(事業報告書等) 資産総額の変更登記 登記事項変更登記完了届出(資産総額の変更登記にかかるもの)   随時必要な手続き 役員変更届 役員に関する登記(理事長のみ) 登記事項変更登記完了届出(登記事項に変更があった場合) 定款変更認可申請 定款変更届 医療法人解散届   医療法人は都道府県知事の認可法人ですので、一般法人にはない各種届出があ ...

ReadMore

ライフ

1日乗り放題で100円「こどもぼうけんきっぷ」|JR九州

  今年もJR九州から小学生向けに、普通列車が100円で1日乗り放題となる「こどもぼうけんきっぷ」発売されています。   夏休みの思い出作りを応援する内容となっています。   1日乗り放題で100円はすごいですね。 利用期間:2024年7月20日(土)~2024年9月1日(日) 購入できる期間:2024年6月20日(木)~2024年8月31日(土)   注意点としては、 利用日の前日までに購入が必須 ※当日購入は不可 「JR九州インターネット列車予約」または駅の「指 ...

ReadMore

医療機関等

医療法人の業務範囲

  医療法人は一般法人と違って、定款に規定すればどのような事業でもできるというわけではありません。   医療法人の業務については医療法に規定されており、その業務範囲が限定されています。   収益事業が認められている医療法人もありますが、それ以外の多くの医療法人については、「本来業務」「附帯業務」「附随業務」の3つに限定されています。   それぞれ次のとおりとなっています。 本来業務医療提供行為そのものの業務(診療所、病院、介護老人保健施設など) 例)診察・治療・処置 ...

ReadMore

会計・経理

個人事業主の勘定科目 事業主貸(借)とは

    事業主貸(事業主借)とは 個人事業の経理、確定申告で、事業主貸(借)という勘定科目がでてきます。 じぎょうぬしかし(かり)と読むのですが、総称して事業主勘定といったり、店主貸(借)・店主勘定と呼ばれたりもします。 まあ、この辺りはあまり気にする必要はありませんし、呼びやすいものでいいかと思いますが、ここでは「事業主勘定」を使うことにします。 この「事業主勘定」ですが、どういったときに使う勘定科目かというと、ざっくりいえば必要経費にならない内容や事業以外の所得に係る内容について使 ...

ReadMore

  • この記事を書いた人

平川吉輝

税理士、AFP
1979年8月13日生、44歳。
長崎県長崎市在住。
2021年2月1日から日毎日更新中。

-投資・節約・お金, 税金ほか