独立

合同会社設立時の印鑑証明

先日、合同会社設立の申請書類を法務局へ提出しました。

法務局に登記書類を提出してきました

昨日の記事で近いうちにと書きましたが、本日近くまで出かける用事があったので、その帰りに法務局へ寄って、登記書類を提出してきました。     本日は、法人設立のための登記書類提出の流 ...

続きを見る

 

設立が完了したら連絡をいただけるとのことでしたが、早速、本日午前中にお電話がありました。

 

7日に書類を提出したので、土日を除けば3日後ということになります。

法人設立の登記手続きは、他の手続きより早めにすすめるとお聞きしておりましたが、今日の午前中にご連絡があったということは、おそらく先週中に手続きが進められていたと思います。

ほぼ、即日仕上げな感じです。

freee会社設立で手続きを開始したのが5日でしたので、手続き開始後、ちょうど1週間で設立できたことになります。

早いですね。

 

合同会社設立時に必要な印鑑証明

手続自体は滞りなく済んだのですが、提出した書類で不必要なものがありました。

基本的には、freee会社設立で指示された資料を揃えて手続きしたつもりだったのですが、おそらく、私が誤って株式会社の必要書類を見てしまっていたのか、必要な印鑑証明が違っておりました。

今回私が設立する合同会社の場合、必要な印鑑証明は代表社員のものが1通あれば足りるようでした。

発起人全員の印鑑証明と書かれていたのは、株式会社の必要書類だったと思われます。

誤ってそちらを見ていたのでしょう。

午前中にいただいたお電話で、印鑑証明のことについても教えてもらいました。

 

連絡後の手続き(印鑑カード交付申請書の提出)

連絡時に、今後の手続きについて教えてもらいました。

まず、印鑑カードの交付申請が必要です(このときに、不要だった印鑑証明書を返却するとのこと)。

今後の各種手続きもあるので、早めがいいと思い、早速法務局へ印鑑カードの交付申請にいってきました。

 

手続きは、設立申請書類を提出したのと同じ窓口で行います。

必要なものは、法人の実印のみです。

忘れないように持参しました(電話連絡の際に、印鑑が必要であることも教えていただきました)。

申請書に記載等する内容は、

  • 法人の名称
  • 法人の住所
  • 印鑑提出者の資格(代表取締役とか)、氏名、住所、生年月日
  • 申請人の住所、氏名
  • 登記申請時に押印した印鑑(法人の実印)の押印

以上です。

提出すると、当初15分ほどかかりますとのお話でしたが、おそらく5分ほどで印鑑カードが交付されました。

 

まとめ

想像していたよりスピーディに法人設立が完了しました。

ちなみに、法人設立日は登記申請書類を提出した日になります。

ですので、この日を設立日にしたいと思っても、その日が土日であればできないことになります。

当初、7月4日にしようかと思っていたのですが(日本人ですが)、日曜日だったので無理ということになります。

特に暦等も気にせず最短で手続きしたのですが、その結果、7月7日になりました。

六曜などは一切気にしておりませんでしたが、調べてみると友引だったのであまりよくないのかもしれません。

まあ、7月7日なので、覚えやすくていいということで。

税金のことを考えると、1日以外にするのがいいのかもしれませんね(均等割の関係)。

私は、そんなに売上も立たないので考慮しませんでしたが、消費税のことまで考えると、ベストなタイミングというのが変わってくると思いますので、顧問の税理士等に相談していただければと思います。

 

.

【編集後記】
昨日はパパ友さん宅でとある打ち合わせ。
家族でお世話になりました!
連絡・手配等何から何までありがとうございました。
楽しみです!

 

医療機関等 税理士

療養担当規則について

  保険医療機関及び保険医は、一定の基準に基づいて保険診療を行うことになっており、その基準について定めたものが「保険医療機関及び保険医療養担当規則」です。 「療養担当規則」、「療担規則」とか「療担」と言われています。 3章構成全24条で定められています。   保健医療を行う際の約束事となるものですので、従事されている方はもちろん抑えておくべき規則ですが、お客様に医療機関がある場合には税理士も抑えたほうが良い内容がありますので、少し確認してみたいと思います。   経済上の利益の ...

ReadMore

医療機関等

医療法人における各種手続きについて

  医療法人は、決算時や役員に変更があった場合など、医療法に基づいて様々な届出を行う必要があります。   毎期必要な手続き 決算届(事業報告書等) 資産総額の変更登記 登記事項変更登記完了届出(資産総額の変更登記にかかるもの)   随時必要な手続き 役員変更届 役員に関する登記(理事長のみ) 登記事項変更登記完了届出(登記事項に変更があった場合) 定款変更認可申請 定款変更届 医療法人解散届   医療法人は都道府県知事の認可法人ですので、一般法人にはない各種届出があ ...

ReadMore

ライフ

1日乗り放題で100円「こどもぼうけんきっぷ」|JR九州

  今年もJR九州から小学生向けに、普通列車が100円で1日乗り放題となる「こどもぼうけんきっぷ」発売されています。   夏休みの思い出作りを応援する内容となっています。   1日乗り放題で100円はすごいですね。 利用期間:2024年7月20日(土)~2024年9月1日(日) 購入できる期間:2024年6月20日(木)~2024年8月31日(土)   注意点としては、 利用日の前日までに購入が必須 ※当日購入は不可 「JR九州インターネット列車予約」または駅の「指 ...

ReadMore

医療機関等

医療法人の業務範囲

  医療法人は一般法人と違って、定款に規定すればどのような事業でもできるというわけではありません。   医療法人の業務については医療法に規定されており、その業務範囲が限定されています。   収益事業が認められている医療法人もありますが、それ以外の多くの医療法人については、「本来業務」「附帯業務」「附随業務」の3つに限定されています。   それぞれ次のとおりとなっています。 本来業務医療提供行為そのものの業務(診療所、病院、介護老人保健施設など) 例)診察・治療・処置 ...

ReadMore

会計・経理

個人事業主の勘定科目 事業主貸(借)とは

    事業主貸(事業主借)とは 個人事業の経理、確定申告で、事業主貸(借)という勘定科目がでてきます。 じぎょうぬしかし(かり)と読むのですが、総称して事業主勘定といったり、店主貸(借)・店主勘定と呼ばれたりもします。 まあ、この辺りはあまり気にする必要はありませんし、呼びやすいものでいいかと思いますが、ここでは「事業主勘定」を使うことにします。 この「事業主勘定」ですが、どういったときに使う勘定科目かというと、ざっくりいえば必要経費にならない内容や事業以外の所得に係る内容について使 ...

ReadMore

税金ほか

個人事業主の家事関連費について

  プライベート上の費用(家事費)は必要経費とはなりません。 ただ、個人事業の場合には、1つの支出が家事上・業務上の両方に関わるものがあります。 このような費用を家事関連費といいます。   家事関連費のうち必要経費になるのは、業務遂行上必要なもので、その必要な部分を明らかに区分できるその区分できる金額に限られます。 明らかに区分というのは、何かしら合理的な基準で按分するということですね。 例えば、家賃であれば平米数とか、車両関係の費用であれば走行距離などで按分することになります。 &n ...

ReadMore

税金ほか

個人事業主の家事消費(自家消費)について

    家事消費とは 販売している商品、製品などの棚卸資産を家事(事業以外)のために消費することを家事消費(自家消費)といいます。   商品や製品などの仕入については、売上原価として計上されているわけですから、家事消費についても、売上として計上する必要があります。   家事とありますが、家族で消費する場合に限ったものではなく、友人・知人であっても対象となります。そして、無償で提供する場合でなくても、定価より著しく低い金額で販売した場合にはその差額が家事消費に該当する ...

ReadMore

税金ほか

個人事業主の開業費の償却方法について

  法人(会社)の場合、開業のために「特別に支出した費用」とやや限定的な部分もあります。   個人事業の場合、開業前に開業準備のために「特別に支出する費用」と、同じような定義がありますが、ある程度広い範囲が開業費に含まれます。   開業前の支出でも、次のようなものは開業費に含めることができません。 10万円以上のモノ 後で帰ってくる敷金・礼金 仕入代金   10万円以上のモノは、原則として固定資産になります。     開業費(繰延資産)には特有の ...

ReadMore

  • この記事を書いた人

平川吉輝

税理士、AFP
1979年8月13日生、44歳。
長崎県長崎市在住。
2021年2月1日から日毎日更新中。

-独立