会計・経理

10万円以上の「モノ」を買ったときの会計処理

先日、フリーランスの方から、「15万円のパソコンを購入したんだけど、会計処理はどうなりますか?」とのご質問がありましたので、10万円以上の「モノ」を購入したときの会計処理について記事にしたいと思います。

 

 

処理の仕方は3通り

フリーランスを含め、中小事業者には処理の仕方として3通りの方法が考えられます。

いずれについても、減価償却費という経費には変わりないのですが、何年で費用にしていくかが異なります。

原則

10万円以上で使用期間が1年以上となる資産については、「固定資産」として処理することになり、耐用年数に応じて、複数年で費用処理することになります。今回のパソコンの場合ですと4年間で、となります。

長く使えるものについては、その期間で分割して経費にしていくイメージです。

耐用年数は税法で定められておりますの、自分で、これくらい使える、これくらいしか使えないと勝手に決めることはできません。

 

1回で経費にする(青色申告の方限定)

上記が原則ですが、30万円未満のモノに限っては、一気に経費にすることができます。

これは「少額減価償却資産」といって、青色申告の人だけが認められる処理になります。

30万円未満であれば少額だから(個人的には高額だと思うけど)、経費にしてもいいよ、青色の人だけね。と期間限定で認められている処理です。2年間の時限立法(期間限定)ではあるのですが、しばらくの間、期限が来る前に延長、延長と続いております。

青色申告のメリットの一つですね(年間の合計が、300万円という上限があります)。

 

3分割で経費にする

10万円以上20万円未満のモノに限られますが、耐用年数の4年ではなく、3年で均等に経費にする方法です。

「一括償却資産」という処理です。

名前に「一括」と入っているので、なんだか上の少額減価償却資産のように、一度に経費にできそうな感じもしますが、ここで言う「一括」は、「管理が一括(ひとまとめ)」ということだそうです。

通常の減価償却の場合、年の途中で購入した場合、月割で計算するのですが、一括償却資産の場合は、年のどこで購入したとしても、一括して3年均等償却となります。
年末に買ったものでも、12分の1にするのではなく、3分の1を経費にできます。

ただ、一括管理なので、途中で廃棄・売却など処分した場合でも、除却損・売却損として処理することはできず、3年間で均等償却となります。

 

「一括」と「少額」の違い

10万円以上20万円未満の場合、少額減価償却資産で処理するのか、一括償却資産として処理するのが選べることになりますが、固定資産税のかかり方に違いがあります。

固定資産税が課税される資産の中に、土地・家屋以外で償却資産というものがあります。

事業に使う備品等のことで、課税の対象となる金額が150万円以上となると固定資産税がかかることになります。

 

一括償却資産が償却資産の対象とならないのに対し、少額減価償却資産は償却資産として固定資産税の課税対象となります。

その辺りも踏まえ、直近の利益予測によって、一度に経費にするのか3分割で経費にするのか判断することになるかと思いますが、基本的には、早く経費にできたほうがよいと考えるので、青色申告の方であれば少額減価償却資産を選択することが多いのではないでしょうか。

その年にあまり利益が出ておらず、経費を多く計上する必要がない場合に、固定資産税がかからない「一括償却資産」の選択も検討されることになるかと思います。

 

まとめ

処理もいろいろ、名前をいろいろで一度では覚えきれませんが、「モノ」の購入についての会計処理は、10万円、20万円、30万円で、何か違う処理が選べるんだったよね?ぐらいで、まずは良いのではないかと思います。

 


 

ライフ

毎日やろうと決めたときに考えること

習慣にしたいことだったり、何か毎日実施しようと決めたときに、考えていることについて記事にしたいと思います。   目次1 適当な目標設定か2 例外規定もあり、時には軌道修正も3 健康管理が大事   適当な目標設定か   毎日実施していることがいくつかあります。 ウォーキング(orランニング)、タイピング練習、ブログなど。 その他、体重等の記録など細かいこともいくつかありますが、毎日実施するために、まず、目標設定が「適当」であるか考えるようにしています。 適度な緊張感があるほうが ...

ReadMore

税金

償却資産申告、取得日1月1日と1月2日では課税のタイミングが違う

あまりないと思いますが、、 1月1日に取得(事業で使えるようになった)だと、今年度の申告に含める必要があります。   目次1 賦課期日とは?2 基本は前年中の増減3 1月1日取得は増加資産に含める   賦課期日とは?   償却資産の申告の対象になるかどうかは、賦課期日(ふかきじつ)の現況によって判定されます。 賦課期日とは、税金計算の基準日みたいなものです。 固定資産税の場合は、申告年度の1月1日が賦課期日となります。   基本は前年中の増減   以前の記 ...

ReadMore

税金

前年中に取得した償却資産税の計算方法

事業で使っている資産がある場合には、固定資産税がかかる場合があります。 一般的に「償却資産税」と言われれますが、固定資産税のうち家屋・土地以外の事業用の資産にかかる税金です。 本日は、申告初年度において、申告した資産がどのような方法で税金の計算が行われるのか記事にしたいと思います。   目次1 取得月の違いは関係ない2 前年中に取得した資産の評価額計算3 150万円未満は課税されない   取得月の違いは関係ない   償却資産の申告は、前年中(今であれば2021年中)の資産の増 ...

ReadMore

ライフ

個人的に感じるウォーキング・ランニングの意外な効果

とりあえず、毎日のウォーキング(orランニング)をはじめて50日が経過しました。 雨の日も実施中。   目次1 自分の歩く(走る)スピードがなんとなくわかる2 近所のスポットまでの距離感がわかってくる3 ありがたみを感じることができる   自分の歩く(走る)スピードがなんとなくわかる   Apple Watchなどのスマートウォッチをつけている前提となりますが、毎回の記録を取っていると(着けているだけですが)、そのデータを確認することで、なんとなく自分の歩くスピード、走るスピ ...

ReadMore

ライフ

自宅での仕事、子どもたちの声が騒がしいなと感じたときの対応について

自宅で仕事をしているので、仕事中子どもたちが家で友達と遊んでいるときの声も聞こえてくるときもあります。 今日も遊びに来てくれた友達と楽しそうに遊んでいました。 もっと小さくても聞こえるよ、というぐらいボリュームが大きいこともあります。 そんなときの対応と、考えたことについて書いてみます。   目次1 「声小さめにお願いね」と言う2 ノイズキャンセリングイヤホンを使う3 諦める   「声小さめにお願いね」と言う   とりあえず、ダメ元でお願いしてみます。 効果は5分と持たないで ...

ReadMore

効率化

機密データもDropboxで一元管理

パソコンの端末ではなく、クラウド上にデータを保管しています。 私が利用しているのは、Dropboxというストレージサービスです。 お客様とのデータ共有にも利用しています。 最近では、機密性の高い内容のものについてもDropboxのツールを利用し、管理・保管するようにしています。   目次1 ログイン情報等も管理2 機密性の高いデータも保管3 Dropbox Vaultの使い方   ログイン情報等も管理   以前はパスワード管理アプリを利用していましたが、最近はDropbox ...

ReadMore

長崎

出島メッセ長崎|会議室の利用について③(予約確定から利用当日まで)

本日利用してみました。   目次1 予約確定から当日までのやり取り2 利用当日について3 初回利用の感想など   予約確定から当日までのやり取り   2021年12月19日に利用許可申請を受付けたとのご連絡があり、その後12月23日に支払い方法についてのメールが届きました。 支払い方法は振込のみのようで、クレジットカード決済等には対応してないようですね。 その2日後、催事前の最終確認のメールがあり、いくつか確認があります。 備品の追加がないか プロジェクターや看板等の持ち込み ...

ReadMore

ライフ

iPhoneでアプリ内課金を制限する方法

  目次1 子ども用スマホ2 ゲームも一定のルールで3 アプリ内課金を制限する方法   子ども用スマホ   娘用に妻が以前使っていたiPhoneを利用しています。 Appleのファミリー共有で「お子様用アカウント」を作る方法もあるようですが、その辺りをよくわかっていなかったので、私のアカウントのまま使っています。 聞くところによると、13歳未満のファミリーアカウントを作成するのは多少めんどくさいとか。 知らなかったので、そのまま自分のアカウントを使った次第です。   ...

ReadMore

  • この記事を書いた人

平川吉輝

税理士、AFP
1979年8月13日生。
長崎県在住。
2021年2月1日から日毎日更新中。

-会計・経理