会計・経理

10万円以上の「モノ」を買ったときの会計処理

先日、フリーランスの方から、「15万円のパソコンを購入したんだけど、会計処理はどうなりますか?」とのご質問がありましたので、10万円以上の「モノ」を購入したときの会計処理について記事にしたいと思います。

 

 

 

処理の仕方は3通り

フリーランスを含め、中小事業者には処理の仕方として3通りの方法が考えられます。

いずれについても、減価償却費という経費には変わりないのですが、何年で費用にしていくかが異なります。

原則

10万円以上で使用期間が1年以上となる資産については、「固定資産」として処理することになり、耐用年数に応じて、複数年で費用処理することになります。今回のパソコンの場合ですと4年間で、となります。

長く使えるものについては、その期間で分割して経費にしていくイメージです。

耐用年数は税法で定められておりますの、自分で、これくらい使える、これくらいしか使えないと勝手に決めることはできません。

 

1回で経費にする(青色申告の方限定)

上記が原則ですが、30万円未満のモノに限っては、一気に経費にすることができます。

これは「少額減価償却資産」といって、青色申告の人だけが認められる処理になります。

30万円未満であれば少額だから(個人的には高額だと思うけど)、経費にしてもいいよ、青色の人だけね。と期間限定で認められている処理です。2年間の時限立法(期間限定)ではあるのですが、しばらくの間、期限が来る前に延長、延長と続いております。

青色申告のメリットの一つですね(年間の合計が、300万円という上限があります)。

 

3分割で経費にする

10万円以上20万円未満のモノに限られますが、耐用年数の4年ではなく、3年で均等に経費にする方法です。

「一括償却資産」という処理です。

名前に「一括」と入っているので、なんだか上の少額減価償却資産のように、一度に経費にできそうな感じもしますが、ここで言う「一括」は、「管理が一括(ひとまとめ)」ということだそうです。

通常の減価償却の場合、年の途中で購入した場合、月割で計算するのですが、一括償却資産の場合は、年のどこで購入したとしても、一括して3年均等償却となります。
年末に買ったものでも、12分の1にするのではなく、3分の1を経費にできます。

ただ、一括管理なので、途中で廃棄・売却など処分した場合でも、除却損・売却損として処理することはできず、3年間で均等償却となります。

 

「一括」と「少額」の違い

10万円以上20万円未満の場合、少額減価償却資産で処理するのか、一括償却資産として処理するのが選べることになりますが、固定資産税のかかり方に違いがあります。

固定資産税が課税される資産の中に、土地・家屋以外で償却資産というものがあります。

事業に使う備品等のことで、課税の対象となる金額が150万円以上となると固定資産税がかかることになります。

 

一括償却資産が償却資産の対象とならないのに対し、少額減価償却資産は償却資産として固定資産税の課税対象となります。

その辺りも踏まえ、直近の利益予測によって、一度に経費にするのか3分割で経費にするのか判断することになるかと思いますが、基本的には、早く経費にできたほうがよいと考えるので、青色申告の方であれば少額減価償却資産を選択することが多いのではないでしょうか。

その年にあまり利益が出ておらず、経費を多く計上する必要がない場合に、固定資産税がかからない「一括償却資産」の選択も検討されることになるかと思います。

 

まとめ

処理もいろいろ、名前をいろいろで一度では覚えきれませんが、「モノ」の購入についての会計処理は、10万円、20万円、30万円で、何か違う処理が選べるんだったよね?ぐらいで、まずは良いのではないかと思います。

 


 

税金ほか

取得した社宅に係る消費税

  自己で取得した社宅の場合、社宅の使用料を徴収するかしないかで、仕入税額控除の取扱いが異なります。   令和2年の税制改正で消費税の取扱いが変更され、「居住用賃貸建物」については、仕入税額控除の対象とならない取り扱いとなっています。 使用料を徴収する社宅については、「居住用賃貸建物」に該当し、その取得に係る消費税は控除することができないことになります。   社宅の使用料を徴収せず、無償で貸し付けることがその取得の時点で客観的に明らかな社宅については、「居住用賃貸建物」に該当 ...

ReadMore

税金ほか

2025年4月以降の改正雇用保険法について

  2025年4月以降、改正雇用保険法が順次施行されます。   今回の改正では、多様な働き方を効果的に支える雇用のセーフティネットの構築、「人への投資」の強化等のため、雇用保険の対象拡大等いくつかの措置が講じられます。   改正の概要は次のとおり。 雇用保険の適用拡大 教育訓練やリ・スキリング支援の充実 育児休業給付に係る安定的な財政運営の確保 その他雇用保険制度の見直し   施行はまだ先ですが、実務にも影響する内容も含まれていますので、ご確認いただければと思います ...

ReadMore

ライフ

ボードラックを自作

  夫婦共通の趣味にスノーボード、ウェイクボードがあります。 娘が生まれてからは機会が減っておりますが、またいつかはと思っているので、それぞれのボードを所有・保管しております。 自宅に倉庫などの保管スペースがないので、何かいい収納方法(製品)がないか時々検索しておりましたが、なかなかこれというのが見つからず、DIYも検討しましたが腕があるわけでもなく、、     そんなこんなで既製品での代用にたどり着きました。 利用したのはこちら。 山善 突っ張り ポールハンガー シングル ...

ReadMore

税金ほか

相続で取得した暗号資産の評価について

    暗号資産(仮想通貨の法律上の名称)を相続で取得した場合、相続財産として扱われます。   暗号資産については、評価通達に定めがないことから、評価通達5(評価方法の定めのない財産の評価)に準じて評価することになります(通達とは課税庁の内部規程みたいなもの)。   活発な市場が存在する暗号資産については、相続人等の納税者が取引を行っている暗号資産交換業者が公表する課税時期の取引価格により評価されます。   「活発な市場が存在する場合」とは、暗号資産取引所 ...

ReadMore

効率化

Windowsの音声入力について

  Windows11(Windows10も)にも音声入力の機能があります。   操作も簡単です。   テキストを入力できる状態で、「Windowsキー」+「H」を押します(Windowsキーを押しながらHを押す)。   マイクのようなマークが付いたUIが起動するので、入力したい内容を読み上げます。       マイクのようなマークを押すことで一時停止・再開が可能です。         &nbsp ...

ReadMore

ライフ

不具合、トラブルは必ずあると想定しておく③

  仕事、もちろんそれ以外についてもですが、不具合やトラブルが起きることはあります。   不具合とは違いますが、利用しているサービスが変更(改悪)、終了することもありえますね。   便利なサービスが次々と出てきますし、それに伴い終わりを迎えるサービスもあることでしょう。   新サービスの台頭以外にも、サービス終了の理由はいろいろあると思いますが、何れにしても利用していたサービスの終了、変更は想定しておく必要がありますね。   今回、想定していなかったサービ ...

ReadMore

税金ほか

給与が2,000万円を超えていても所得税の定額減税を受けられるケース

  所得税の定額減税は、給与年収が2,000万円を超える場合には対象外となります。     具体的には2024年分の所得税に係る合計所得金額が1,805万円を超える場合について適用がありません。 この1,805万円を超える場合というのは、所得が給与だけの場合は年収が2,000万円を超えるケースが該当します。   ただし、給与年収が2,000万円を超えていても、その人が「所得金額調整控除」の適用を受けられる場合には、所得税の定額減税を受けられる場合もあります。 &nb ...

ReadMore

ライフ

ソロキャンプデビューに向けてとりあえず購入したアイテム

  独立後、キャンプデビューしました。 ファミリーキャンプ・グループキャンプのみですが、これまで何回か実施できています。   以前ブログで少し触れたことがありますが、いつかはソロキャンプ、できればキャンプツーリングをしたいと考えているのですが、したいしたいと言ってるだけでは実現できません。 ソロキャンプとファミリーキャンプでは準備するものが違いますからね。   ということで、ソロキャンプデビューに向けてアイテムを少し購入しましたよ。   基本的にはキャンプデビューの ...

ReadMore

  • この記事を書いた人

平川吉輝

税理士、AFP
1979年8月13日生、44歳。
長崎県長崎市在住。
2021年2月1日から日毎日更新中。

-会計・経理