独立

独立してよかったか?「なくなった時間、増えた時間」から考えてみた

2021年8月1日に独立しました。

 

独立してまだ2ヶ月ちょっとですが、独立したことで時間の使い方が大きく変わりました。

 

勤務時代(今も)、エクセルで自作したものでタスク管理をしており、業務中のもろもろの記録を取っていました。

時折り、それを眺めて独立前後を比較してみたりしています。ときどきですが。

 

本日は、独立したことでなくなった時間、逆に増えた時間について、主だったものをいくつかピックアップし、現時点での所感を述べたいと思います(前述のとおり、2ヶ月ちょっとしか経っていませんが、、)。

 

 

 

独立したことでなくなった時間

通勤時間

まず、通勤時間です。

自宅でしごとをしておりますので、当然ですが通勤時間がなくなりました。

例えば、勤務していた直近をみてみますと、2020年は1年間で233時間の通勤時間がありました。

その1年前の2019年は、221時間でした。

だいたい毎年それぐらいなのかもしれませんね。

ちなみに、私は車通勤でした。

お客様のところへ直行、お客様のところから直帰することもありましたが、それらは含めておりません。

文字通り、「会社」に通勤するときの時間のみ集計しております。

往復で1時間ちょっとかかっておりましたので、12ヶ月×20日で計算しても、確かにそれぐらいにはなりそうです。

集計してみると、それなりの時間ですね。

 

会議の時間

次に会議時間。

一人なので、会議がありません。

会議に変わる時間はなにかしら発生していると思いますが。色々と考えることはありますので。

こちらも同様にみてみると、会議の時間は、2020年が89時間、2019年が74時間ありました。

集計してみると、結構な時間ですね。

組織である以上、必要な会議はありますから。。

 

管理業務の時間

私は、いわゆる中間管理職の役割でしたので、管理業務の時間があったのですが、今はひとりなのでその時間がなくなりました。

申告書や試算表などのチェック・精査業務、相談対応などがメインとなっておりましたが、こちらは2020年が265時間、2019年が247時間となっておりました。

月によってばらつきはありますが、思ったより多かったなという印象です。

日々過ごしているとわかりにくいですが、集計するとそれなりの時間に感じます。。

 

有給休暇

当然ですが、有給休暇がなくなりました。

前勤務先は、有休が取りやすい職場でしたので、しっかり取っていました(私は)。

独立したので、ないのは当たり前ですが、一応、、

 

 

増えた時間

逆に増えた時間について。

自分で行う処理時間

これまで、月次も決算も処理については、同じ課の方にやっていただくことがほとんどでした。

ある程度出来上がったものをチェックする役割だったので、自分で「処理・作業」をする時間は少なく済んでいました(ありがたかったです)。

今は割りと記帳代行も多いのですが、ひとりなので、当然自分ですべてやらなければいけません。

件数が減っているので、時間自体は微増ではあるのですが、間違いなく増えております。

 

雑務にかかる時間

上記同様、これまで総務の方がやってくれていた細々したことも全部ひとりでやらないといけません。

これが結構大変です。

慣れていないことが多いので、、時間もかかったり、、

総務の方、その他サポートしてくださっていた方のありがたみを、日々感じております。

 

睡眠時間

以前、起床・就寝・睡眠時間の記録をしていることを記事にしました。

わずかですが、独立前後で比較すると平均睡眠時間が増えていました。

独立前は、平均で6時間になることはありませんでしたが、今は6時間以上となっています。

欲を言えば、6時間半~7時間ぐらいは寝たいと思っています。。

 

家族との時間

それと、間違いなく家族と過ごせる時間が増えました。

独立前は、平日夕食の時間を一緒に過ごすことはほぼありませんでしたが、今はすっかり逆転しています。

娘たちにとっても、いるのが当たり前になっているようです。

朝も保育園に送っていく時間もあったりと、子供と関わることができる時間も以前より増えました。

 

 

独立してよかったか

いい面、悪い面、たぶんどちらもあると思うのですが、今のところいい面が勝っているように感じます。

まだ、3ヶ月も経っておりませんので、あくまで現状での所感ですが、尋ねられたら、「独立してよかった」と答えます。

 

 


【編集後記】
今日は午前中マネーフォワードさんとの打ち合わせ。
設定のサポートに加え、色々な情報をいただき参考になりました。

午後からは税理士会の研修(租税教育)を受講しました。
学校の先生のお話に感銘を受けました。

どちらも、勉強になりました。

税金

年末調整で処理できない各控除について

お勤めの方であれば、年末調整でいくつかの書類を提出して還付を受けるという方も多いかと思います。 勤務時代は私も楽しみにしていた気がします。 自分が払いすぎた税金が戻ってくるだけなんですけどね。     年末調整時に生命保険控除など各種控除を追加することになりますが、定められているすべての控除を年末調整にて処理できるわけではありません。   目次1 年末調整で処理できない所得控除2 年末調整で処理できない税額控除3 まとめ   年末調整で処理できない所得控除 年末調整 ...

ReadMore

ライフ

Google Chrome ブックマークバーの表示・非表示の切り替え、開き方について

  ブラウザはGoogle Chromeを利用しています。 Google Chromeでブックマークに追加する方法はいくつかあります。   目次1 ブックマークバーへの追加方法2 ブックマークバーの表示・非表示3 ブックマークバーでの開き方   ブックマークバーへの追加方法   ショートカットキーを使うのであれば、 Ctrl + D もしくは、アドレスバー右側の☆をクリックすることでも追加できます。 私は追加する際、基本名前は削除して、ブックマークバーにファビコン( ...

ReadMore

ライフ

Kindleライブラリの整理あれこれ

Kindleを利用していると知らず知らず書籍が溜まっていきます。 ちなみに、私はKindle端末ではなく、iPhoneまたはiPadのアプリで読んでいます。 さっと読みたいときに、すぐたどり着きたいので、時折り整理するようにしています。 私が実施しているのは主に3パターンです。   目次1 絞り込み・並び替え2 端末から削除3 完全削除   絞り込み・並び替え ライブラリの上部の左・右にそれぞれ「絞り込み」、「表示・並び替え」のメニューがあります。 絞り込みで”既読、未読”など、並び替 ...

ReadMore

独立

住信SBIネット銀行 法人口座のメリット・デメリット

  法人を設立した際に、法人名義の銀行口座を用意しようと考え、楽天銀行の法人口座の申込みしましたが審査落ちしました。 その後、住信SBIネット銀行の法人口座の申込みを行い無事開設できたので、以後住信SBIネット銀行の口座を利用しています。 利用している中でいくつか不都合もあったので、別の銀行口座開設も考えたのですが、なんだかんだそのまま住信SBIネット銀行をメイン口座として利用しています。 1年ちょっと利用して感じているメリット・デメリットを書いてみます。     メリット ...

ReadMore

税金

給与所得者の必要経費

  個人事業をされている方であれば、 売上 ー 必要経費 = 利益 の式で、事業での所得(利益)を計算します。   給与所得の場合には、個人事業主のような必要経費はないように感じるかもしれませんが、必要経費と同じようなものはあります。 「給与所得控除」といいます。   式にすると、 給与(年収) ー 給与所得控除 = 給与所得 となります。   給与所得控除 給与所得控除の金額は、給与の金額によって変わります。 以前は、天井知らずに収入の5%ぐらいの金額があったので ...

ReadMore

税金

毎月の給与から差し引かれる所得税の計算方法

  毎月の給与明細をしっかり確認しているという方でも、額面金額と手取り金額に注目し、差し引かれている金額については細かく見ていないという方も意外と多いかもしれません。 私も税理士事務所に勤める前までは、給与明細すらほぼ確認せず、銀行に入金される金額しか見ていませんでした。 本日は毎月の給与から差し引かれる所得税の計算方法について確認してみようと思います。   給与から税金等を差し引き、個人にかわって納付等を行うことを源泉徴収制度といいます。 給与から差し引く所得税のことを、一般的に源泉 ...

ReadMore

独立

いつ独立しようと考えたかの問いをうけて改めて思ったこと

  先日、とある集まりでいつ独立しようと思ったのか?と会話の中で聞かれることがありました。 その時だけに限らず、これまで何度か尋ねられたことがあります。   独立を決めた明確な日付があるにはあるのですが、それについての詳細は今回割愛します。   それ以前、独立についての考えを思い起こすと、税理士試験を受け始めた頃、なんとなくいつかは独立もありかな?と考えていたと思うのですが、具体的に「いつ」と決めてはいなかったと記憶しております。 少し前に、独立するタイミングについて記事にし ...

ReadMore

独立

絞るために、いろいろ試してみる

  人によってそのニーズも様々です。 すべてに対応できればよいのでしょうが、できることできないこと、やったことがあることやったことがないこと、または、やりたいことやりたくないこと、色々あるのですべてに対応することはできません。 特にひとりでしごとをしていると、自ずと制限される部分はでてきます。 作業が伴うものであれば、量はこなせないでしょう。   そのようなことを考えていると、ついついできることを絞りたくなってしまいますが、そうすると可能性を潰してしまうこともあるかもしれません。 考え ...

ReadMore

  • この記事を書いた人

平川吉輝

税理士、AFP
1979年8月13日生、43歳。
長崎県長崎市在住。
2021年2月1日から日毎日更新中。

-独立