ライフ

サブスク(サブスクリプション)との付き合い方

現在、いくつかのサブスクリプション方式のサービスを契約しています。

 

仕事で使う系で言うと、Microsoft365、Dropbox、Evernote。

動画配信系では、YouTube Premium、Amazonプライム(動画配信だけではないですが)、Disny+、Netflixなど。

払い方は、月払いのもの年払いのものそれぞれありますが、意識せずにどんどん契約してしまうとそれなりの金額になったりします。

 

本日は、今や欠かすことのできないサービスとなったサブスクリプションの使い方・付き合い方について記事にしたいと思います。

 


 

契約しているサービスを把握しておく

まず、基本的なことですが、自分が契約しているサービスを把握するようにしています。

ほとんどがクレジット決済を利用することになるので、意識していないと知らないうちに決済されていた、ということになりかねません。

年払い契約のものについては、更新月がいつなのかわかっていないと忘れる可能性が高いので、特に把握しておく必要があると感じます。

 

 

定期的に見直す

そして、定期的な見直しも欠かせません。

サブスクは定額で低額であるものが多いので、契約当初はこの金額でこのサービスならお得と思い使い始めるかと思いますが、いつしか使っていなかった、というサービスもでてきたりします。

便利なサービスで、なおかつ支払いも便利なクレジット決済を利用していると、実際の利用状況がどうか気づきにくい場合もあると思います。

私はEvernoteに一覧で確認きるようメモしております。有効に使っているかどうか、使っていなければ解約も含めて見直すようしています。

ときには、サービス自体の改悪も考えられるので、そういう意味でも定期的な見直しは必須なのかもしれません。

 

自分にとって最適なプランを選ぶ

サブスクはいくつかのプランがあり、少し料金は高くなるがサービス内容がUPするというものもあるかと思います。

ただ、これも注意するようにしています。

僅かな金額であっても、固定的な経費には違いありませんので、そのサービスが自分にとって本当に必要かよくよく検討するようしています。

例えば、Netflixにはベーシック、スタンダード、プレミアムの3つのプランがありますが、その違いは同時視聴できるデバイスの数と再生画質です。

当然、プレミアムがどちらもサービス内容がいいわけですが、私にとってはそこまでの内容は不要であるため、スタンダードで契約しています。月額500円ほどの差ですが、年間の固定費で考えると軽視できません。。

 

他に安い契約方法がないか調べる

何も調べずに契約することはしないようにしています。

必ず、「〇〇 お得に契約」とか「〇〇 安く契約」などで一度検索をかけてみます。

当然、そういった方法がないケースもありますが、後からこういう手順で契約すれば安かった、ということを知ると、結構ショックが大きいです。

確か、YouTube Premiumはどこから契約するかで料金が違ったように記憶しております。

 

とりあえず、検索してみるのがいいと思います。

 

絶対に使い続ける!というもの以外は月払いにしておく

このサービスは、よっぽどのことがない限り解約しない、というもの以外は月払いにするのがオススメです。

大抵の場合、月払いより年払いの方が料金が安いことがほとんどです。

使い続けるのであれば、年払いがお得になるのでいいのですが、途中使わなくなったとなると、ただ前もってたくさん支払っただけになります。

返金になるというより、その期間まで使えるという契約の方が多いと思いますので、使わければ払い損になります。

これ使い続けるかな、どうかな、というものはとりあえず月払いで契約した方が良いように感じます。

 

まとめ

私的、サブスクリプションの使い方・付き合い方について記事にしました。

直近で言うと、Disny+を一旦解約しました。

すごくコスパが良く、いいサービスだと思うのですが、娘たちも最近ほとんど観ていないと妻からの情報が入ったので、ひっそりと解約しました。娘たちに「やめてもいい?」と聞くと、「絶対ダメ!」と、そのときだけ観てるアピールをするので、言わないようにしています。

また、観るタイミングが来たときに再度契約すればいいかと考えております。

 

あと、楽天マガジンを年払いで契約していたのですが、最近、全然観れてないことに気づき、一旦解約手続きしました。
自省の意味で上記 記事にしました。

少し無駄になっても、数ヶ月程度、月払いで試運転することをオススメします。

 

.

ライフ

毎日やろうと決めたときに考えること

習慣にしたいことだったり、何か毎日実施しようと決めたときに、考えていることについて記事にしたいと思います。   目次1 適当な目標設定か2 例外規定もあり、時には軌道修正も3 健康管理が大事   適当な目標設定か   毎日実施していることがいくつかあります。 ウォーキング(orランニング)、タイピング練習、ブログなど。 その他、体重等の記録など細かいこともいくつかありますが、毎日実施するために、まず、目標設定が「適当」であるか考えるようにしています。 適度な緊張感があるほうが ...

ReadMore

税金

償却資産申告、取得日1月1日と1月2日では課税のタイミングが違う

あまりないと思いますが、、 1月1日に取得(事業で使えるようになった)だと、今年度の申告に含める必要があります。   目次1 賦課期日とは?2 基本は前年中の増減3 1月1日取得は増加資産に含める   賦課期日とは?   償却資産の申告の対象になるかどうかは、賦課期日(ふかきじつ)の現況によって判定されます。 賦課期日とは、税金計算の基準日みたいなものです。 固定資産税の場合は、申告年度の1月1日が賦課期日となります。   基本は前年中の増減   以前の記 ...

ReadMore

税金

前年中に取得した償却資産税の計算方法

事業で使っている資産がある場合には、固定資産税がかかる場合があります。 一般的に「償却資産税」と言われれますが、固定資産税のうち家屋・土地以外の事業用の資産にかかる税金です。 本日は、申告初年度において、申告した資産がどのような方法で税金の計算が行われるのか記事にしたいと思います。   目次1 取得月の違いは関係ない2 前年中に取得した資産の評価額計算3 150万円未満は課税されない   取得月の違いは関係ない   償却資産の申告は、前年中(今であれば2021年中)の資産の増 ...

ReadMore

ライフ

個人的に感じるウォーキング・ランニングの意外な効果

とりあえず、毎日のウォーキング(orランニング)をはじめて50日が経過しました。 雨の日も実施中。   目次1 自分の歩く(走る)スピードがなんとなくわかる2 近所のスポットまでの距離感がわかってくる3 ありがたみを感じることができる   自分の歩く(走る)スピードがなんとなくわかる   Apple Watchなどのスマートウォッチをつけている前提となりますが、毎回の記録を取っていると(着けているだけですが)、そのデータを確認することで、なんとなく自分の歩くスピード、走るスピ ...

ReadMore

ライフ

自宅での仕事、子どもたちの声が騒がしいなと感じたときの対応について

自宅で仕事をしているので、仕事中子どもたちが家で友達と遊んでいるときの声も聞こえてくるときもあります。 今日も遊びに来てくれた友達と楽しそうに遊んでいました。 もっと小さくても聞こえるよ、というぐらいボリュームが大きいこともあります。 そんなときの対応と、考えたことについて書いてみます。   目次1 「声小さめにお願いね」と言う2 ノイズキャンセリングイヤホンを使う3 諦める   「声小さめにお願いね」と言う   とりあえず、ダメ元でお願いしてみます。 効果は5分と持たないで ...

ReadMore

効率化

機密データもDropboxで一元管理

パソコンの端末ではなく、クラウド上にデータを保管しています。 私が利用しているのは、Dropboxというストレージサービスです。 お客様とのデータ共有にも利用しています。 最近では、機密性の高い内容のものについてもDropboxのツールを利用し、管理・保管するようにしています。   目次1 ログイン情報等も管理2 機密性の高いデータも保管3 Dropbox Vaultの使い方   ログイン情報等も管理   以前はパスワード管理アプリを利用していましたが、最近はDropbox ...

ReadMore

長崎

出島メッセ長崎|会議室の利用について③(予約確定から利用当日まで)

本日利用してみました。   目次1 予約確定から当日までのやり取り2 利用当日について3 初回利用の感想など   予約確定から当日までのやり取り   2021年12月19日に利用許可申請を受付けたとのご連絡があり、その後12月23日に支払い方法についてのメールが届きました。 支払い方法は振込のみのようで、クレジットカード決済等には対応してないようですね。 その2日後、催事前の最終確認のメールがあり、いくつか確認があります。 備品の追加がないか プロジェクターや看板等の持ち込み ...

ReadMore

ライフ

iPhoneでアプリ内課金を制限する方法

  目次1 子ども用スマホ2 ゲームも一定のルールで3 アプリ内課金を制限する方法   子ども用スマホ   娘用に妻が以前使っていたiPhoneを利用しています。 Appleのファミリー共有で「お子様用アカウント」を作る方法もあるようですが、その辺りをよくわかっていなかったので、私のアカウントのまま使っています。 聞くところによると、13歳未満のファミリーアカウントを作成するのは多少めんどくさいとか。 知らなかったので、そのまま自分のアカウントを使った次第です。   ...

ReadMore

  • この記事を書いた人

平川吉輝

税理士、AFP
1979年8月13日生。
長崎県在住。
2021年2月1日から日毎日更新中。

-ライフ