会計・経理

iDeCoの年末調整手続きについて

会社員でiDeCoに加入している方は年末調整の手続きが必要です。

毎年されている方であれば手続きが漏れることは少ないと思いますが、加入したばかりだとうっかり失念することもあるかもしれません。

最近iDeCoを始めた、という方は控除もれがないか確認していただければと思います。

 

iDeCoの年末調整手続き

会社員の方がiDeCoに加入している場合、払込の方法によって手続きが2通り考えられます。

事業主払込

払込方法が「事業主払込」の場合の年末調整は、事業主が毎月の給与から天引き(源泉徴収)して把握している納付金額を他の社会保険料控除の金額と合算して手続きします。

毎月の所得税の源泉徴収税額も、iDeCoの掛け金とその他の社会保険料を合算した金額を元に算出しているはずです。

 

個人払込

「個人払込」を選択している場合は、本人あてに国民年金基金連合会からはがきが送られてくるので、それを年末調整の資料として、事業主へ提出する必要があります。

ちなみに、「事業主払込」を選択している場合は、このはがきは発行されません。

はがきを開いたら、「令和○年分 小規模企業共済等掛金払込証明書」と上の方に書かれていると思います。これだけだとよくわからないという方もいらっしゃるかもしれませんが、サブタイトル的な感じで、すぐ下に、「確定拠出年金(個人型年金)」とも書かれているので何となくわかると思います(個人的には、iDeCoって書けばいいのに、と思いますが。。)。

 

控除もれのパターン

考えられる「控除もれ」のパターンとしては、手続きが2つあるのでそれぞれであるかもしれません。

1つ目は事業主側のもれです。

小規模企業共済等なんちゃらと書いておりますが、最終的には社会保険料の控除に合算されます。

ただ、そのことをわかっていないとうっかり合算し忘れる、ということがあるかもしれません。

実際、お客様のところで控除もれのケースを見たことがあります(ややイレギュラーな事情がありましたが、、)。

事業所にはiDeCoの登録事業者としての通知が届くので、加入手続きの際に年末調整のことを意識していれば漏れることはないのでしょうが、タイミングや担当者が違えば、失念することも考えられます。

ご自身で確認できるのであれば、源泉徴収票にて確認していただければと思います。

社会保険料等の金額を把握できないということであれば、年末調整を担当されている方に一言確認を入れてみてもいいかもしれませんね。

 

2つ目は、加入者側の「掛金払込証明書」の提出もれです。

加入者に対して、毎年10月頃に前述のはがきが届くようになっておりますが、初回の掛金納付が9月以降となった加入者の場合は、納付された月の翌月の送付となるようです。

最初だとはがきが送ってくる認識もないかもしれませんし、時期がずれると忘れたり、間に合わなかったりするかもしれませんね。

とにかく、捨てずにしっかり保管しましょう。

 

控除もれがあった場合は確定申告

仮に何らかの事情でもれていた、書類が間に合わなかったという場合でも、確定申告することでリカバリー可能です。

確定申告をされていない方であれば、5年間はさかのぼって申告することが可能です。

確定申告をしている方の場合は、「更正の請求」という別の手続きをすることで控除可能です(更正の請求ができるのは法定申告期限から5年以内です)。

控除もれがあると、iDeCoによる節税メリットを受けられていないことになりますので、特に加入したばかりという方は、再度ご確認いただければと思います。

 


【編集後記】
久しぶりの1日がかりの研修と、往復の移動でやや疲れました、、
特に移動が。移動方法について、いろいろ検討が必要だと感じました。

ライフ

Googleフォトの便利機能

Googleフォトを利用しています。 Googleのサービスなので、スマホやパソコンどのデバイスでも使えるので便利です。 以前のように無料で無制限の保存はできませんが、今のところ使い続けるつもりです。 便利な機能がいろいろありますが、いくつかピックアップしてみます。     自動バックアップ Googleフォトはアプリを利用することで(設定要)、スマホで撮った写真や動画を自動でバックアップすることができます。 ストレージにバックアップされているので、不要なデータは削除することも可能です ...

ReadMore

税金ほか

青色事業専従者給与について

「専従者」とは個人事業主と生計を一にしている配偶者や15歳以上の親族などで、その年を通じて6か月を超える期間従事している「家族従業員」のことです。   「青色事業専従者給与」とは、青色申告をしている個人事業主が「専従者」に支払った給与を必要経費にできる制度です(届出の提出要)。 原則として家族に支払うものは必要経費にならないので特例制度です。 青色申告の特典の1つですね。   その金額は届出した金額の範囲内、加えて労務の対価として妥当な金額である必要があります。   あくまで ...

ReadMore

医療機関等

有料老人ホーム等の食事、1食あたりの基準変更

  特定の施設で提供される食事において、一定のものについては消費税の軽減税率が適用されています。   この軽減税率が適用される食事代の基準が2024年6月1日から変わります。   今回の基準変更は、「入院時食事療養費に係る食事療養及び入院時生活療養費に係る生活療養の費用の額の算定に関する基準」の改正に伴うものです。   6月1日より、1食につき640円から670円に変更となり、30円の引き上げとなります。   6月1日以降は、1食につき670円、1日の累計 ...

ReadMore

ライフ

娘の運動会2024

  長崎市内の小学校は今日と来週で運動会が行われるところが多いようです。   娘の小学校は今日が運動会でした。   ちょっと前の予報では雨マークもありましたが、打って変わって雲一つない青空、天気に恵まれ運動会日和でしたね。   昨年に引き続き祖父母も来ることができました。 祖父母はコロナで3年間来ることができず、娘たちの小学校の運動会をみるのは去年がはじめてだったわけですが、今年は家族にとっては別の対応が必要な状況で、これまでと違う準備・段取りを要するものでした。 ...

ReadMore

税金ほか

「auPAY」での地方税納付方法

  先日、auPAYで固定資産税を払ってみました。   2023年からeL‐QR(エルキューアール)を活用した地方税の統一納付が開始されており、キャッシュレス納付が利用しやすくなっています。   今回はauPAYでの納付の手順について確認してみます。   地方税お支払サイトに「eL‐QR」を読み取りができますが、そこからではなくauPAYアプリの「請求書支払い」を選択します。     「QRコード(バーコード)を読み取る」をタップ。   ...

ReadMore

税金ほか

地方税の納付 マリオットアメックスプレミアムの年間利用額特典目的ならauPAYがオススメ

  固定資産税、自動車税などの地方税は、それぞれマイホームや自動車を所有していれば納めないといけない税金なので、個人事業主でなくてもお勤めの方も馴染があると思います。   国税と地方税では、納付方法に少し違いがあるにせよ、どちらもキャッシュレス納付が利用できるようになっています。   地方税のキャッシュレス納付もいくつか選択肢がありますが、マリオットアメックスプレミアムを利用していて年間利用額特典を狙う人であれば、「auPAY」がオススメです。   クレジットカード ...

ReadMore

ライフ

家族で楽しむゲームを買ってみた②

  何かのテレビでSwitchのゲームが紹介されていて、これは娘たちと楽しめそうだなと思い買ってみました。 以前一度記事にしましたが、そのときもう1つ買っていました。   数年前に販売開始されたゲームのようですが、私はその番組ではじめて知りました。   「スイカゲーム」   同じ種類のフルーツを合わせて「シンカ」させ、スイカを作りながら高得点をめざすゲームとなっています。   BGMが眠くなるという声もあるようですが、とても平和なゲームです。   ...

ReadMore

税金ほか

税金の納付書は作成していない

  以前記事にもしましたが、2024年5月以降、プレプリント納付書の送付について見直しされ、法人については、基本的に書面での申告をされている方以外についてはプレプリントされた納付書が送付されないことになります。   個人についても、同じような感じで、納付書を使用しない納付方法を選択している場合には、送付されないことになるようですね(税目により異なります)。   事務手続き、コスト削減等を考えれば当然の流れなのだろうなと感じます。   個人的には納付書での納付について ...

ReadMore

  • この記事を書いた人

平川吉輝

税理士、AFP
1979年8月13日生、44歳。
長崎県長崎市在住。
2021年2月1日から日毎日更新中。

-会計・経理