投資・節約・お金

住信SBIネット銀行「スマートプログラム」のランク3を維持する方法

前回に引き続き、住信SBIネット銀行のスマートプログラムについての記事です。

本日は、スマートプログラムのランク3をキープする方法について紹介したいと思います。

住信SBIネット銀行|スマートプログラム

住信SBIネット銀行のスマートプログラムが2021年6月1日以降適用分(2021年4月判定)から変更になっています。   スマートプログラムとは、商品やサービスの利用状況によって優遇が受けら ...

続きを見る

前回もご案内しましたが、2021年6月1日適用分よりスマートプログラムが変更になっております。

ランク3の無料回数の優遇は、他行宛振込手数料、ATM利用手数料ともに10回までが無料というもの。

 

ランク2は比較的簡単にクリアできることは前回の記事で書きましたが(スマート認証NEOの登録)、その一つ上のランク3の条件は少しハードルがあがります。

 

ランク3の判定条件

具体的には次のとおり。

https://www.netbk.co.jp/contents/lineup/smartprogram/rank/

 

Ⅲ、Ⅳ、Ⅴに該当すればそれだけで達成できるのですが、そうでない場合はⅥのなかから3つの条件に該当する必要があります。

 

判定条件「Ⅵ」の中で難易度低めのもの

ランク3はハードルがあがるとお伝えしましたが、実は少しの工夫でクリア可能です。

 

前提条件はありますが、比較的容易な条件はこちら。

この3つでランク3

  1. 外貨預金(普通・定期)の月末残高あり
  2. SBIハイブリッド預金の月末残高あり
  3. 給与、賞与または年金の月内ご入金あり

1.の外貨預金はどの通貨でも構いません。米ドル、ユーロ、豪ドル、NZドル、南アフリカランドの中で通貨の最低金額を保有すればOKです。

金額を抑えたいのであれば、南アフリカランドですね。

2021年6月2日現在のレートだと、7円か8円ぐらいになります。

 

2.のSBIハイブリッド預金は、SBI証券と連携している口座になりますので、SBI証券の口座をお持ちであれば既に条件を満たしているかもしれません。

口座に1円でも残高があれば条件クリアです。

SBI証券の口座がないと作れませんので、お持ちでない場合は口座開設でひと手間必要になりますね。

 

給与指定口座にするのが難しい方、フリーランスの方向けの条件

上記の3については、そのままの内容なのですが、勤務先によっては給与指定口座が決まっていたりして任意の口座を指定できない場合もあるかと思います。また、フリーランスの方はそもそも給与の入金という形ではないので、別の条件でクリアする必要があります。

そのような方はこちら。

この3つでランク3

  1. 外貨預金(普通・定期)の月末残高あり
  2. SBIハイブリッド預金の月末残高あり
  3. 公営競技ご入金の月内合計が2万円以上

 

公営競技?と思われるかもしれませんが、購入する必要はありません。

購入ではなく、入金です

手数料もかかりません。少し手間ではありますが、費用が発生するわけではないので検討しやすいのではないのでしょうか。

 

住信SBIネット銀行が提携している公営競技はいくつかございますが、今回のケースで利用しやすいものだと、ボートレースがおすすめです。

1日の競技が終わると、入金したお金が自動的に返金になります。

 

手続きとしては、住信SBIネット銀行の商品・サービスのページから公営競技をクリック。

 

ボートレースをクリック。

 

「テレボート会員登録」をクリック。

 

ご自身の情報と口座振替規定を確認後、「同意します」にチェック、WEB取引パスワードを入力して「確定する」をクリックして完了です。

 

 

あとは、テレボートのサイトから月内2万円以上になるように入金だけすればOKです(購入はしなくて大丈夫です)。

 

 

まとめ

前提条件があったり、ひと手間必要だったり、簡単というわけではないですが、月10回振込手数料・ATM利用手数料が無料になると、使い勝手は良くなると感じます。

銀行への支払う手数料を少しでも抑えたい!という方の参考になればうれしいです。

 

.

【編集後記】
昨日からですが、少しずつ有休消化していく予定です。
初日にとあることで思うことがありましたが、飲み込むことにしました。
近しい人に迷惑をかけてしまいましたので、今後そのようなことがないよう気をつけます!
いろいろと準備を進めたいと思っておりますが、ついつい、遅ればせながら愛の不時着を見始めてしまいました。。。
時間がなくならないよう、ほどほどに見進めようと思います。

税金ほか

相続税申告のあれこれ

  相続税とは、亡くなられた親などから、お金や土地などの財産を受け継いだ(相続した)財産にかかる税金です。   すべての相続について申告が必要というわけではありませんが、一定の金額を上回ると相続税の申告(納付)が必要となります。 本日は相続税申告の概要について簡単に確認してみます。   相続税の申告納付期限 相続税の申告は、相続の開始があったことを知った日の翌日から10ヶ月以内に行うことになっています(期限の日が土日祝のときは、その翌日が期限とみなされます)。   ...

ReadMore

税金ほか

措置法26条 専従者給与の検討

  以前、措置法26条について記事にしました。   その記事でも少し触れましたが、適用事業者において、措置法が有利となった場合、専従者給与の支給について検討が必要となります。   有利不利の判定 ①(専従者給与×自費診療割合)×事業主本人の税率=事業主本人の節税額 ②(専従者給与ー専従者の所得控除)×専従者の税率=専従者負担税 ①>②なら、支給したほうが有利、①<②なら支給しないほうが有利となります。     支給するメリット 専従者給与の支給 ...

ReadMore

会計・経理

給与計算時の端数処理あれこれ

    給与計算をする際、労働時間や円未満の賃金額の端数が出たりしますが、それぞれ取扱いがどのようになるか確認してみたいと思います。   労働時間 給与計算では、まず労働時間を集計することになるのですが、労働時間は1分単位で集計することが大原則となっています。 1ヶ月における時間外労働、深夜労働、休日労働の各々の合計については、端数処理をすることが認められており、1時間未満の端数がある場合には、30分未満切り捨て、それ以上を1時間に切り上げても差し支えないとされています。 & ...

ReadMore

税金ほか

小規模企業共済は配偶者も加入できるか

  個人事業主の配偶者も小規模企業共済に加入できるか、お尋ねいただくこともあります。   小規模企業共済は一定の判断基準(業種や常時使用する従業員の数など)を満たしていないと加入できません。   個人事業主の配偶者も原則は加入することができないのですが、共同経営者の要件をすべて満たせば、「個人事業主の共同経営者」という立場で、小規模企業共済に加入することができます。   個人事業主の共同経営者の要件は次のとおり。 申込者が経営に携わっている事業を営む個人が、小規模事 ...

ReadMore

医療機関等 税金ほか

措置法26条 検討する際の注意点

    措置法26条とは 租税特別措置法(措置法)26条は、「医師優遇税制」とも呼ばれ、適用条件を満たしていれば、社会保険診療に係る実際の経費の額にかかわらず、一定の計算式により経費の金額を算出することが可能となります。事前の届出等は必要がなく、確定申告時に選択することができます。 医師又は歯科医業を営む個人である 年間の事業所得の総収入の合計額が7,000万円以下、かつ、社会保険診療報酬が5,000万円以下である 上記1、2に該当する事業者が適用事業者となります。   検討 ...

ReadMore

ライフ 効率化

SESAME タッチProの設定方法など

  スマートロックのセサミ3を利用しています。     今回SESAME タッチプロを導入することにしました。 アプリでの操作で事足りるかなと思っていましたが、弟が使っているのをみて便利そうだなと感じたもので。     設定も簡単です。 まず、カバーを開けて電池のところにあるフィルムを外します。     タッチプロを近くに置いた状態でセサミアプリの右上の「+」をタップし、「新規デバイス」を選択します。     これで ...

ReadMore

ライフ

Amazonプライム会員なら「business plime」も1ユーザーは無料

  事業者向けのAmazonビジネス。 個人向けのAmazonプライムのようにAmazonビジネスにも「Businessプライム」という限定特典のついたプランがあります。 以前は有料プランしかありませんでしたが、Amazonプライム会員であれば追加料金なしで利用できる「BusinessプライムDuo」が2023年より提供されています。   利用できるの1ユーザーのみで、上位プランの一部機能は利用できませんが、通常会員では送料がかかる「お急ぎ便・当日お急ぎ便」が無料となるので、それだけで ...

ReadMore

会計・経理 税金ほか

新設法人における事前確定届出給与に関する届出書の提出期限について

  事前確定届出給与とは、役員賞与など、法人の役員に所定の時期に確定額を支給する旨の定め(事前確定届出給与に関する定め)に基づいて支給する給与のことをいいます。   事前確定届出給与は、法定の提出期限までに所轄税務署長にその定めの内容に関する届出書を提出しなければならないことになっており、届出書の提出がなされず支給された事前確定届出給与は経費にならないこととされています。 この届出書の提出期限は、原則、次のうち1か2いずれか早い日と定められています。 株主総会等の決議によりその事前確定 ...

ReadMore

  • この記事を書いた人

平川吉輝

税理士、AFP
1979年8月13日生、44歳。
長崎県長崎市在住。
2021年2月1日から日毎日更新中。

-投資・節約・お金