会計・経理 税理士

はじめてクラウド会計を導入した税理士の所感

 

クラウド会計を開業当初から導入しています。

使い始めてから1年ほど経過しておりますが、今思うことを書いてみます。
主にこうすればよかった、そうしなくてもよかったかな?という所感です。

ですので、これから導入を検討されている方向けの記事になるかと思います。

 

 

 

導入した理由

正直、明確な理由があって導入を決めたわけではありません。

勤務しているときにマネーフォワードは少し触ったこともあったのですが、freeeはまったく使ったことがありませんでした。

別の会計ソフト(弥生会計)を使っており、すべてのお客様がそれで対応できる状態だったので、急いで導入する必要はなかったのですが、なんとなく、これから開業する税理士はクラウド会計にも対応できたほうがいいのだろうと考え、使ってみたいと思ったのがきっかけです。

実際、最近開業されている税理士の方のホームページをみたりすると、ほとんどの方が対応しているような印象を受けましたので、使えるようにならなきゃと半ば無理やり導入した感じですね。

今考えれば、他の方がどうだからとかではなく、自分のしっかりとした考えのもと、自分のタイミングで導入すればよかったのでしょうが、開業時の変な焦りみたいなものもあったと思います。

 

クラウド会計によるひと手間

使いこなせるようになれば、簡単・便利なクラウド会計ですが、万能ではないです。

データ連携することによって、経理業務を短縮する効果は間違いなくあると思いますが、全自動というわけではありません。当然ですが。

自動化させるためのひと手間はどうしてもかかります。

特にこれまで使ったことがないfreeeについては、独自の概念、言葉の定義の理解も必要になるので、慣れるのに多少時間を要しました(私の場合は)。

加えて、私はマネーフォワード・freeeそれぞれで、公認メンバー・認定アドバイザーでスタートしたため、それに係る時間も必要となり、開業当初の慌ただしさに輪をかける形となりました。

 

まとめ

今思うことは、無理やり導入することもなかったでしょうし、あれもこれもと手を出す必要はなかったかなと思います。。

また、公認メンバー・認定アドバイザーでスタートする必要もなかったかもしれません。
当然それによるメリットも多くありました。
サポートも手厚く受けられますし、それら制度により習熟度、理解が深まったのは間違いありません。

ただ、それは「必要性がでてから」、でよかったと思います。

お客様との関わりで、導入する必要があるとか、明確な理由が出てからの対応でもいいのでしょう。
否が応でもせざるを得なくなるので。

もしくは、自身の経理からスタートし、使いながら慣れるのでいいと思います。

 

一気にすすめようとしたため、結局使い慣れていたマネーフォワードばかり利用し、freeeの機能を”ちゃんと”使い始められるようになったのは、今年になってからでした、、、

まあ、無理やりやってみることの効果もあったのはあったのですが、、
同時に比較しながら使うこともできましたので、それぞれで、できること・できないことを理解することができました。

何れにしても、これから導入を検討される方は、焦らず、ゆっくり、1つずつ、進めていただければと思います。

 


【編集後記】
昨日の車のパンクについての連絡対応など。
とりあえず事なきを得たので一安心です。

税金ほか

取得した社宅に係る消費税

  自己で取得した社宅の場合、社宅の使用料を徴収するかしないかで、仕入税額控除の取扱いが異なります。   令和2年の税制改正で消費税の取扱いが変更され、「居住用賃貸建物」については、仕入税額控除の対象とならない取り扱いとなっています。 使用料を徴収する社宅については、「居住用賃貸建物」に該当し、その取得に係る消費税は控除することができないことになります。   社宅の使用料を徴収せず、無償で貸し付けることがその取得の時点で客観的に明らかな社宅については、「居住用賃貸建物」に該当 ...

ReadMore

税金ほか

2025年4月以降の改正雇用保険法について

  2025年4月以降、改正雇用保険法が順次施行されます。   今回の改正では、多様な働き方を効果的に支える雇用のセーフティネットの構築、「人への投資」の強化等のため、雇用保険の対象拡大等いくつかの措置が講じられます。   改正の概要は次のとおり。 雇用保険の適用拡大 教育訓練やリ・スキリング支援の充実 育児休業給付に係る安定的な財政運営の確保 その他雇用保険制度の見直し   施行はまだ先ですが、実務にも影響する内容も含まれていますので、ご確認いただければと思います ...

ReadMore

ライフ

ボードラックを自作

  夫婦共通の趣味にスノーボード、ウェイクボードがあります。 娘が生まれてからは機会が減っておりますが、またいつかはと思っているので、それぞれのボードを所有・保管しております。 自宅に倉庫などの保管スペースがないので、何かいい収納方法(製品)がないか時々検索しておりましたが、なかなかこれというのが見つからず、DIYも検討しましたが腕があるわけでもなく、、     そんなこんなで既製品での代用にたどり着きました。 利用したのはこちら。 山善 突っ張り ポールハンガー シングル ...

ReadMore

税金ほか

相続で取得した暗号資産の評価について

    暗号資産(仮想通貨の法律上の名称)を相続で取得した場合、相続財産として扱われます。   暗号資産については、評価通達に定めがないことから、評価通達5(評価方法の定めのない財産の評価)に準じて評価することになります(通達とは課税庁の内部規程みたいなもの)。   活発な市場が存在する暗号資産については、相続人等の納税者が取引を行っている暗号資産交換業者が公表する課税時期の取引価格により評価されます。   「活発な市場が存在する場合」とは、暗号資産取引所 ...

ReadMore

効率化

Windowsの音声入力について

  Windows11(Windows10も)にも音声入力の機能があります。   操作も簡単です。   テキストを入力できる状態で、「Windowsキー」+「H」を押します(Windowsキーを押しながらHを押す)。   マイクのようなマークが付いたUIが起動するので、入力したい内容を読み上げます。       マイクのようなマークを押すことで一時停止・再開が可能です。         &nbsp ...

ReadMore

ライフ

不具合、トラブルは必ずあると想定しておく③

  仕事、もちろんそれ以外についてもですが、不具合やトラブルが起きることはあります。   不具合とは違いますが、利用しているサービスが変更(改悪)、終了することもありえますね。   便利なサービスが次々と出てきますし、それに伴い終わりを迎えるサービスもあることでしょう。   新サービスの台頭以外にも、サービス終了の理由はいろいろあると思いますが、何れにしても利用していたサービスの終了、変更は想定しておく必要がありますね。   今回、想定していなかったサービ ...

ReadMore

税金ほか

給与が2,000万円を超えていても所得税の定額減税を受けられるケース

  所得税の定額減税は、給与年収が2,000万円を超える場合には対象外となります。     具体的には2024年分の所得税に係る合計所得金額が1,805万円を超える場合について適用がありません。 この1,805万円を超える場合というのは、所得が給与だけの場合は年収が2,000万円を超えるケースが該当します。   ただし、給与年収が2,000万円を超えていても、その人が「所得金額調整控除」の適用を受けられる場合には、所得税の定額減税を受けられる場合もあります。 &nb ...

ReadMore

ライフ

ソロキャンプデビューに向けてとりあえず購入したアイテム

  独立後、キャンプデビューしました。 ファミリーキャンプ・グループキャンプのみですが、これまで何回か実施できています。   以前ブログで少し触れたことがありますが、いつかはソロキャンプ、できればキャンプツーリングをしたいと考えているのですが、したいしたいと言ってるだけでは実現できません。 ソロキャンプとファミリーキャンプでは準備するものが違いますからね。   ということで、ソロキャンプデビューに向けてアイテムを少し購入しましたよ。   基本的にはキャンプデビューの ...

ReadMore

  • この記事を書いた人

平川吉輝

税理士、AFP
1979年8月13日生、44歳。
長崎県長崎市在住。
2021年2月1日から日毎日更新中。

-会計・経理, 税理士