投資・節約・お金

私が使っている年会費(実質)無料のクレジットカード④

私が使っているクレジットカードを紹介するシリーズ4回目。

これまでと違い、単純な年会費無料ではなく、条件に合致する方について「実質」無料となるクレジットカードです。

 

今回、ご紹介するのは Amazon Mastercard ゴールド です。

 

AmazonのHPより

Amazon Mastercard ゴールド (以下、ゴールドカード)は年会費11,000円のクレジットカードです。

Amazon Mastercard クラシックの間違いじゃないの?と思われる方もいるかもしれません。

たしかに、Amazon Mastercard クラシック(以下、クラシック)は、初年度年会費無料で、2年目以降も年1回の利用で無料になるので、Amazonで買い物をする人であれば、「実質」年会費無料のカードといえます。

クラシックも実質無料でオススメですし、ゴールドをいきなり申し込むのではなく、クラシックからの切り替えがいいと思っていますが(クラシックは、入会特典のポイントが付く場合がほとんどですので)、今回紹介するのは、一定の条件の方については、ゴールドカードの方がオススメとなる場合がある、という内容となっております。

 

対象となる方

対象となるのは以下の方

プライム会員の方(特に会費を年払いで支払っている)

Amazonで頻繁に買い物をする方

このゴールドカードには、Amazonプライム会員の特典が無料で付きます。

プライム会員の年会費は、以前は3,900円だったのですが、2019年の4月に4,900円に値上げになりました。

なので、今すでに会費を負担している人にとっては、その分だけ実質値引きとも言えると思います。

ただ、これでは年会費11,000円の負担の方がまだ大きいです。

 

実質無料にする裏技

上記の対象の方で、次の条件が問題なければ、実質年会費無料とすることができます(プライム会員の会費4,900円より負担が少ないという意味です)。

支払い方法「マイ・ペイすリボ」を選択

カード申込時に、「マイ・ペイすリボ」というリボ払いを選択することで、年会費11,000円が半額の5,500円となります。

リボ払いは絶対にオススメしませんが、申込後にリボ払いになる金額(初期設定30,000円)をカードの利用上限額まで引き上げることで、1回払いと同様の支払い方法になります。当然、金利負担もありません。

そもそもリボ払いに抵抗があるのであれば、この方法はオススメしませんので、クラシックのほうがいいと思います。

また、何か信用情報を用いる審査(クレジットカード、各種ローンなど)を検討している方で、少しでも気になるという方は、時期をずらして検討されたほうが良いと思います。

本家、三井住友カードにおいて、このマイ・ペイすリボの改悪(金利負担がないと半額にならない)があっていますが、今のところこのカードは改悪の対象外となっております。

今後、条件改悪があった場合は、使い方を工夫するか、カードの解約が必要となるかもしれません。

 

WEB明細書サービスを利用

WEB明細書サービスとは、紙のカード利用明細書に代えて、パソコン・スマホで明細書を確認するサービスです。

ゴールドカードの場合、最大1,100円の割引となります。

1,100円になる条件は、

年6回以上の請求がある方

なので、前述の通り、Amazonで頻繁に(年6回請求がある)買い物をする方が対象となります。

確かこの割引は、2年目以降なので、初年度はその分負担がかかりますが、プライム会員の年会費については、ゴールドカードを作った場合、未経過分が返金となります。なので、プライム会員の会費を払っている方であれば、ほとんどが初年度から実質無料になると思います。

 

まとめ

プライム会員の年会費が3,900円から値上がりして4,900円になったことで、検討できるようになった裏技です。

11,000円の会費が、2年目以降4,400円となり、プライム会員の会費負担より500円安くすみます。

そして、Amazonでの買い物については、2.5%のポイントが付きます。

プライム会員で会費を負担しており、Amazonで買い物をそれなりにされる方であれば、検討してもいいカードではないでしょうか。

条件に該当する方はご検討いただければと思います。

  • Amazon Mastercard ゴールド
  • Amazon Mastercard クラシック

 

.

【編集後記】
しばらく在庫なしでしたが、昨日サイトをチェックしてみると、在庫ありになっていたので、Switch注文しちゃいました。
6月下旬に届くようです。楽しみです。
娘も、妻も、私も。

税金ほか

相続税申告のあれこれ

  相続税とは、亡くなられた親などから、お金や土地などの財産を受け継いだ(相続した)財産にかかる税金です。   すべての相続について申告が必要というわけではありませんが、一定の金額を上回ると相続税の申告(納付)が必要となります。 本日は相続税申告の概要について簡単に確認してみます。   相続税の申告納付期限 相続税の申告は、相続の開始があったことを知った日の翌日から10ヶ月以内に行うことになっています(期限の日が土日祝のときは、その翌日が期限とみなされます)。   ...

ReadMore

税金ほか

措置法26条 専従者給与の検討

  以前、措置法26条について記事にしました。   その記事でも少し触れましたが、適用事業者において、措置法が有利となった場合、専従者給与の支給について検討が必要となります。   有利不利の判定 ①(専従者給与×自費診療割合)×事業主本人の税率=事業主本人の節税額 ②(専従者給与ー専従者の所得控除)×専従者の税率=専従者負担税 ①>②なら、支給したほうが有利、①<②なら支給しないほうが有利となります。     支給するメリット 専従者給与の支給 ...

ReadMore

会計・経理

給与計算時の端数処理あれこれ

    給与計算をする際、労働時間や円未満の賃金額の端数が出たりしますが、それぞれ取扱いがどのようになるか確認してみたいと思います。   労働時間 給与計算では、まず労働時間を集計することになるのですが、労働時間は1分単位で集計することが大原則となっています。 1ヶ月における時間外労働、深夜労働、休日労働の各々の合計については、端数処理をすることが認められており、1時間未満の端数がある場合には、30分未満切り捨て、それ以上を1時間に切り上げても差し支えないとされています。 & ...

ReadMore

税金ほか

小規模企業共済は配偶者も加入できるか

  個人事業主の配偶者も小規模企業共済に加入できるか、お尋ねいただくこともあります。   小規模企業共済は一定の判断基準(業種や常時使用する従業員の数など)を満たしていないと加入できません。   個人事業主の配偶者も原則は加入することができないのですが、共同経営者の要件をすべて満たせば、「個人事業主の共同経営者」という立場で、小規模企業共済に加入することができます。   個人事業主の共同経営者の要件は次のとおり。 申込者が経営に携わっている事業を営む個人が、小規模事 ...

ReadMore

医療機関等 税金ほか

措置法26条 検討する際の注意点

    措置法26条とは 租税特別措置法(措置法)26条は、「医師優遇税制」とも呼ばれ、適用条件を満たしていれば、社会保険診療に係る実際の経費の額にかかわらず、一定の計算式により経費の金額を算出することが可能となります。事前の届出等は必要がなく、確定申告時に選択することができます。 医師又は歯科医業を営む個人である 年間の事業所得の総収入の合計額が7,000万円以下、かつ、社会保険診療報酬が5,000万円以下である 上記1、2に該当する事業者が適用事業者となります。   検討 ...

ReadMore

ライフ 効率化

SESAME タッチProの設定方法など

  スマートロックのセサミ3を利用しています。     今回SESAME タッチプロを導入することにしました。 アプリでの操作で事足りるかなと思っていましたが、弟が使っているのをみて便利そうだなと感じたもので。     設定も簡単です。 まず、カバーを開けて電池のところにあるフィルムを外します。     タッチプロを近くに置いた状態でセサミアプリの右上の「+」をタップし、「新規デバイス」を選択します。     これで ...

ReadMore

ライフ

Amazonプライム会員なら「business plime」も1ユーザーは無料

  事業者向けのAmazonビジネス。 個人向けのAmazonプライムのようにAmazonビジネスにも「Businessプライム」という限定特典のついたプランがあります。 以前は有料プランしかありませんでしたが、Amazonプライム会員であれば追加料金なしで利用できる「BusinessプライムDuo」が2023年より提供されています。   利用できるの1ユーザーのみで、上位プランの一部機能は利用できませんが、通常会員では送料がかかる「お急ぎ便・当日お急ぎ便」が無料となるので、それだけで ...

ReadMore

会計・経理 税金ほか

新設法人における事前確定届出給与に関する届出書の提出期限について

  事前確定届出給与とは、役員賞与など、法人の役員に所定の時期に確定額を支給する旨の定め(事前確定届出給与に関する定め)に基づいて支給する給与のことをいいます。   事前確定届出給与は、法定の提出期限までに所轄税務署長にその定めの内容に関する届出書を提出しなければならないことになっており、届出書の提出がなされず支給された事前確定届出給与は経費にならないこととされています。 この届出書の提出期限は、原則、次のうち1か2いずれか早い日と定められています。 株主総会等の決議によりその事前確定 ...

ReadMore

  • この記事を書いた人

平川吉輝

税理士、AFP
1979年8月13日生、44歳。
長崎県長崎市在住。
2021年2月1日から日毎日更新中。

-投資・節約・お金