投資・節約・お金

私が使っている年会費(実質)無料のクレジットカード④

私が使っているクレジットカードを紹介するシリーズ4回目。

これまでと違い、単純な年会費無料ではなく、条件に合致する方について「実質」無料となるクレジットカードです。

 

今回、ご紹介するのは Amazon Mastercard ゴールド です。

AmazonのHPより

Amazon Mastercard ゴールド (以下、ゴールドカード)は年会費11,000円のクレジットカードです。

Amazon Mastercard クラシックの間違いじゃないの?と思われる方もいるかもしれません。

たしかに、Amazon Mastercard クラシック(以下、クラシック)は、初年度年会費無料で、2年目以降も年1回の利用で無料になるので、Amazonで買い物をする人であれば、「実質」年会費無料のカードといえます。

クラシックも実質無料でオススメですし、ゴールドをいきなり申し込むのではなく、クラシックからの切り替えがいいと思っていますが(クラシックは、入会特典のポイントが付く場合がほとんどですので)、今回紹介するのは、一定の条件の方については、ゴールドカードの方がオススメとなる場合がある、という内容となっております。

 

対象となる方

対象となるのは以下の方

プライム会員の方(特に会費を年払いで支払っている)

Amazonで頻繁に買い物をする方

このゴールドカードには、Amazonプライム会員の特典が無料で付きます。

プライム会員の年会費は、以前は3,900円だったのですが、2019年の4月に4,900円に値上げになりました。

なので、今すでに会費を負担している人にとっては、その分だけ実質値引きとも言えると思います。

ただ、これでは年会費11,000円の負担の方がまだ大きいです。

 

実質無料にする裏技

上記の対象の方で、次の条件が問題なければ、実質年会費無料とすることができます(プライム会員の会費4,900円より負担が少ないという意味です)。

支払い方法「マイ・ペイすリボ」を選択

カード申込時に、「マイ・ペイすリボ」というリボ払いを選択することで、年会費11,000円が半額の5,500円となります。

リボ払いは絶対にオススメしませんが、申込後にリボ払いになる金額(初期設定30,000円)をカードの利用上限額まで引き上げることで、1回払いと同様の支払い方法になります。当然、金利負担もありません。

そもそもリボ払いに抵抗があるのであれば、この方法はオススメしませんので、クラシックのほうがいいと思います。

また、何か信用情報を用いる審査(クレジットカード、各種ローンなど)を検討している方で、少しでも気になるという方は、時期をずらして検討されたほうが良いと思います。

本家、三井住友カードにおいて、このマイ・ペイすリボの改悪(金利負担がないと半額にならない)があっていますが、今のところこのカードは改悪の対象外となっております。

今後、条件改悪があった場合は、使い方を工夫するか、カードの解約が必要となるかもしれません。

 

WEB明細書サービスを利用

WEB明細書サービスとは、紙のカード利用明細書に代えて、パソコン・スマホで明細書を確認するサービスです。

ゴールドカードの場合、最大1,100円の割引となります。

1,100円になる条件は、

年6回以上の請求がある方

なので、前述の通り、Amazonで頻繁に(年6回請求がある)買い物をする方が対象となります。

確かこの割引は、2年目以降なので、初年度はその分負担がかかりますが、プライム会員の年会費については、ゴールドカードを作った場合、未経過分が返金となります。なので、プライム会員の会費を払っている方であれば、ほとんどが初年度から実質無料になると思います。

 

まとめ

プライム会員の年会費が3,900円から値上がりして4,900円になったことで、検討できるようになった裏技です。

11,000円の会費が、2年目以降4,400円となり、プライム会員の会費負担より500円安くすみます。

そして、Amazonでの買い物については、2.5%のポイントが付きます。

プライム会員で会費を負担しており、Amazonで買い物をそれなりにされる方であれば、検討してもいいカードではないでしょうか。

条件に該当する方はご検討いただければと思います。

 

.

【編集後記】
しばらく在庫なしでしたが、昨日サイトをチェックしてみると、在庫ありになっていたので、Switch注文しちゃいました。
6月下旬に届くようです。楽しみです。
娘も、妻も、私も。

効率化

タイピングの練習を再開してわかったこと

以前、タイピング練習のおすすめのサイトを紹介いたしました。   紹介するだけで、その後なんだかんだで、やらずに過ごしていたのですが、今月から毎朝実施するようにしてみました。   練習として行っているのは、以前と同じなのですが、サイトのトップページにある「腕試しレベルチェック」です。   これを朝起きてからのルーティンの一つとして組み込んでいます。   パソコンを立ち上げて、5分から15分程度実施しています。   5分から15分と幅があるのは、その日のコンデ ...

ReadMore

ライフ

大型二輪教習 2段階5回目

  大型二輪教習、2段階5回目の教習を受けてきました。   2段階の教習は全7回ですので、残すところあと2回となりました。   うまくいけば、今月中の免許取得も可能かもしれません。   今回は、前回最後にちょろっと確認した2コースをメインに走りました。   1コースが慣れているので、2コースだと勝手が違います。コースも若干迷いながらな感じです。。   同じクランクでも入り口が違うだけで、少し戸惑ってしまったり、、   コーンに当たるまで ...

ReadMore

税金

ふるさと納税のよくある(聞く)勘違い3選

お客様や友人とふるさと納税についての話をする機会に、質問があったり、中には少し勘違いされているなというケースもあります。   ふるさと納税に限ったことではありませんが、税金に関することは少しややこしいところもあるので、ちょっとした認識違いはあって当然です。   今回は、ふるさと納税について、見聞きしたり、実際に質問があったことの中から、よくある勘違いを3つ確認してみたいと思います。   目次1 節税になる2 確定申告でふるさと納税した分税金が戻ってくる3 限度額を超えたら絶対 ...

ReadMore

長崎

長崎県産品・特産品の総合情報・販売サイト 「e-ながさきどっとこむ」利用してみました

  長崎県産品の総合情報・販売サイト 「e-nagasaki.com」を利用してみました。   ときどき、お客様の経費に出てくるので気になっていました。   特産品のカテゴリー毎にわかれており、充実の品揃えです。   水産品・魚介類。   ちゃんぽん・麺類。   カステラ・スイーツなどなど。   会員登録することで、すぐに利用できます。 しかも、2021年10月31日までであれば、「長崎よかもんキャンペーン 第3弾」の特典により、2,0 ...

ReadMore

ライフ

大型二輪教習 2段階4回目

  大型二輪教習、2段階4回目の教習を受けてきました。   今回も前回からの流れのまま、検定コース1の確認です。   最初は教官の後をついて行くので復習ができるわけですが、前回乗車したときと違い、今回は1回走っただけで、その後、すぐ通しでやる形となりました。   今回はしっかり目にコースを覚えてきたので、「合図→確認」に重点をおいて走ろうと思ったのですが、力が入りすぎたのか、一本橋で落ちてしまいました、、 どうも、苦手意識があるようです。 検定では一本橋脱輪は即終了 ...

ReadMore

税金

海外移住時に必要な税務手続について

海外に移住する場合に、必要となる税務手続について確認する機会がありましたので、本日の記事にしたいと思います。   目次1 納税管理人の届出2 海外移住前の確定申告3 納税管理人になれるのは?   納税管理人の届出 海外に1年以上住んでいる人、若しくは1年以上住む予定の人については、出国した日の翌日から税法上、「非居住者」となります。   サラリーマンの方が海外赴任等で「非居住者」となった場合、日本での課税関係は源泉徴収のみで完結することも多いかもしれませんが、例えば、日本国内 ...

ReadMore

ライフ

禁煙成功のきっかけとなったあんでるせんのマスターから聞いた話

今は喫煙者ではありませんが、若い頃にタバコを吸っている時期がありました。   25歳になる年に禁煙したのですが、それまで何度もやめようとチャレンジするも失敗の連続でした。   小学生ぐらいの頃、父親の腰踏み(マッサージ?)というミッションがあったのですが、父親はヘビースモーカーで、腰を踏んでいるときもタバコを吸っているものですから、副流煙をまともに受けるのが嫌で嫌でたまりませんでした。それを双子の弟と交代交代やっていました。   そんなこともあり、どちらかというとタバコは嫌い ...

ReadMore

ブログ

ブログ250記事投稿(248時間52分、240,730字)から思うこと

2021年2月1日から始めたこのブログ、毎日1記事更新しており昨日で250記事目となりました。   250記事目と中途半端なタイミングとなってしまった理由は、単純に200記事目を取り上げるのを失念していたためです。。   100記事目は、気づいて記事にしていたのですが、、   このときの記事にも書いておりますが、とにかく毎日書くと決め、「今」できる範囲で、完璧を求めず書いているわけですが、その時と違うことといえば、当時日付をまたいでも当日扱いにしておりましたが、今はその日中の ...

ReadMore

  • この記事を書いた人

平川吉輝

税理士、AFP、医業経営コンサルタント
1979年8月13日生。
長崎県在住。
2021年2月1日から日毎日更新中。

-投資・節約・お金