投資・節約・お金

私が使っている年会費(実質)無料のクレジットカード④

私が使っているクレジットカードを紹介するシリーズ4回目。

これまでと違い、単純な年会費無料ではなく、条件に合致する方について「実質」無料となるクレジットカードです。

 

今回、ご紹介するのは Amazon Mastercard ゴールド です。

Amazon、Amazon.co.jpおよびAmazon.co.jpロゴは、Amazon.com,Inc.またはその関連会社の商標です。

AmazonのHPより

Amazon Mastercard ゴールド (以下、ゴールドカード)は年会費11,000円のクレジットカードです。

Amazon Mastercard クラシックの間違いじゃないの?と思われる方もいるかもしれません。

たしかに、Amazon Mastercard クラシック(以下、クラシック)は、初年度年会費無料で、2年目以降も年1回の利用で無料になるので、Amazonで買い物をする人であれば、「実質」年会費無料のカードといえます。

クラシックも実質無料でオススメですし、ゴールドをいきなり申し込むのではなく、クラシックからの切り替えがいいと思っていますが(クラシックは、入会特典のポイントが付く場合がほとんどですので)、今回紹介するのは、一定の条件の方については、ゴールドカードの方がオススメとなる場合がある、という内容となっております。

 

対象となる方

対象となるのは以下の方

プライム会員の方(特に会費を年払いで支払っている)

Amazonで頻繁に買い物をする方

このゴールドカードには、Amazonプライム会員の特典が無料で付きます。

プライム会員の年会費は、以前は3,900円だったのですが、2019年の4月に4,900円に値上げになりました。

なので、今すでに会費を負担している人にとっては、その分だけ実質値引きとも言えると思います。

ただ、これでは年会費11,000円の負担の方がまだ大きいです。

 

実質無料にする裏技

上記の対象の方で、次の条件が問題なければ、実質年会費無料とすることができます(プライム会員の会費4,900円より負担が少ないという意味です)。

支払い方法「マイ・ペイすリボ」を選択

カード申込時に、「マイ・ペイすリボ」というリボ払いを選択することで、年会費11,000円が半額の5,500円となります。

リボ払いは絶対にオススメしませんが、申込後にリボ払いになる金額(初期設定30,000円)をカードの利用上限額まで引き上げることで、1回払いと同様の支払い方法になります。当然、金利負担もありません。

そもそもリボ払いに抵抗があるのであれば、この方法はオススメしませんので、クラシックのほうがいいと思います。

また、何か信用情報を用いる審査(クレジットカード、各種ローンなど)を検討している方で、少しでも気になるという方は、時期をずらして検討されたほうが良いと思います。

本家、三井住友カードにおいて、このマイ・ペイすリボの改悪(金利負担がないと半額にならない)があっていますが、今のところこのカードは改悪の対象外となっております。

今後、条件改悪があった場合は、使い方を工夫するか、カードの解約が必要となるかもしれません。

 

WEB明細書サービスを利用

WEB明細書サービスとは、紙のカード利用明細書に代えて、パソコン・スマホで明細書を確認するサービスです。

ゴールドカードの場合、最大1,100円の割引となります。

1,100円になる条件は、

年6回以上の請求がある方

なので、前述の通り、Amazonで頻繁に(年6回請求がある)買い物をする方が対象となります。

確かこの割引は、2年目以降なので、初年度はその分負担がかかりますが、プライム会員の年会費については、ゴールドカードを作った場合、未経過分が返金となります。なので、プライム会員の会費を払っている方であれば、ほとんどが初年度から実質無料になると思います。

 

まとめ

プライム会員の年会費が3,900円から値上がりして4,900円になったことで、検討できるようになった裏技です。

11,000円の会費が、2年目以降4,400円となり、プライム会員の会費負担より500円安くすみます。

そして、Amazonでの買い物については、2.5%のポイントが付きます。

プライム会員で会費を負担しており、Amazonで買い物をそれなりにされる方であれば、検討してもいいカードではないでしょうか。

条件に該当する方はご検討いただければと思います。

 

.

【編集後記】
しばらく在庫なしでしたが、昨日サイトをチェックしてみると、在庫ありになっていたので、Switch注文しちゃいました。
6月下旬に届くようです。楽しみです。
娘も、妻も、私も。

ライフ

TOHOシネマズ映画鑑賞券の利用方法

シネマイレージカードセゾン限定特典の1つに、永久不滅ポイント200ポイントでTOHOシネマズ映画鑑賞券1枚に交換できるという特典があります。   使い方も簡単です。 TOHOシネマズのサイトかアプリでチケットを購入するタイミングでチケットの下の部分をめくったところにある番号を入力するだけです。   下の画面の「ムビチケまたはTCチケットをお持ちの方」の方を選択します(「TCクーポンをお持ちの方」の方ではありません)。   TCチケット番号、TCチケット暗証番号をそれぞれ入力し ...

ReadMore

ライフ

イベント割 ムビチケ作品共通券について

  全国の映画館で利用できる「イベント割 ムビチケ作品共通券」が2022年12月2日(金)から販売されます(一部の映画館及び一部の作品では利用不可)。 土日、祝日も一般1,200円、小人(高校生まで)800円と通常料金よりも得な特別料金で購入できます。 販売期間:2022年12月2日(金)12:00~2023年1月29日(日)23:59 (イベント割予算の消化状況によっては早期終了することもあり) 利用期間:チケット発行から2023年1月31日(火) 対象者:購入時にワクチン接種証明書を提出(ア ...

ReadMore

投資・節約・お金 長崎

長崎和牛パスポートの無料配布について

長崎和牛のPR・消費拡大を図るため、ながさきプレスと長崎和牛銘柄推進協議会との共同企画で、県内指定店で利用できる「長崎和牛パスポート」が配布されます。 2021年は有料販売(1,000円)されていましたが、今回はフリーペーパーです。   配布開始 2022年12月1日(木) 配布場所 長崎空港、新地バスターミナル、県内コンビニ、量販店等 利用可能期間 2022年12月1日から2023年3月31日 配布部数 20,000部(なくなり次第、配布終了)   ランチ、ディナー、テイクアウトなど ...

ReadMore

投資・節約・お金 長崎

team NAGASAKI SAFETY|第2弾認証店利用拡大キャンペーン実施中

  長崎県で対象の認証店で利用できる「クーポンキャンペーン」が実施されています。 会計時に2,000円以上の飲食を行うと、クーポン券(1,000円分)が配布されます。 しかも、配布されたクーポンは配布当日でも利用可能です。   サイトでキャンペーン参加店を検索できるようになっているので、気なるお店がないかチェックしてみてもいいかもしれません。   クーポンは店舗ごとに管理されているようで、キャンペーン期間内でも配布終了となっていることもあるようです。 少し検索した感じでは、商 ...

ReadMore

ライフ 長崎

エコパーク論所原に行ってきました②

前回からの続き、 2日目です。   朝食、コーヒー、片付けなどを済ませ、論所原のケビンをあとにしました。 子どもたちはちょっと前にヤギさんやウサギさんと触れあえる「ふれあい広場」へ。 思えば、前回と同じ流れですね(少しフライング気味ですが)。   前回は餌やり体験がメインでしたが、子どもたちの強い要望により、乗馬(引き馬)体験を行うことになりました。 10時半からということなので、時間まで近くを散策することに。   最初はやらないといっていた下の娘も、みんながやっているのを見 ...

ReadMore

ライフ 長崎

エコパーク論所原に行ってきました

この週末を利用してエコパーク論所原に行ってきました。 今回2回目です。   基本的には前回と同じような体制です。 前回と同じメンバーで、前回同様ケビンを利用させてもらいました。   キャンプ気分を味わいたいけど、まだテントを使った本格的なものはハードルが高いという私たちにはちょうどよいです(やっぱりお風呂には入りたいという要望もあるもので。。)。 だいたい予定したとおりの時刻に到着し、チェックインを済ませます。   私は今回も火起こし担当です(私がやりたいからやらせてもらって ...

ReadMore

会計・経理

領収書(経費)に関する勘違い

領収書は支払いを証明する大事な書類です(本日は受け取る方について)。 本日は、ときどきいただくこともある領収書に関するちょっとした勘違いについて、確認してみたいと思います。   目次1 レシートではダメ2 ないと経費にできない3 領収書さえあればOK   レシートではダメ 領収書は支払いを証明する大事な書類です(再掲)。 仕事のために支払ったとか、どこにいくら払ったなどの証拠となるものです。 基本的には、 ・日付 ・宛名 ・金額 ・店名 ・内容 が記載されています。 レシートには宛名が ...

ReadMore

会計・経理 税金

個人が外貨預金を所有している場合の注意点

  以前、法人について記事にしました。   本日は個人が外貨預金を所有している場合、特に為替相場が大きく変動している場合の課税上の注意点について確認してみたいと思います。   個人が外貨預金を所有している際の課税関係は、主に利息と為替差益の発生によるものです。 外貨建資産の販売や購入などの取引を「外貨建取引」といいますが、個人で行った外貨建取引に係る円換算額は、各種所得の金額として把握することになります。 為替差益とは、この外貨建取引を行った際に、為替相場の差によって生じる利 ...

ReadMore

  • この記事を書いた人

平川吉輝

税理士、AFP
1979年8月13日生、43歳。
長崎県長崎市在住。
2021年2月1日から日毎日更新中。

-投資・節約・お金