税金ほか

住宅ローン控除を受けるための確定申告をし忘れた場合

住宅ローンを組んで自宅を購入した場合に、税金の優遇を受けることができる制度があります。

一般的に住宅ローン控除といわれるもので、適用するためには最初に確定申告をしなければならないことは、ご存じの方も多いかもしれませんね。

 

本日は住宅ローン控除を受けるための確定申告を失念した場合の取扱いについて、確認してみたいと思います。

確定申告をする必要がない方にとっては、住宅ローン控除のための確定申告がはじめての申告となるケースも多いかと思います。

 

税金が還付となるので、やらなきゃなというモチベーションは高くなると思いますが(私ならそうなる)、やらないといけないことはわかっていても、ついうっかりということもあるかもしれませんね。

 

申告義務がない方が確定申告をすることで、納め過ぎとなった税金の還付を受けることができる制度を「還付申告」といいますが、還付申告の対象となる方の申告期限は、申告する年分の翌年1月1日から5年間となります。

2022年分についてであれば、2023年1月1日から2027年12月31日が有効期限です。

なので、2022年分の申告をし忘れたとしても、上記期間内であれば申告することで住宅ローン控除の適用を受けることができます。

 

ただ、2回目以降は年末調整でよくなることを考えると、できるだけ早く行ったほうがいいでしょうね。源泉徴収票がなくなったりすると再発行などめんどくさいですし。

更正の請求・還付申告の期限5年間の違いについて

  以前、所得税の確定申告を間違えたときの手続きについて記事にしました。   更正の請求とは、確定申告をした後に、納めた税金が多すぎた、純損失の金額が少なかった、還付された税金が少 ...

続きを見る

 

 

還付申告の対象者の場合は上記のとおりですが、それとは違い、確定申告はしたが住宅ローン控除の適用を忘れた場合もあるかもしれません。

 

このような場合どうなるかというと、申告期限内であれば再度正しくした内容で提出すれば良いのですが、申告期限を過ぎた場合の手続きとなる「更正の請求」は行うことができないこととなっています。

所得税の確定申告を間違えたときの手続きについて

昨日3月15日は確定申告の提出期限でした。 提出したあとで、内容に間違いがあったことに気付いたら、もちろん修正することも可能です。 間違いに気付いたタイミングによって、取るべき手続きが少し変わります。 ...

続きを見る

 

更正の請求については、「できるもの」と「できないもの」があり、住宅ローン控除については「できないもの」に該当します。

住宅ローン控除は必ず適用しなければならないというものではなく、適用「する」「しない」を納税者が選択できるようになっています。

したくない人は、別に適用しなくてもいいわけですね(あまりいないと思いますが)。

 

このように任意適用できる内容については、更正の請求ができないことになっています。

税務署からは、適用しないことを選択したんだね、と判断されます。

1度選んだものを、期限後にやっぱりこっちで、ということはできないということですね。

 

なので、こういったケースだと、この年の分は諦めるほかありません。
ダメ元で「嘆願」することはできますが、認められるとは限りませんので、もれなく実施したいところです。

 

ちなみに、今後の住宅ローン控除が受けられないということではなく、2年目から適用することができます。翌年確定申告をし忘れないようご注意いただければと思います。

2022年税制改正 住宅ローン控除の要点整理

  2022年の税制改正は小振りな改正と言われておりますが、個人にかかる税金においての大きな改正は、住宅ローン控除の改正だと思います。 住宅ローン控除は、金利負担の軽減という目的でできた制度 ...

続きを見る

 

 


【編集後記】
昨日は外出なし。
決算や自社のダイレクト納付(住民税)手続きなど。
とある相談対応(なかなか進んでくれません、、)。

 

ライフ

目線を上げていこう

  バイクの免許を取得するときに、自動車学校の先生からも言われたりしました。 目線の方に体が動き、バイクもそっちに向いていくので、「目線を上げて」、「行きたいほうを見て」と。 スノーボードをはじめたころ、同様の感覚がありました。 怖いので、足元ばかりみてしまうのですが、それだとうまく滑れないのです。 行きたい方向を見て、そして目線も上げる必要があります。   これは自身の「気持ち」についても言えることかもしれません。   生活していると、 嫌なことや思い通りにならないこと、い ...

ReadMore

会計・経理

自賠責保険料の経理処理について

事業で使用している車の車検費用はもちろん経費処理できます。 その中で自賠責保険料の経理処理について、たまにご質問をいただくことがあります。 自賠責保険料は数年分(MAX3年)の前払いとなるものなので、「前払費用」で処理すべきか、というもの。 原則は1年を超える部分(翌期以降分)については、前払費用(又は長期前払費用)で処理すべきですが、実務的には、支出時に費用として処理することになります。 本日は自賠責保険料の経理処理について確認したいと思います。     前払費用とは   ...

ReadMore

税金ほか

売電収入と所得税について

太陽光発電による売電収入は申告必要?とお尋ねいただくこともあります。 売電収入に係る所得税の申告について、確認してみたいと思います。     売電収入による申告の要否   売電収入に限ったことではありませんが、一定の所得がある場合には確定申告を行う必要があります。 ただ、発電量が少ない住宅用のパネルであれば、申告不要となるケースも多いです。 年末調整のみで完結している会社員であれば、給与所得以外の所得が20万円を超えた場合に確定申告が必要となるので、売電収入による所得が少額の ...

ReadMore

ライフ

天気がよかったのでツーリング

  今日の長崎は天気もよくあたたかい1日でした。 ツーリング日和。 娘たちもお友だちと遊びに行くというので、これはとチャンスと思い夫婦でツーリングに行ってきましたよ。   今日はいつもの251ではなく、大村(三浦経由)ツーリング。   いつもの251と比較すると道中混み合うエリアがあるのですが、大村湾沿いのルートが心地よいので、夫婦ともにお気に入りのコースです。   そのルートを通れればいいので、特に目的地があるわけではありません。 なので、結局スタバをゴールにして ...

ReadMore

税金ほか

相続時精算課税の留意点について

    相続時精算課税の見直し   2023年の税制改正において、相続時精算課税に係る基礎控除が創設されました。 以前の記事でも少し触れましたが、2024年1月1日以後の贈与で取得した財産について、110万円の基礎控除が適用できるようになりました。     相続時精算課税の留意点   2024年以後は相続時精算課税の使い勝手がよくなる部分があることから、制度の利用が拡大することが予想されているようですが、相続時精算課税を検討する際には留意すべき点 ...

ReadMore

ライフ

専門用語、略語は多用しないようにする

  TPO、ケース・バイ・ケースだと思いますが、使わないようにしている言葉があります。 専門用語や略語などがその一例です(それ以外にも使わないと決めている言葉がいくつかあります)。   話す相手が専門家、同業の方などであれば、専門用語を使ったほうが内容を理解するのも早いでしょう。 略語についても、同業者であれば普段の会話と同じように使用することができるものと思います。 ただ、業界経験が長くなってしまうと、当初は難しく感じていたことであっても、知らないうちに当たり前のことに変わっていきま ...

ReadMore

税金ほか

小規模企業共済オンライン申請サービスについて

  小規模企業共済では、オンラインで各種変更申請が可能となっています。 マイナンバーカード、スマートフォンがあれば、場所・時間を選ばず各種届出手続き申請ができます。 オンライン申請が可能な手続きは以下のとおり。 掛金月額の変更 掛金引き落とし口座の変更 払込区分の変更 契約者情報の変更 掛金の一括納付 掛金控除証明書電子発行の申し込み       手続きは「小規模企業共済 届出手続きへ」を選択し、メールアドレスの登録からスタート。   次にパソコンとICカ ...

ReadMore

ライフ 長崎

歩こーで!(ながさき健康づくりアプリ)ダウンロード者限定抽選会(2024年2月)|長崎県

  以前記事にした「ながさき健康づくりアプリ」。     アプリのダウンロード者限定で、長崎県産品が当たる抽選会が開催されています。   応募期間:2024年2月29日(木)まで。 応募方法:500ポイントで1回応募可能(応募は1人何回でも可、当選は1人1回のみ)。 抽選結果:歩こーで!のお知らせで3月8日頃を目途に配信。     インストール後、特に「使っている」という意識はないのですが、勝手にポイントが貯まっています。   あまり意 ...

ReadMore

  • この記事を書いた人

平川吉輝

税理士、AFP
1979年8月13日生、44歳。
長崎県長崎市在住。
2021年2月1日から日毎日更新中。

-税金ほか