会計・経理 独立

開業前にかかった費用について|個人事業主の開業費

現在、開業にむけて少しずつ準備を進めております。

その中には、色々と、出費を伴うものも。。

 

私は個人事業主として開業の準備を進めておりますが、開業のために必要な支出のことを「開業費」といいます。

本日は、今まさに開業準備を進めているところですので、自身の整理ともなるように、開業費について記事にしたいと思います。

 

 

開業費について

法人(会社)には、開業のために「特別に支出した費用」とやや限定的な部分もあります。

個人事業の場合も、開業前に開業準備のために「特別に支出する費用」と、同じような定義ではあるのですが、ある程度、広い範囲が開業費に含まれます。

以前、開業前・開業後の経費について記事にしましたが、

開業前・開業後にかかる経費を考えてみた

  前回に続いて、本日は開業前・開業後にかかってくる経費について考えてみました。       金額についてのリサーチは然程できておりませんので、思いつくものを列 ...

続きを見る

私の場合ですと、開業前に支出しているもの(予定含む)としては、

  • パソコン
  • パソコン周辺機器(マウス、プリンター等)
  • ブログ、ホームページの構築費用(レンタルサーバー代、テーマ代、ドメイン料)
  • 会計ソフト
  • 税務ソフト
  • ロゴデザイン料、名刺等
  • 手続き資料郵送のための通信費
  • 打ち合わせ費用

などです。

税理士業の場合、開業準備のための費用はそう多くないと思いますが、積み上げると数十万円ぐらいにはなりますね(少ない方ではありますが)。。

 

開業費にできないもの

開業前の支出であっても、次のようなものは開業費に含めることができません。

  • 10万円以上のモノ
  • 後で返ってくる敷金・礼金
  • 仕入代金

10万円以上のモノについて、以前記事にもしましたが、原則として固定資産になります。

参考10万円以上の「モノ」を買ったときの会計処理

先日、フリーランスの方から、「15万円のパソコンを購入したんだけど、会計処理はどうなりますか?」とのご質問がありましたので、10万円以上の「モノ」を購入したときの会計処理について記事にしたいと思います ...

続きを見る

 

あとで返金になるものについては、そもそも経費ではないので別科目で処理することになりますね。

仕入代金については、開業費に含めず、「売上原価」となります。

 

私の場合、上記3つに該当するものがないので、何れも開業費として処理することが可能なようです。

 

いつからの経費が開業費?

開業前の準備にかかった費用というけれど、それっていつから大丈夫なのと思われる方もいるかもしれません。

実は、特段期間については定められておりません。理論上は、何年前のものでも開業前の準備費用であれば開業費にすることができます。

なんとなく、実務的には、特別のケースを除けば、概ね1年ぐらいな感じの印象をもっています。

なので、3年前に開業の準備として、「机を買ったんだ」と主張しても、少し厳しいかなと感じます。

「プライベートで絶対使ってるよね?」と思われること必至かと。

ただ、納得させるだけの説明ができれば、何年前でも開業費にすることは可能は可能です。

 

開業費のメリット

別に経費は経費なんだから、開業費にしなくてもいいじゃない?、と思われる方もいらっしゃるかもしれません。

ただ、開業費には開業費特有のメリットがあります。

それは、税務上 任意償却できることです。

任意償却とは、今年の経費にする・しない、そして、する場合の金額を、任意に決めてよいという意味合いになります。

これの何がメリットかというと、利益が出ている年に償却することによって、税金を計算する際のインパクトが変わってくる というところにメリットがあります。

 

例えば、100万円の開業費があり、

所得税率が5%だった場合(復興税は除きます)に、全額償却しときに少なくなる税金は、5万円です。

しかし、所得税率が20%のときに全額償却すると、少なくなる税金は20万円となります。

当然もっと税率が高いときだと、その差はさらに大きくなります。

所得税は累進課税ですので。

このように、税金に与える影響を考えて、使いどころを選べるというのは、結構なメリットだと感じます。

 

まとめ

会計上は5年償却なので、たまにその通りに実施されている事業所を見たりしましたが、できれば節税効果が大きいところで実施したいですね。

まあ、私の場合、開業費もたくさんありませんし、税率がそう高くなることもありませんので、使いどころをあまり考える必要はないかもしれません。逆にずっと使えないかもしれませんね…

 

.

【編集後記】
昨日は、会計ソフトと税務ソフトの手続きなど。
少しずつ、少しずつ準備を進めておりますが、
まだパソコンが届きません…

ライフ 長崎

エコパーク論所原に行ってきました②

前回からの続き、 2日目です。   朝食、コーヒー、片付けなどを済ませ、論所原のケビンをあとにしました。 子どもたちはちょっと前にヤギさんやウサギさんと触れあえる「ふれあい広場」へ。 思えば、前回と同じ流れですね(少しフライング気味ですが)。   前回は餌やり体験がメインでしたが、子どもたちの強い要望により、乗馬(引き馬)体験を行うことになりました。 10時半からということなので、時間まで近くを散策することに。   最初はやらないといっていた下の娘も、みんながやっているのを見 ...

ReadMore

ライフ 長崎

エコパーク論所原に行ってきました

この週末を利用してエコパーク論所原に行ってきました。 今回2回目です。   基本的には前回と同じような体制です。 前回と同じメンバーで、前回同様ケビンを利用させてもらいました。   キャンプ気分を味わいたいけど、まだテントを使った本格的なものはハードルが高いという私たちにはちょうどよいです(やっぱりお風呂には入りたいという要望もあるもので。。)。 だいたい予定したとおりの時刻に到着し、チェックインを済ませます。   私は今回も火起こし担当です(私がやりたいからやらせてもらって ...

ReadMore

会計・経理

領収書(経費)に関する勘違い

領収書は支払いを証明する大事な書類です(本日は受け取る方について)。 本日は、ときどきいただくこともある領収書に関するちょっとした勘違いについて、確認してみたいと思います。   目次1 レシートではダメ2 ないと経費にできない3 領収書さえあればOK   レシートではダメ 領収書は支払いを証明する大事な書類です(再掲)。 仕事のために支払ったとか、どこにいくら払ったなどの証拠となるものです。 基本的には、 ・日付 ・宛名 ・金額 ・店名 ・内容 が記載されています。 レシートには宛名が ...

ReadMore

会計・経理 税金

個人が外貨預金を所有している場合の注意点

  以前、法人について記事にしました。   本日は個人が外貨預金を所有している場合、特に為替相場が大きく変動している場合の課税上の注意点について確認してみたいと思います。   個人が外貨預金を所有している際の課税関係は、主に利息と為替差益の発生によるものです。 外貨建資産の販売や購入などの取引を「外貨建取引」といいますが、個人で行った外貨建取引に係る円換算額は、各種所得の金額として把握することになります。 為替差益とは、この外貨建取引を行った際に、為替相場の差によって生じる利 ...

ReadMore

長崎

長崎銀行アプリ ダウンロードキャンペーン

「長崎銀行アプリ」が2022年8月にリリースされています(私は知りませんでしたが)。 今、そのアプリのダウンロードキャンペーンが開催されているようです。 先日長崎銀行に訪問した際に行員の方からリーフレットをいただきました。   キャンペーン期間中(2022年9月20日~2023年3月31日)に、長崎銀行アプリのダウンロード&口座登録すると、抽選で5,000名に「えらべるPay 500円分」プレゼントというもの。 アプリ内の専用応募フォームより応募できるようです。   &nbsp ...

ReadMore

投資・節約・お金 長崎

試供品を無料でもらえるアプリ「otonari」

    飲食店や美容院などでお菓子、ドリンクなどの試供品を無料でもらえるアプリ「otonari」。 福岡発のアプリなので、対象エリアは福岡がメインのようですが、九州エリアで少しずつ拡大しているようです。 長崎県内も利用できるお店がありますね。   このようなサービスがあることを知りませんでした。 先日、妻が飲食店でドリンクをもらっているのを見て知りました。 そういうの、もっと早く教えてほしいな。。と思ったり、、   まだ、ご存知ない方で気になる方はチェックしてみてい ...

ReadMore

長崎

ため得クーポン!甘い誘惑キャンペーン

2022年11月21日(月)~2022年12月20日(火)まで、「ため得クーポン! 甘い誘惑キャンペーン」(東長崎商工会の小規模事業者支援事業)が開催されています。   今日のランチの際に、お店の方からご案内いただきました。 対象の飲食店で670円以上の利用で、対象スイーツ店の200円クーポンをゲットできるというもの(期間中最大6,000円分取得可能)。     飲食店でのクーポン取得 ・取得は1日1回のみ(1日発行数750クーポン限定発行) ・ランチタイム(11:00~15 ...

ReadMore

会計・経理 税金

法人が外貨預金を所有している場合の注意点

円安ドル高となっていますね。   本日は法人で外貨預金(円以外の米ドルなどの外国通貨で預けている預金)を持っている場合、特に為替相場が大きく変動している場合に注意しないといけない点について確認してみたいと思います。   法人が外貨預金を保有しているときに注意すべきことは、決算時の円換算です。 原則として、次のいずれかの方法により円換算を行うことになります。 発生時換算法 取得時または発生時の為替相場で換算する方法 期末時換算法 期末時の為替相場で換算する方法 一定の期間内に届出をするこ ...

ReadMore

  • この記事を書いた人

平川吉輝

税理士、AFP
1979年8月13日生、43歳。
長崎県長崎市在住。
2021年2月1日から日毎日更新中。

-会計・経理, 独立