投資・節約・お金 独立 税金

iDeCo・つみたてNISAもいいけど、フリーランスなら小規模企業共済から検討しよう

老後資金のために、iDeCoやつみたてNISAを取り入れている、または検討しているという人も多いかもしれません。

それぞれ、税制面で優遇措置があることから、できればどちらも活用していきたいところです。

加えて、フリーランスなら小規模企業共済から検討するのもありです。

 

 

iDeCoとつみたてNISAどっち?

よくiDeCoかつみたてNISA、選ぶならどっち?という質問などを見聞きすることがありますが、結論としては「どっちが向いているかは人による」になってしまいます。
一概に絶対にこっちがいいとは言えないと考えています。

可能であれば、どちらも活用したほうがいいと思いますが、老後資金だけでなく、今のお金も大事です。
老後資金のことを考えて、今がカツカツだと幸福感のない生活を送ることになります。

もし、どちらかを必ず取り組む!どっちがいいか?と尋ねられたら、万人向け回答は、「つみたてNISAから」がいいと考えます。

所得が高く、且つ余剰資金で行える、という方であれば、「iDeCoから」となるでしょう。
税金が発生している人であれば、最低15%(所得税5%、住民税10%)の節税効果がありますから。

前述のとおり、両方できればなおいいでしょう。

 

iDeCoのデメリット

なぜ、iDeCoが万人向けにおすすめできないかというと、資金が60歳まで拘束されるからです。
iDeCo最大のデメリットとも言えます。

つみたてNISAであれば、解約することで現金化することが可能です
(極力しないほうがいいですが)。

ただ、iDeCoの場合、一定の条件でない限り、途中解約することはできません。
掛金を減額、ストップするに留まります。
資金が必要になったとしても、預金のように引き出すことは原則できないということです。

 

フリーランスなら小規模企業共済から検討しよう

そういった意味でも、フリーランス・個人事業主で、加入資格を満たしている方であれば、小規模企業共済から検討するのがおすすめです。

掛金は、iDeCoと同じで全額所得控除できます。

投資というより、定期預金に近いかもしれませんが、貯金で税金が減る制度は他にありません。

当然、定期預金ほど現金化についての流動性はありませんが、いざとなれば、解約せずとも貸付制度を利用することで、掛金の範囲内で事業資金の貸付を低金利で受けることもできます。

つみたてNISA・iDeCoはそれぞれ魅力のある制度ですが、節税効果、老後資金の形成、資金の流動性、3つともバランス良く兼ね備えているのは、小規模企業共済だけでしょう。

iDeCo、つみたてNISAもいいですが、フリーランス・個人事業主は、まず、小規模企業共済から検討してみましょう。


【編集後記】
小規模企業共済の掛金は月額1,000円~70,000円まで設定可能です。
いくら掛けるかも大事だと思いますが、長い期間加入していることもまた大事です。
とりあえず、月額1,000円からでもいいので、できるだけ早期に加入するようにしたいものです。

ライフ

Google Chrome ブックマークバーの表示・非表示の切り替え、開き方について

  ブラウザはGoogle Chromeを利用しています。 Google Chromeでブックマークに追加する方法はいくつかあります。   目次1 ブックマークバーへの追加方法2 ブックマークバーの表示・非表示3 ブックマークバーでの開き方   ブックマークバーへの追加方法   ショートカットキーを使うのであれば、 Ctrl + D もしくは、アドレスバー右側の☆をクリックすることでも追加できます。 私は追加する際、基本名前は削除して、ブックマークバーにファビコン( ...

ReadMore

ライフ

Kindleライブラリの整理あれこれ

Kindleを利用していると知らず知らず書籍が溜まっていきます。 ちなみに、私はKindle端末ではなく、iPhoneまたはiPadのアプリで読んでいます。 さっと読みたいときに、すぐたどり着きたいので、時折り整理するようにしています。 私が実施しているのは主に3パターンです。   目次1 絞り込み・並び替え2 端末から削除3 完全削除   絞り込み・並び替え ライブラリの上部の左・右にそれぞれ「絞り込み」、「表示・並び替え」のメニューがあります。 絞り込みで”既読、未読”など、並び替 ...

ReadMore

独立

住信SBIネット銀行 法人口座のメリット・デメリット

  法人を設立した際に、法人名義の銀行口座を用意しようと考え、楽天銀行の法人口座の申込みしましたが審査落ちしました。 その後、住信SBIネット銀行の法人口座の申込みを行い無事開設できたので、以後住信SBIネット銀行の口座を利用しています。 利用している中でいくつか不都合もあったので、別の銀行口座開設も考えたのですが、なんだかんだそのまま住信SBIネット銀行をメイン口座として利用しています。 1年ちょっと利用して感じているメリット・デメリットを書いてみます。     メリット ...

ReadMore

税金

給与所得者の必要経費

  個人事業をされている方であれば、 売上 ー 必要経費 = 利益 の式で、事業での所得(利益)を計算します。   給与所得の場合には、個人事業主のような必要経費はないように感じるかもしれませんが、必要経費と同じようなものはあります。 「給与所得控除」といいます。   式にすると、 給与(年収) ー 給与所得控除 = 給与所得 となります。   給与所得控除 給与所得控除の金額は、給与の金額によって変わります。 以前は、天井知らずに収入の5%ぐらいの金額があったので ...

ReadMore

税金

毎月の給与から差し引かれる所得税の計算方法

  毎月の給与明細をしっかり確認しているという方でも、額面金額と手取り金額に注目し、差し引かれている金額については細かく見ていないという方も意外と多いかもしれません。 私も税理士事務所に勤める前までは、給与明細すらほぼ確認せず、銀行に入金される金額しか見ていませんでした。 本日は毎月の給与から差し引かれる所得税の計算方法について確認してみようと思います。   給与から税金等を差し引き、個人にかわって納付等を行うことを源泉徴収制度といいます。 給与から差し引く所得税のことを、一般的に源泉 ...

ReadMore

独立

いつ独立しようと考えたかの問いをうけて改めて思ったこと

  先日、とある集まりでいつ独立しようと思ったのか?と会話の中で聞かれることがありました。 その時だけに限らず、これまで何度か尋ねられたことがあります。   独立を決めた明確な日付があるにはあるのですが、それについての詳細は今回割愛します。   それ以前、独立についての考えを思い起こすと、税理士試験を受け始めた頃、なんとなくいつかは独立もありかな?と考えていたと思うのですが、具体的に「いつ」と決めてはいなかったと記憶しております。 少し前に、独立するタイミングについて記事にし ...

ReadMore

独立

絞るために、いろいろ試してみる

  人によってそのニーズも様々です。 すべてに対応できればよいのでしょうが、できることできないこと、やったことがあることやったことがないこと、または、やりたいことやりたくないこと、色々あるのですべてに対応することはできません。 特にひとりでしごとをしていると、自ずと制限される部分はでてきます。 作業が伴うものであれば、量はこなせないでしょう。   そのようなことを考えていると、ついついできることを絞りたくなってしまいますが、そうすると可能性を潰してしまうこともあるかもしれません。 考え ...

ReadMore

ライフ

自分のモチベーションアップ方法を知っておく

  モチベーションが大事なこともあります。 そして何がモチベーションとなるか、モチベーションが上がる・下がる理由も色々あります。   以前、記事にしておりますが、自分なりのモチベーションアップの方法がいくつかあります。   最近、特に感じていることは、自分(や家族)が楽しめる時間、イベントが先に待っている効果が大きいということでしょうか。 そして、イベントが終わってしまうと焦燥感が漂うこともわかっているので、近頃ではイベントの予定が終わる頃に、次のイベントを計画するようにして ...

ReadMore

  • この記事を書いた人

平川吉輝

税理士、AFP
1979年8月13日生、43歳。
長崎県長崎市在住。
2021年2月1日から日毎日更新中。

-投資・節約・お金, 独立, 税金