投資・節約・お金

よくある「つみたてNISA」の勘違い

つみたてNISAについてご質問いただくこともあります。

本日はよく見聞きする勘違いについて書いてみます。

 

 

非課税期間20年の勘違い

 

なんとなく20年間非課税というのは知ってるけど、20年の意味を少し勘違いされている方もいらっしゃるようです。

例えば口座開設から20年間とか、制度開始から20年間?など。

つみたてNISAは、いわゆる口座なので、銀行でいえば、普通預金とか定期預金とかと同じように考えていいと思いますが、少し違うのは、1年に1個、それぞれ別の「箱」を渡されるイメージでしょうか。

1年間だけ開いて、40万円まで入れていい箱です。
1年が終わったら閉じて、20年間置いておきます。
売却するまで開けることができません。
開けることができないだけで、増えてる減ってるとかは見ることができます。

非課税期間20年というのは、この箱を放置できる期間です。
2020年分は2039年まで、2021年は2040年まで非課税運用できます。

投資可能期間最後の2042年分については2061年分までとなりますね。

 

非課税枠最大800万円の勘違い

 

20年と同じぐらい、「800万円」もなんとなく知っているという人も多いかもしれません。

非課税投資枠のことなんですが、投資できる元本の合計が800万円ということではありません。

40万円×20年が800万円なので、そう考えてしまいますが、非課税で投資できる元本の合計は、制度開始から始めた方であれば、1,000万円だったことになります。

2022年からだと840万円なので、あまり違いがないですが、、

あくまで非課税にできる元本の合計です。

ここで言う、非課税枠最大800万円とは、「ある年」の非課税運用できる枠が800万円ということです。

金融庁のホームページの図で示すと、縦の合計の部分が最大800万円ということになりますね。

ちなみに、2022年から満額40万円スタートしても、合計が800万円になるのは、2041年と2042年の2年間のみですね。
2022年分は2041年まで非課税、投資可能期間が2042年までなので、2043年からは40万円ずつ非課税にできる元本が減っていくことになります(非課税期間が終わったら自動的に課税口座に移されます。
投資を継続することは可能です)。

2018年から満額投資していた方であれば、800万円で非課税運用できる期間が6年間あったことになります。いずれにしても、早く始めたほうがやはり有利です。

 

変えられない・変えられる

 

あと、つみたてNISAは、1人1口座しか開設できないのですが、一度作ったら金融機関の変更ができないと勘違いされることもあるかもしれませんが、金融機関の変更は可能です。

変更しようとする年の9月末までに、金融機関で変更の手続きを完了する必要があります。
その年にすでに口座内で購入していたら、変更できるのは翌年からとなります。
変更は年単位ということですね。

逆に、特定口座等のように、「移管」できると勘違いされるかたもいるかもしれませんが、保有している金融商品を他の金融機関に変えることはできません。

これから購入するもののみを1年単位で変更することができます。

色々とややこしい部分もありますが、基本購入したら放置でいいので、銘柄選びさえ間違えなければ楽でいいのかもしれません。

 


【編集後記】
ポイントありきで決めることではないのでしょうが、つみたてNISAの金融機関を変更しようか思案中。
変えるならSBI証券で、と思っていたけど、マネックス証券も少し気になっています。

効率化

Google日本語入力の変換候補を個別に削除する方法

  Google日本語入力を利用しています。 利用していくうちに変換履歴が蓄積され、自分にあった変換候補が提示されるようになります。 入力もラクになるので便利です。 ただ、変換間違い等があった際、その履歴も蓄積され、それが邪魔になることもあります。   変換候補を削除(非表示)する方法はいくつかありますが、今回のように邪魔に感じているものだけを削除する場合には、不要となる変換候補を個別に削除する方法がおすすめです。 1個ずつの削除となるので、手間ですが確実です。 方法も簡単です。 &n ...

ReadMore

投資・節約・お金 税金

スマホアプリ納付でのポイント付与について

  2022年12月からスマホアプリで国税の納付ができるようになっています。 利用できるスマホアプリはこちら。 PayPay d 払い au Pay LINE Pay メルペイ Amazon Pay   主な特徴は次のとおり。 事前の手続き不要 一度の納付での利用上限金額は30万円(利用するアプリの設定によって、利用可能金額が制限される場合あり) 領収書は発行されない 決済手数料不要 など。   以前記事にもしています。     上記のとおり、スマホアプリ ...

ReadMore

ライフ 長崎

長崎県公式アプリ「ながさき健康づくりアプリ」について

2023年2月1日に長崎県公式アプリ「ながさき健康づくりアプリ」がリリースされています。 ウォーキング等の日々の習慣でポイントが獲得でき、地域のお店でのサービスや県産品等の抽選会に参加できるようですね。 早速インストールしてみました。               ホーム画面には、歩数や消費カロリー、獲得ポイント等が表示されています。 ポイントプログラムはいくつかあるようですが、例えば歩数については1日あたり最大20ポイント(歩数によって ...

ReadMore

長崎

第18回 長崎検定を受験してきました

本日10時から第18回長崎歴史文化観光検定(通称長崎検定)を受験してきました。 昨年はエントリーはしたものの、受験を見送ることにしましたので2年ぶりの受験です。 結局、直前の1日ちょっとで対策を図ることになり、準備不足感は否めませんでしたが、とりあえずステージには立つことができてよかったです。 前回の受験の時と同様、受験会場が2つに別れていましたが、今回は小さい方の会場でした。   掲示されていた案内を見る限り、別会場に110人、私が受験した会場には50人ほど、計160人ほどが受験予定だったと思 ...

ReadMore

長崎

長崎ランタンフェスティバルに行ってきました

長崎市において3年ぶりに開催されている「長崎ランタンフェスティバル」に家族で行ってきました。 開催期間が2023年2月5日までとなっており、家族と日程調整した結果本日行くことになりました。 娘たちは初めて行くので、数日前から楽しみにしていたようです。   本来はもう少し暗くなってから行く方が綺麗だと思うのですが、下の娘の体力や混み具合などを考慮し、ちょっと早めの時間帯(薄暗くなるぐらい)を目掛けて向かうことにしました(どの写真もiPhoneの機能のせいか、実際より明るく見えますね。)。 &nbs ...

ReadMore

長崎

今年は長崎検定受験します

  2023年2月5日に第18回長崎歴史文化観光検定(通称長崎検定)が開催されます。   第16回は準備不足で撃沈し、、     第17回はエントリーはするも諸事情のため受験を見送ることになり、、、     今回3度目のトライです(受験自体は2回目)。     今度こそ!準備万端で臨む予定でいたのですが、蓋を開けてみると、今日今からの時間と明日で対応する形となりました。。 試験勉強のスケジューリングがうまくいかず、不甲斐ないば ...

ReadMore

長崎

e-ながさきどっとこむ「長崎応援・送料無料キャンペーン」開催中

  以前、何度か記事にしたことがありますが、長崎県産品・特産品総合情報・販売サイト「e-ながさきどっとこむ」で、送料無料キャンペーンが開催されています。   過去、別の送料無料キャンペーンも開催されていましたが、少し内容は異なります。 「長崎応援・送料無料キャンペーン」 購入金額5,000円以上(お届け先・メーカー・温度帯ごと)で、全国送料無料 実施期間 2023年2月1日(水)~3月31日(金)23:59まで   北海道、沖縄、離島でも送料無料とのこと。 同じ出荷メーカー、 ...

ReadMore

税金

外国税額控除について(法人)

  目次1 外国税額控除とは2 必要となる別表3 外国税額控除の計算方法   外国税額控除とは 日本国内の法人が、国外で得た所得についても、原則日本で課税されますが、あわせて外国においても課税されるのが一般的です。 そうなると、日本国内と外国で重複して課税されることになりますが、この二重課税を取り除くために設けられた制度が、外国税額控除です。 所得税にも同様の制度があります。   必要となる別表 外国ってついてるし、なんだか難しく感じたりしますが、必要となる別表等は意外とシン ...

ReadMore

  • この記事を書いた人

平川吉輝

税理士、AFP
1979年8月13日生、43歳。
長崎県長崎市在住。
2021年2月1日から日毎日更新中。

-投資・節約・お金