投資・節約・お金

よくある「つみたてNISA」の勘違い

つみたてNISAについてご質問いただくこともあります。

本日はよく見聞きする勘違いについて書いてみます。

 

 

非課税期間20年の勘違い

 

なんとなく20年間非課税というのは知ってるけど、20年の意味を少し勘違いされている方もいらっしゃるようです。

例えば口座開設から20年間とか、制度開始から20年間?など。

つみたてNISAは、いわゆる口座なので、銀行でいえば、普通預金とか定期預金とかと同じように考えていいと思いますが、少し違うのは、1年に1個、それぞれ別の「箱」を渡されるイメージでしょうか。

1年間だけ開いて、40万円まで入れていい箱です。
1年が終わったら閉じて、20年間置いておきます。
売却するまで開けることができません。
開けることができないだけで、増えてる減ってるとかは見ることができます。

非課税期間20年というのは、この箱を放置できる期間です。
2020年分は2039年まで、2021年は2040年まで非課税運用できます。

投資可能期間最後の2042年分については2061年分までとなりますね。

 

非課税枠最大800万円の勘違い

 

20年と同じぐらい、「800万円」もなんとなく知っているという人も多いかもしれません。

非課税投資枠のことなんですが、投資できる元本の合計が800万円ということではありません。

40万円×20年が800万円なので、そう考えてしまいますが、非課税で投資できる元本の合計は、制度開始から始めた方であれば、1,000万円だったことになります。

2022年からだと840万円なので、あまり違いがないですが、、

あくまで非課税にできる元本の合計です。

ここで言う、非課税枠最大800万円とは、「ある年」の非課税運用できる枠が800万円ということです。

金融庁のホームページの図で示すと、縦の合計の部分が最大800万円ということになりますね。

ちなみに、2022年から満額40万円スタートしても、合計が800万円になるのは、2041年と2042年の2年間のみですね。
2022年分は2041年まで非課税、投資可能期間が2042年までなので、2043年からは40万円ずつ非課税にできる元本が減っていくことになります(非課税期間が終わったら自動的に課税口座に移されます。
投資を継続することは可能です)。

2018年から満額投資していた方であれば、800万円で非課税運用できる期間が6年間あったことになります。いずれにしても、早く始めたほうがやはり有利です。

 

変えられない・変えられる

 

あと、つみたてNISAは、1人1口座しか開設できないのですが、一度作ったら金融機関の変更ができないと勘違いされることもあるかもしれませんが、金融機関の変更は可能です。

変更しようとする年の9月末までに、金融機関で変更の手続きを完了する必要があります。
その年にすでに口座内で購入していたら、変更できるのは翌年からとなります。
変更は年単位ということですね。

逆に、特定口座等のように、「移管」できると勘違いされるかたもいるかもしれませんが、保有している金融商品を他の金融機関に変えることはできません。

これから購入するもののみを1年単位で変更することができます。

色々とややこしい部分もありますが、基本購入したら放置でいいので、銘柄選びさえ間違えなければ楽でいいのかもしれません。

 


【編集後記】
ポイントありきで決めることではないのでしょうが、つみたてNISAの金融機関を変更しようか思案中。
変えるならSBI証券で、と思っていたけど、マネックス証券も少し気になっています。

税金

年末調整で処理できない各控除について

お勤めの方であれば、年末調整でいくつかの書類を提出して還付を受けるという方も多いかと思います。 勤務時代は私も楽しみにしていた気がします。 自分が払いすぎた税金が戻ってくるだけなんですけどね。     年末調整時に生命保険控除など各種控除を追加することになりますが、定められているすべての控除を年末調整にて処理できるわけではありません。   目次1 年末調整で処理できない所得控除2 年末調整で処理できない税額控除3 まとめ   年末調整で処理できない所得控除 年末調整 ...

ReadMore

ライフ

Google Chrome ブックマークバーの表示・非表示の切り替え、開き方について

  ブラウザはGoogle Chromeを利用しています。 Google Chromeでブックマークに追加する方法はいくつかあります。   目次1 ブックマークバーへの追加方法2 ブックマークバーの表示・非表示3 ブックマークバーでの開き方   ブックマークバーへの追加方法   ショートカットキーを使うのであれば、 Ctrl + D もしくは、アドレスバー右側の☆をクリックすることでも追加できます。 私は追加する際、基本名前は削除して、ブックマークバーにファビコン( ...

ReadMore

ライフ

Kindleライブラリの整理あれこれ

Kindleを利用していると知らず知らず書籍が溜まっていきます。 ちなみに、私はKindle端末ではなく、iPhoneまたはiPadのアプリで読んでいます。 さっと読みたいときに、すぐたどり着きたいので、時折り整理するようにしています。 私が実施しているのは主に3パターンです。   目次1 絞り込み・並び替え2 端末から削除3 完全削除   絞り込み・並び替え ライブラリの上部の左・右にそれぞれ「絞り込み」、「表示・並び替え」のメニューがあります。 絞り込みで”既読、未読”など、並び替 ...

ReadMore

独立

住信SBIネット銀行 法人口座のメリット・デメリット

  法人を設立した際に、法人名義の銀行口座を用意しようと考え、楽天銀行の法人口座の申込みしましたが審査落ちしました。 その後、住信SBIネット銀行の法人口座の申込みを行い無事開設できたので、以後住信SBIネット銀行の口座を利用しています。 利用している中でいくつか不都合もあったので、別の銀行口座開設も考えたのですが、なんだかんだそのまま住信SBIネット銀行をメイン口座として利用しています。 1年ちょっと利用して感じているメリット・デメリットを書いてみます。     メリット ...

ReadMore

税金

給与所得者の必要経費

  個人事業をされている方であれば、 売上 ー 必要経費 = 利益 の式で、事業での所得(利益)を計算します。   給与所得の場合には、個人事業主のような必要経費はないように感じるかもしれませんが、必要経費と同じようなものはあります。 「給与所得控除」といいます。   式にすると、 給与(年収) ー 給与所得控除 = 給与所得 となります。   給与所得控除 給与所得控除の金額は、給与の金額によって変わります。 以前は、天井知らずに収入の5%ぐらいの金額があったので ...

ReadMore

税金

毎月の給与から差し引かれる所得税の計算方法

  毎月の給与明細をしっかり確認しているという方でも、額面金額と手取り金額に注目し、差し引かれている金額については細かく見ていないという方も意外と多いかもしれません。 私も税理士事務所に勤める前までは、給与明細すらほぼ確認せず、銀行に入金される金額しか見ていませんでした。 本日は毎月の給与から差し引かれる所得税の計算方法について確認してみようと思います。   給与から税金等を差し引き、個人にかわって納付等を行うことを源泉徴収制度といいます。 給与から差し引く所得税のことを、一般的に源泉 ...

ReadMore

独立

いつ独立しようと考えたかの問いをうけて改めて思ったこと

  先日、とある集まりでいつ独立しようと思ったのか?と会話の中で聞かれることがありました。 その時だけに限らず、これまで何度か尋ねられたことがあります。   独立を決めた明確な日付があるにはあるのですが、それについての詳細は今回割愛します。   それ以前、独立についての考えを思い起こすと、税理士試験を受け始めた頃、なんとなくいつかは独立もありかな?と考えていたと思うのですが、具体的に「いつ」と決めてはいなかったと記憶しております。 少し前に、独立するタイミングについて記事にし ...

ReadMore

独立

絞るために、いろいろ試してみる

  人によってそのニーズも様々です。 すべてに対応できればよいのでしょうが、できることできないこと、やったことがあることやったことがないこと、または、やりたいことやりたくないこと、色々あるのですべてに対応することはできません。 特にひとりでしごとをしていると、自ずと制限される部分はでてきます。 作業が伴うものであれば、量はこなせないでしょう。   そのようなことを考えていると、ついついできることを絞りたくなってしまいますが、そうすると可能性を潰してしまうこともあるかもしれません。 考え ...

ReadMore

  • この記事を書いた人

平川吉輝

税理士、AFP
1979年8月13日生、43歳。
長崎県長崎市在住。
2021年2月1日から日毎日更新中。

-投資・節約・お金