税理士試験 通信制大学院

税理士になるルートは複数、かける時間とお金のバランスについて

私はいわゆる大学院ルートで税理士資格を取得しました。
そういえば、6年前の3月3日は大学院の合格発表日でした。

私が受験したのは通信制の東亜大学大学院ですが、今年は試験も合格発表も2月中だったようですね。とある方から教えていただき知りました。
年によって日程は異なるのでしょうが、この時期の受験は税理士事務所に勤めている方だとなかなかハードですね。
受験された方はお疲れさまでした。

大学院受験を検討されていた方とお話する機会がありましたので、そのときに考えたことなど少し書いてみます。

 

 

税理士資格取得までのルート

税理士資格を取得するためのルートは主に4つです(細分化すると他にもあります)。

税理士試験(5科目)
大学院+税理士試験(3科目)
国税OB(+税理士試験)
弁護士や公認会計士

私が個人的に考えている「王道」は、やはり税理士試験5科目合格ではないでしょうか。

税理士試験の試験科目は、全部で11科目あります。
その中から、必須のもの、選択必須、選択科目あわせて5科目合格することが必要です。
会計2科目(簿記論、財務諸表論)は必須で、所得税法及び法人税法はどちらか1つの合格が必須となります。
会計2科目は、税理士試験の登竜門と捉えられることが多いので、なんとなく簡単だと思われがちですが、そんなことはないです(と感じています)。
私は簿記論で苦しんだタイプです(簿記は好きなんですけどね、、)。

個人的には、簡単な科目など1つも存在しないと感じているので、それを5個クリアした方は、単純にすごいと憧れてしまいますね。
私も受験を始めた当初は、そのルートを歩んでいくつもりでおりましたが、諸々検討した結果、ルートを変更することにしました。

 

どのルートがいいかは人による

前述の後半2つは、付随的なものであることが多いと思いますので、税理士試験を目指してのルート選択で迷うのは、税理士試験5科目と大学院ルートでしょう。
よく話題になるのもこの2つのルートに関することだと思います。

ときどき、大学院ルートに対してネガティブな意見を見聞きしますが、税理士資格取得で大学院を選択するのは逃げではありません。
別の記事でも書きましたが、どちらかというと私にとっては「攻め」でした。

大学院にいって思ってたのと違ったなと感じたこと

  大学院ルートで税理士資格を取得しました。 私がお世話になったのは東亜大学通信制大学院です。 当時、私が知る限り通信で唯一税法免除を狙える大学院だったと思います。 通信制ということもあって ...

続きを見る

 

税理士になるのが目的なので、どのルートを選んだっていいと思いますが、ルートが複数あるからこそ迷います。
結局のところ、どのルートがいいかは人によるでしょう。
働きながらか、専念かでも違いますし、仕事の状況や置かれている環境でも違います。
働きながら5科目合格している人もいますし、専念で大学院ルートを選ぶ人もいます。

 

時間とお金のバランス

試験自体を長く楽しみたいという方を除いては、いち早く税理士資格を取得することを目指すはずです。
なので、自分がかけられる「時間」と「お金」のバランスで考えることになろうかと思います。

ときには、置かれている環境自体を見直す必要があることもあるかもしれませんが、自分にとって最適だと考えるバランスでやるしかないと感じます。

私は選択できませんでしたが、個人的な見解として一番攻めてるなーと感じるのは、「専念して5科目受験」ですかね。
収入なしで生活費の負担まで賄う覚悟は私にはありませんでした。
十分な貯蓄があれば、選択肢としてはありだと思いますが、それも私にはありませんので。。

家族もいるので収入は維持したい、でも勉強時間の確保は難しい、できて1年1科目、取りこぼしがあると長期化必至、などなど検討した結果、多少?出費が増えますが大学院ルートを選択した次第です。

まあ結局は、自分が選んだルート、選択が正しいと思ってやり抜くしかないのです。

どの道一定の時間はかかる試験ですので。

記事にしておいてなんですが、他の人からの意見は参考程度にとどめて、自分にとって納得感のある選択をすれば良いのだと思います。

税理士になってからのルート選びが、より重要なのかもしれないと感じています。

 

 


【編集後記】
昨日は午後から面談1件。
起床時間の見直しを実施し、今のところ継続中です。
税理士試験の受験生時代には及びませんが、とりあえず4時台。
まだペースを掴めておりませんが、ちょっとずつ慣らしていきます。

 

税金ほか

不動産所得の事業的規模、業務的規模 規模による違いなど

  不動産所得はその貸付規模によって「事業的規模」か「業務的規模」に区分され、税務上の取り扱いがそれぞれ異なります。   その判定は「社会通念上事業と称するに至るかどうか」という基準で判定すべきとされています。 「社会通念上」。。   実際のところ「社会通念上」で判定するのは難しいことが多いので、実務的には形式的な基準で判定することがほとんどです。   形式基準は下記のとおり。 一戸建て 概ね5棟以上 貸間、賃貸住宅(アパート等) 独立した室数が概ね10室以上 いわ ...

ReadMore

投資・節約・お金 税金ほか

一般口座で売却した株式の取得価額について

    特定口座であれば、年間の取引報告書があるので、取得価額を調べたりする必要はありませんが、一般口座で売却した株式の場合、取得価額の確認は別の方法に拠る必要があります。   取引報告書 注文した際の発行される書面(電子交付の場合は、過去5年間確認できます。)   顧客勘定元帳 取引記録が記載された書類 過去10年間までを月単位で指定し発行することが可能です。   本人の手控え 日記帳、預金通帳等の本人の手控えから取得価額を確認することも検討できます。 ...

ReadMore

ライフ

どんな言葉を選ぶかは、やっぱり大事だなと思った話

  「どけてもらってよかですかっ!」と、とあるシーンでおっしゃってきた人がいました。   何が九州弁(長崎弁)か区別がつかないもので、正しい表現は難しいのですが、その時のニュアンスとしては、「早くどけろ」という感じだったように思います。   結果的には、その人の勘違いだったのですが、この時間からこの場所を予約してるんだから、早く場所を空けてくれ、ということのようでした。   とある役目により、私がその場所を予約していたのですが、何があるかわかりませんので、念の為、実 ...

ReadMore

医療機関等 税理士

療養担当規則について

  保険医療機関及び保険医は、一定の基準に基づいて保険診療を行うことになっており、その基準について定めたものが「保険医療機関及び保険医療養担当規則」です。 「療養担当規則」、「療担規則」とか「療担」と言われています。 3章構成全24条で定められています。   保健医療を行う際の約束事となるものですので、従事されている方はもちろん抑えておくべき規則ですが、お客様に医療機関がある場合には税理士も抑えたほうが良い内容がありますので、少し確認してみたいと思います。   経済上の利益の ...

ReadMore

医療機関等

医療法人における各種手続きについて

  医療法人は、決算時や役員に変更があった場合など、医療法に基づいて様々な届出を行う必要があります。   毎期必要な手続き 決算届(事業報告書等) 資産総額の変更登記 登記事項変更登記完了届出(資産総額の変更登記にかかるもの)   随時必要な手続き 役員変更届 役員に関する登記(理事長のみ) 登記事項変更登記完了届出(登記事項に変更があった場合) 定款変更認可申請 定款変更届 医療法人解散届   医療法人は都道府県知事の認可法人ですので、一般法人にはない各種届出があ ...

ReadMore

ライフ

1日乗り放題で100円「こどもぼうけんきっぷ」|JR九州

  今年もJR九州から小学生向けに、普通列車が100円で1日乗り放題となる「こどもぼうけんきっぷ」発売されています。   夏休みの思い出作りを応援する内容となっています。   1日乗り放題で100円はすごいですね。 利用期間:2024年7月20日(土)~2024年9月1日(日) 購入できる期間:2024年6月20日(木)~2024年8月31日(土)   注意点としては、 利用日の前日までに購入が必須 ※当日購入は不可 「JR九州インターネット列車予約」または駅の「指 ...

ReadMore

医療機関等

医療法人の業務範囲

  医療法人は一般法人と違って、定款に規定すればどのような事業でもできるというわけではありません。   医療法人の業務については医療法に規定されており、その業務範囲が限定されています。   収益事業が認められている医療法人もありますが、それ以外の多くの医療法人については、「本来業務」「附帯業務」「附随業務」の3つに限定されています。   それぞれ次のとおりとなっています。 本来業務医療提供行為そのものの業務(診療所、病院、介護老人保健施設など) 例)診察・治療・処置 ...

ReadMore

会計・経理

個人事業主の勘定科目 事業主貸(借)とは

    事業主貸(事業主借)とは 個人事業の経理、確定申告で、事業主貸(借)という勘定科目がでてきます。 じぎょうぬしかし(かり)と読むのですが、総称して事業主勘定といったり、店主貸(借)・店主勘定と呼ばれたりもします。 まあ、この辺りはあまり気にする必要はありませんし、呼びやすいものでいいかと思いますが、ここでは「事業主勘定」を使うことにします。 この「事業主勘定」ですが、どういったときに使う勘定科目かというと、ざっくりいえば必要経費にならない内容や事業以外の所得に係る内容について使 ...

ReadMore

  • この記事を書いた人

平川吉輝

税理士、AFP
1979年8月13日生、44歳。
長崎県長崎市在住。
2021年2月1日から日毎日更新中。

-税理士試験, 通信制大学院