税理士試験 通信制大学院

税理士になるルートは複数、かける時間とお金のバランスについて

私はいわゆる大学院ルートで税理士資格を取得しました。
そういえば、6年前の3月3日は大学院の合格発表日でした。

私が受験したのは通信制の東亜大学大学院ですが、今年は試験も合格発表も2月中だったようですね。とある方から教えていただき知りました。
年によって日程は異なるのでしょうが、この時期の受験は税理士事務所に勤めている方だとなかなかハードですね。
受験された方はお疲れさまでした。

大学院受験を検討されていた方とお話する機会がありましたので、そのときに考えたことなど少し書いてみます。

 

 

税理士資格取得までのルート

税理士資格を取得するためのルートは主に4つです(細分化すると他にもあります)。

税理士試験(5科目)
大学院+税理士試験(3科目)
国税OB(+税理士試験)
弁護士や公認会計士

私が個人的に考えている「王道」は、やはり税理士試験5科目合格ではないでしょうか。

税理士試験の試験科目は、全部で11科目あります。
その中から、必須のもの、選択必須、選択科目あわせて5科目合格することが必要です。
会計2科目(簿記論、財務諸表論)は必須で、所得税法及び法人税法はどちらか1つの合格が必須となります。
会計2科目は、税理士試験の登竜門と捉えられることが多いので、なんとなく簡単だと思われがちですが、そんなことはないです(と感じています)。
私は簿記論で苦しんだタイプです(簿記は好きなんですけどね、、)。

個人的には、簡単な科目など1つも存在しないと感じているので、それを5個クリアした方は、単純にすごいと憧れてしまいますね。
私も受験を始めた当初は、そのルートを歩んでいくつもりでおりましたが、諸々検討した結果、ルートを変更することにしました。

 

どのルートがいいかは人による

前述の後半2つは、付随的なものであることが多いと思いますので、税理士試験を目指してのルート選択で迷うのは、税理士試験5科目と大学院ルートでしょう。
よく話題になるのもこの2つのルートに関することだと思います。

ときどき、大学院ルートに対してネガティブな意見を見聞きしますが、税理士資格取得で大学院を選択するのは逃げではありません。
別の記事でも書きましたが、どちらかというと私にとっては「攻め」でした。

大学院にいって思ってたのと違ったなと感じたこと

  大学院ルートで税理士資格を取得しました。 私がお世話になったのは東亜大学通信制大学院です。 当時、私が知る限り通信で唯一税法免除を狙える大学院だったと思います。 通信制ということもあって ...

続きを見る

 

税理士になるのが目的なので、どのルートを選んだっていいと思いますが、ルートが複数あるからこそ迷います。
結局のところ、どのルートがいいかは人によるでしょう。
働きながらか、専念かでも違いますし、仕事の状況や置かれている環境でも違います。
働きながら5科目合格している人もいますし、専念で大学院ルートを選ぶ人もいます。

 

時間とお金のバランス

試験自体を長く楽しみたいという方を除いては、いち早く税理士資格を取得することを目指すはずです。
なので、自分がかけられる「時間」と「お金」のバランスで考えることになろうかと思います。

ときには、置かれている環境自体を見直す必要があることもあるかもしれませんが、自分にとって最適だと考えるバランスでやるしかないと感じます。

私は選択できませんでしたが、個人的な見解として一番攻めてるなーと感じるのは、「専念して5科目受験」ですかね。
収入なしで生活費の負担まで賄う覚悟は私にはありませんでした。
十分な貯蓄があれば、選択肢としてはありだと思いますが、それも私にはありませんので。。

家族もいるので収入は維持したい、でも勉強時間の確保は難しい、できて1年1科目、取りこぼしがあると長期化必至、などなど検討した結果、多少?出費が増えますが大学院ルートを選択した次第です。

まあ結局は、自分が選んだルート、選択が正しいと思ってやり抜くしかないのです。

どの道一定の時間はかかる試験ですので。

記事にしておいてなんですが、他の人からの意見は参考程度にとどめて、自分にとって納得感のある選択をすれば良いのだと思います。

税理士になってからのルート選びが、より重要なのかもしれないと感じています。

 

 


【編集後記】
昨日は午後から面談1件。
起床時間の見直しを実施し、今のところ継続中です。
税理士試験の受験生時代には及びませんが、とりあえず4時台。
まだペースを掴めておりませんが、ちょっとずつ慣らしていきます。

 

税金ほか

相続税申告のあれこれ

  相続税とは、亡くなられた親などから、お金や土地などの財産を受け継いだ(相続した)財産にかかる税金です。   すべての相続について申告が必要というわけではありませんが、一定の金額を上回ると相続税の申告(納付)が必要となります。 本日は相続税申告の概要について簡単に確認してみます。   相続税の申告納付期限 相続税の申告は、相続の開始があったことを知った日の翌日から10ヶ月以内に行うことになっています(期限の日が土日祝のときは、その翌日が期限とみなされます)。   ...

ReadMore

税金ほか

措置法26条 専従者給与の検討

  以前、措置法26条について記事にしました。   その記事でも少し触れましたが、適用事業者において、措置法が有利となった場合、専従者給与の支給について検討が必要となります。   有利不利の判定 ①(専従者給与×自費診療割合)×事業主本人の税率=事業主本人の節税額 ②(専従者給与ー専従者の所得控除)×専従者の税率=専従者負担税 ①>②なら、支給したほうが有利、①<②なら支給しないほうが有利となります。     支給するメリット 専従者給与の支給 ...

ReadMore

会計・経理

給与計算時の端数処理あれこれ

    給与計算をする際、労働時間や円未満の賃金額の端数が出たりしますが、それぞれ取扱いがどのようになるか確認してみたいと思います。   労働時間 給与計算では、まず労働時間を集計することになるのですが、労働時間は1分単位で集計することが大原則となっています。 1ヶ月における時間外労働、深夜労働、休日労働の各々の合計については、端数処理をすることが認められており、1時間未満の端数がある場合には、30分未満切り捨て、それ以上を1時間に切り上げても差し支えないとされています。 & ...

ReadMore

税金ほか

小規模企業共済は配偶者も加入できるか

  個人事業主の配偶者も小規模企業共済に加入できるか、お尋ねいただくこともあります。   小規模企業共済は一定の判断基準(業種や常時使用する従業員の数など)を満たしていないと加入できません。   個人事業主の配偶者も原則は加入することができないのですが、共同経営者の要件をすべて満たせば、「個人事業主の共同経営者」という立場で、小規模企業共済に加入することができます。   個人事業主の共同経営者の要件は次のとおり。 申込者が経営に携わっている事業を営む個人が、小規模事 ...

ReadMore

医療機関等 税金ほか

措置法26条 検討する際の注意点

    措置法26条とは 租税特別措置法(措置法)26条は、「医師優遇税制」とも呼ばれ、適用条件を満たしていれば、社会保険診療に係る実際の経費の額にかかわらず、一定の計算式により経費の金額を算出することが可能となります。事前の届出等は必要がなく、確定申告時に選択することができます。 医師又は歯科医業を営む個人である 年間の事業所得の総収入の合計額が7,000万円以下、かつ、社会保険診療報酬が5,000万円以下である 上記1、2に該当する事業者が適用事業者となります。   検討 ...

ReadMore

ライフ 効率化

SESAME タッチProの設定方法など

  スマートロックのセサミ3を利用しています。     今回SESAME タッチプロを導入することにしました。 アプリでの操作で事足りるかなと思っていましたが、弟が使っているのをみて便利そうだなと感じたもので。     設定も簡単です。 まず、カバーを開けて電池のところにあるフィルムを外します。     タッチプロを近くに置いた状態でセサミアプリの右上の「+」をタップし、「新規デバイス」を選択します。     これで ...

ReadMore

ライフ

Amazonプライム会員なら「business plime」も1ユーザーは無料

  事業者向けのAmazonビジネス。 個人向けのAmazonプライムのようにAmazonビジネスにも「Businessプライム」という限定特典のついたプランがあります。 以前は有料プランしかありませんでしたが、Amazonプライム会員であれば追加料金なしで利用できる「BusinessプライムDuo」が2023年より提供されています。   利用できるの1ユーザーのみで、上位プランの一部機能は利用できませんが、通常会員では送料がかかる「お急ぎ便・当日お急ぎ便」が無料となるので、それだけで ...

ReadMore

会計・経理 税金ほか

新設法人における事前確定届出給与に関する届出書の提出期限について

  事前確定届出給与とは、役員賞与など、法人の役員に所定の時期に確定額を支給する旨の定め(事前確定届出給与に関する定め)に基づいて支給する給与のことをいいます。   事前確定届出給与は、法定の提出期限までに所轄税務署長にその定めの内容に関する届出書を提出しなければならないことになっており、届出書の提出がなされず支給された事前確定届出給与は経費にならないこととされています。 この届出書の提出期限は、原則、次のうち1か2いずれか早い日と定められています。 株主総会等の決議によりその事前確定 ...

ReadMore

  • この記事を書いた人

平川吉輝

税理士、AFP
1979年8月13日生、44歳。
長崎県長崎市在住。
2021年2月1日から日毎日更新中。

-税理士試験, 通信制大学院