税理士試験 通信制大学院

大学院にいって思ってたのと違ったなと感じたこと

 

大学院ルートで税理士資格を取得しました。

私がお世話になったのは東亜大学通信制大学院です。

当時、私が知る限り通信で唯一税法免除を狙える大学院だったと思います。

通信制ということもあって全国各地から応募があり、いつも3倍強の倍率となっているようですね。

運良く合格することができ、入学することができたのですが、実際に大学院生活をスタートしてみると、なんか思ってたのと違ったなと感じることもありました。

少し振り返ってみたいと思います。

 

 

楽ではない

大学院ルートで税理士になることも楽ではないと、諸先輩からお聞きして理解はしていたのですが、とはいえ、大学院に合格した直後は、浮かれ気分で「やったぜ、これで2科目ゲット!」と軽く考えたりもして、、

ただ、思っていた以上に楽ではありませんでした。

1年目は税理士試験(簿記論)も残っておりましたので、講義とレポート、そして税理士試験の勉強、当然仕事もありましたので、なかなかハードでした。

ただ、楽ではなかったと感じたのはむしろ2年目からの修士論文の方です。
過ぎてみれば、レポートの方はまあなんとかなるなという印象です(大変だったんですけどね、、)。

1年時のレポートは土日でなんとか仕上げて対応できたのですが、さすがに論文となるとそうはいきませんでした。

進め方に問題があり、加えてプライベートでの事情もあったりで、遅れに遅れ(途中まったく進められず)、2年で修了できず、延長を余儀なくされました。

思っている以上に、大学院ルートも大変です。

ときどき、大学院ルートについてネガティブな意見を見聞きしますが、大学院選択は逃げでも守りでもありません。

どちらかというと、私にとっては「攻め」でした。
お金もたくさん払いましたしね。。

 

学びがある

あと、当然と言えば当然なのですが、税理士試験の免除を狙えるだけでなく、多くの学びがありました。

入学動機が税理士資格取得なので、その辺りは期待していたわけではなかったのですが、これまで学問として法律の勉強をした経験がなかったこともあり、大学院で学んだ法律の基本的な考え方などは、実務においても役立つものだと感じております。

また、論文作成においても、先生からの論文指導による学びもありますし、多くの参考文献や過去の判例にふれる機会もあったりと、知識として得るものもありました。

1年多くお世話になったので、その分得るものもあったと思います(と自分自身に言い聞かせています)。

 

繋がりができる

通信制であるため、先生とのやり取りは基本メールで行います。

先生や院生との直接の交流機会は年に2回の合同スクーリングとゼミごとで行われるスクーリングのみです。

また、色々な年代、状況も様々なので、必ずしも仲良くなれるわけではないと思います。
なので、あまり人との繋がりみたいなものを重視していたわけではありません。

もともと、自分から積極的に声をかけられるタイプではないので、期待はできなかったわけですが、何人の方から声をかけていただき、卒業後であっても繋がりを持つことができています。
予想外でした。

よくよく考えれば、交流機会がもともと少ないことがわかっているので、そのチャンスを逃さないという気持ちは少なからずあるかと思います。みなさん情報がほしいのは同じですから。
そう考えると、機会が少ないからこそ、繋がりができやすいのかもしれません。
同じ時期に同じ大学に入り、同じような苦楽をともにするわけですからね。

参考大学院ルートで税理士になってよかったと思うこと

いろいろとよかったと思うことはありますが、個人的にはこれが1位かもしれません。 あくまで私個人の感想です。     横のつながりができたこと 昨日、大学院の同じゼミの卒業生お二人と ...

続きを見る

こういう状況なので、頻繁にというわけには行きませんが、今後も定期的に交流できればなと思います。

 

取り巻く状況も違えば、向き不向きもありますので、誰にでもおすすめできませんが、税理士になるための1つの手段として、選択肢の1つとして、検討しても良いのではないでしょうか。

科目免除以外にも得られるものもあるかもしれません。

 

 

 


【編集後記】
昨日はタイヤ交換後の引取りへ。
ついでにもう1台のほうの半年点検の予約。
こまめなメンテナンスは大事ですね。

ライフ

目線を上げていこう

  バイクの免許を取得するときに、自動車学校の先生からも言われたりしました。 目線の方に体が動き、バイクもそっちに向いていくので、「目線を上げて」、「行きたいほうを見て」と。 スノーボードをはじめたころ、同様の感覚がありました。 怖いので、足元ばかりみてしまうのですが、それだとうまく滑れないのです。 行きたい方向を見て、そして目線も上げる必要があります。   これは自身の「気持ち」についても言えることかもしれません。   生活していると、 嫌なことや思い通りにならないこと、い ...

ReadMore

会計・経理

自賠責保険料の経理処理について

事業で使用している車の車検費用はもちろん経費処理できます。 その中で自賠責保険料の経理処理について、たまにご質問をいただくことがあります。 自賠責保険料は数年分(MAX3年)の前払いとなるものなので、「前払費用」で処理すべきか、というもの。 原則は1年を超える部分(翌期以降分)については、前払費用(又は長期前払費用)で処理すべきですが、実務的には、支出時に費用として処理することになります。 本日は自賠責保険料の経理処理について確認したいと思います。     前払費用とは   ...

ReadMore

税金ほか

売電収入と所得税について

太陽光発電による売電収入は申告必要?とお尋ねいただくこともあります。 売電収入に係る所得税の申告について、確認してみたいと思います。     売電収入による申告の要否   売電収入に限ったことではありませんが、一定の所得がある場合には確定申告を行う必要があります。 ただ、発電量が少ない住宅用のパネルであれば、申告不要となるケースも多いです。 年末調整のみで完結している会社員であれば、給与所得以外の所得が20万円を超えた場合に確定申告が必要となるので、売電収入による所得が少額の ...

ReadMore

ライフ

天気がよかったのでツーリング

  今日の長崎は天気もよくあたたかい1日でした。 ツーリング日和。 娘たちもお友だちと遊びに行くというので、これはとチャンスと思い夫婦でツーリングに行ってきましたよ。   今日はいつもの251ではなく、大村(三浦経由)ツーリング。   いつもの251と比較すると道中混み合うエリアがあるのですが、大村湾沿いのルートが心地よいので、夫婦ともにお気に入りのコースです。   そのルートを通れればいいので、特に目的地があるわけではありません。 なので、結局スタバをゴールにして ...

ReadMore

税金ほか

相続時精算課税の留意点について

    相続時精算課税の見直し   2023年の税制改正において、相続時精算課税に係る基礎控除が創設されました。 以前の記事でも少し触れましたが、2024年1月1日以後の贈与で取得した財産について、110万円の基礎控除が適用できるようになりました。     相続時精算課税の留意点   2024年以後は相続時精算課税の使い勝手がよくなる部分があることから、制度の利用が拡大することが予想されているようですが、相続時精算課税を検討する際には留意すべき点 ...

ReadMore

ライフ

専門用語、略語は多用しないようにする

  TPO、ケース・バイ・ケースだと思いますが、使わないようにしている言葉があります。 専門用語や略語などがその一例です(それ以外にも使わないと決めている言葉がいくつかあります)。   話す相手が専門家、同業の方などであれば、専門用語を使ったほうが内容を理解するのも早いでしょう。 略語についても、同業者であれば普段の会話と同じように使用することができるものと思います。 ただ、業界経験が長くなってしまうと、当初は難しく感じていたことであっても、知らないうちに当たり前のことに変わっていきま ...

ReadMore

税金ほか

小規模企業共済オンライン申請サービスについて

  小規模企業共済では、オンラインで各種変更申請が可能となっています。 マイナンバーカード、スマートフォンがあれば、場所・時間を選ばず各種届出手続き申請ができます。 オンライン申請が可能な手続きは以下のとおり。 掛金月額の変更 掛金引き落とし口座の変更 払込区分の変更 契約者情報の変更 掛金の一括納付 掛金控除証明書電子発行の申し込み       手続きは「小規模企業共済 届出手続きへ」を選択し、メールアドレスの登録からスタート。   次にパソコンとICカ ...

ReadMore

ライフ 長崎

歩こーで!(ながさき健康づくりアプリ)ダウンロード者限定抽選会(2024年2月)|長崎県

  以前記事にした「ながさき健康づくりアプリ」。     アプリのダウンロード者限定で、長崎県産品が当たる抽選会が開催されています。   応募期間:2024年2月29日(木)まで。 応募方法:500ポイントで1回応募可能(応募は1人何回でも可、当選は1人1回のみ)。 抽選結果:歩こーで!のお知らせで3月8日頃を目途に配信。     インストール後、特に「使っている」という意識はないのですが、勝手にポイントが貯まっています。   あまり意 ...

ReadMore

  • この記事を書いた人

平川吉輝

税理士、AFP
1979年8月13日生、44歳。
長崎県長崎市在住。
2021年2月1日から日毎日更新中。

-税理士試験, 通信制大学院