ライフ

MacのJISキーボードとUSキーボードの違いなど

はじめてのMacからUSキーボードを使用しています。

一般的には日本語入力がメインとなる場合、JIS配列のキーボードがよいと思いますが、いくつかの要素を踏まえて検討した結果、USキーボードにしようと決めて購入しました。

今回、これまで使用していたMac Book ProからMacBook Airへ買い替えを検討していたのですが、オンラインストアをチェックしていたところ、整備済製品がたくさん出ているタイミングがありましたので、それでいいなと思い、整備済製品を購入しようと決めました。

ただ、整備済製品はほぼJIS配列のものしかなく、USキーボードのものが出るのはかなり稀です。
ちなみに整備済製品でUSキーボードの場合は、カスタマイズにその旨書かれています。
何も記載がないものはJISキーボードということになりますね。

MacのJISキーボードは使ったことがないし、一度使ってみるのもいいかもなと思い、整備済製品のMacBook Airを購入することにしたのですが。。

届いてから、早速、設定などのために触ってみて、やはり、USキーボードのほうがよさそうだなと判断しました(あくまで個人の感想です)。

Macとは別にJIS配列のWindowsパソコンも触っているので、問題はないはずなのですが、なんとなく自分の中で、Macではこの「使用感」と気持ち的にも切り替えて使っていたせいか、何だかしっくりこないのです。

完全に好み次第になると思いますので、USキーボードが優れているというわけではありません。

おそらく、一般的にはJISキーボードを使うのがよいとは思います。

両方触ってみて(JISはちょこっとですが、、)、キー配列以外の違いもあるなと改めて感じる機会となりましたので、本日はそのあたりを少し確認してみたいと思います。

 

 

 

キー配置、レイアウトの違い

まず、JISキーボードとUSキーボードではキー配列が違います。

機種が違うので単純比較はできませんが、写真は左がMac Book Pro(USキーボード)、右がMacBook Air(JISキーボード)のものです。

 

簡単にいくつか列挙してみますと、

  • USキーボードは左右対称に近い配列となっている
  • USキーボードは見た目がシンプル
  • USキーボードには英数キー、かなキーがない
  • 記号(+、=、:など)の配置が違う
  • spaceキー、deleteキー、returnキーの大きさが違う
  • commandキーなどの修飾キーの配置が違う

など。

細かくあげるといろいろありますが、大まかこんな感じでしょうか。

 

機能面の違い

そして、このレイアウトの違い等からくる機能面の違い(効果?)もあります。
まず、USキーボードは真ん中にアルファベットがどぅんと刻印されているシンプルな見た目なので、単純にかっこいいです(と感じています)。これはただの気分の問題です。

 

また、キーの配置が左右対称に近い形に配列されているので、ホームポジションに指を構えた際、他のキーが打ちやすいです。

これは左右対称のキー配置だけではなく、大きいspaceキー・deleteキーと、returnキーの位置がそうしている部分もあります。

spaceキーが大きいので、ホームポジションに構えると親指がspaceキーにかかり、自然に押下することが可能です。

deleteキーもキー半個分大きいので、ホームポジションからそれほど指を離さずとも届きます。

returnキーはUSキーボードのほうが小さいのですが、ホームポジションに構えた際、小指からの距離はキー半個分くらい近いところにあります。

 

そして、記号(+など)の入力については、USキーボードのほうがしやすいです。
理由は、USキーボードの配置が論理的になされているからだと考えます。

例えば、「+」と「=」、「:」と「;」、「”」と「’」など対となるものを、shiftキーを押すことで打ち分けることができるので、覚えやすく打ちやすいです。

このような違いから、個人的にはUSキーボードだなと至りました。

 

どちらがいいかは好みによる

と、個人的に感じる違いなどを述べてきましたが、結局どちらがいいかは好みによると思います。結局は、、

慣れればどちらでも問題ないものと。

Apple製品は返品も割りと余裕をもって対応することが可能なので、使用感などが気になる方は一度試してみるのもいいかもしれません。

 

 


【編集後記】
昨日の午前中に出張(一泊)から戻ってきました。
現金を使う機会が減っているので、現金のみの駐車場対応がおろそかになります。。千円札が入ってないことに気づいておりませんで、、
ホテルの売店でPayPayではなく、現金使えばよかったと後悔しました。
以後気をつけます。

ライフ

Googleフォトの便利機能

Googleフォトを利用しています。 Googleのサービスなので、スマホやパソコンどのデバイスでも使えるので便利です。 以前のように無料で無制限の保存はできませんが、今のところ使い続けるつもりです。 便利な機能がいろいろありますが、いくつかピックアップしてみます。     自動バックアップ Googleフォトはアプリを利用することで(設定要)、スマホで撮った写真や動画を自動でバックアップすることができます。 ストレージにバックアップされているので、不要なデータは削除することも可能です ...

ReadMore

税金ほか

青色事業専従者給与について

「専従者」とは個人事業主と生計を一にしている配偶者や15歳以上の親族などで、その年を通じて6か月を超える期間従事している「家族従業員」のことです。   「青色事業専従者給与」とは、青色申告をしている個人事業主が「専従者」に支払った給与を必要経費にできる制度です(届出の提出要)。 原則として家族に支払うものは必要経費にならないので特例制度です。 青色申告の特典の1つですね。   その金額は届出した金額の範囲内、加えて労務の対価として妥当な金額である必要があります。   あくまで ...

ReadMore

医療機関等

有料老人ホーム等の食事、1食あたりの基準変更

  特定の施設で提供される食事において、一定のものについては消費税の軽減税率が適用されています。   この軽減税率が適用される食事代の基準が2024年6月1日から変わります。   今回の基準変更は、「入院時食事療養費に係る食事療養及び入院時生活療養費に係る生活療養の費用の額の算定に関する基準」の改正に伴うものです。   6月1日より、1食につき640円から670円に変更となり、30円の引き上げとなります。   6月1日以降は、1食につき670円、1日の累計 ...

ReadMore

ライフ

娘の運動会2024

  長崎市内の小学校は今日と来週で運動会が行われるところが多いようです。   娘の小学校は今日が運動会でした。   ちょっと前の予報では雨マークもありましたが、打って変わって雲一つない青空、天気に恵まれ運動会日和でしたね。   昨年に引き続き祖父母も来ることができました。 祖父母はコロナで3年間来ることができず、娘たちの小学校の運動会をみるのは去年がはじめてだったわけですが、今年は家族にとっては別の対応が必要な状況で、これまでと違う準備・段取りを要するものでした。 ...

ReadMore

税金ほか

「auPAY」での地方税納付方法

  先日、auPAYで固定資産税を払ってみました。   2023年からeL‐QR(エルキューアール)を活用した地方税の統一納付が開始されており、キャッシュレス納付が利用しやすくなっています。   今回はauPAYでの納付の手順について確認してみます。   地方税お支払サイトに「eL‐QR」を読み取りができますが、そこからではなくauPAYアプリの「請求書支払い」を選択します。     「QRコード(バーコード)を読み取る」をタップ。   ...

ReadMore

税金ほか

地方税の納付 マリオットアメックスプレミアムの年間利用額特典目的ならauPAYがオススメ

  固定資産税、自動車税などの地方税は、それぞれマイホームや自動車を所有していれば納めないといけない税金なので、個人事業主でなくてもお勤めの方も馴染があると思います。   国税と地方税では、納付方法に少し違いがあるにせよ、どちらもキャッシュレス納付が利用できるようになっています。   地方税のキャッシュレス納付もいくつか選択肢がありますが、マリオットアメックスプレミアムを利用していて年間利用額特典を狙う人であれば、「auPAY」がオススメです。   クレジットカード ...

ReadMore

ライフ

家族で楽しむゲームを買ってみた②

  何かのテレビでSwitchのゲームが紹介されていて、これは娘たちと楽しめそうだなと思い買ってみました。 以前一度記事にしましたが、そのときもう1つ買っていました。   数年前に販売開始されたゲームのようですが、私はその番組ではじめて知りました。   「スイカゲーム」   同じ種類のフルーツを合わせて「シンカ」させ、スイカを作りながら高得点をめざすゲームとなっています。   BGMが眠くなるという声もあるようですが、とても平和なゲームです。   ...

ReadMore

税金ほか

税金の納付書は作成していない

  以前記事にもしましたが、2024年5月以降、プレプリント納付書の送付について見直しされ、法人については、基本的に書面での申告をされている方以外についてはプレプリントされた納付書が送付されないことになります。   個人についても、同じような感じで、納付書を使用しない納付方法を選択している場合には、送付されないことになるようですね(税目により異なります)。   事務手続き、コスト削減等を考えれば当然の流れなのだろうなと感じます。   個人的には納付書での納付について ...

ReadMore

  • この記事を書いた人

平川吉輝

税理士、AFP
1979年8月13日生、44歳。
長崎県長崎市在住。
2021年2月1日から日毎日更新中。

-ライフ