ライフ

MacのJISキーボードとUSキーボードの違いなど

はじめてのMacからUSキーボードを使用しています。

一般的には日本語入力がメインとなる場合、JIS配列のキーボードがよいと思いますが、いくつかの要素を踏まえて検討した結果、USキーボードにしようと決めて購入しました。

今回、これまで使用していたMac Book ProからMacBook Airへ買い替えを検討していたのですが、オンラインストアをチェックしていたところ、整備済製品がたくさん出ているタイミングがありましたので、それでいいなと思い、整備済製品を購入しようと決めました。

ただ、整備済製品はほぼJIS配列のものしかなく、USキーボードのものが出るのはかなり稀です。
ちなみに整備済製品でUSキーボードの場合は、カスタマイズにその旨書かれています。
何も記載がないものはJISキーボードということになりますね。

MacのJISキーボードは使ったことがないし、一度使ってみるのもいいかもなと思い、整備済製品のMacBook Airを購入することにしたのですが。。

届いてから、早速、設定などのために触ってみて、やはり、USキーボードのほうがよさそうだなと判断しました(あくまで個人の感想です)。

Macとは別にJIS配列のWindowsパソコンも触っているので、問題はないはずなのですが、なんとなく自分の中で、Macではこの「使用感」と気持ち的にも切り替えて使っていたせいか、何だかしっくりこないのです。

完全に好み次第になると思いますので、USキーボードが優れているというわけではありません。

おそらく、一般的にはJISキーボードを使うのがよいとは思います。

両方触ってみて(JISはちょこっとですが、、)、キー配列以外の違いもあるなと改めて感じる機会となりましたので、本日はそのあたりを少し確認してみたいと思います。

 

 

キー配置、レイアウトの違い

まず、JISキーボードとUSキーボードではキー配列が違います。

機種が違うので単純比較はできませんが、写真は左がMac Book Pro(USキーボード)、右がMacBook Air(JISキーボード)のものです。

 

簡単にいくつか列挙してみますと、

  • USキーボードは左右対称に近い配列となっている
  • USキーボードは見た目がシンプル
  • USキーボードには英数キー、かなキーがない
  • 記号(+、=、:など)の配置が違う
  • spaceキー、deleteキー、returnキーの大きさが違う
  • commandキーなどの修飾キーの配置が違う

など。

細かくあげるといろいろありますが、大まかこんな感じでしょうか。

 

機能面の違い

そして、このレイアウトの違い等からくる機能面の違い(効果?)もあります。
まず、USキーボードは真ん中にアルファベットがどぅんと刻印されているシンプルな見た目なので、単純にかっこいいです(と感じています)。これはただの気分の問題です。

 

また、キーの配置が左右対称に近い形に配列されているので、ホームポジションに指を構えた際、他のキーが打ちやすいです。

これは左右対称のキー配置だけではなく、大きいspaceキー・deleteキーと、returnキーの位置がそうしている部分もあります。

spaceキーが大きいので、ホームポジションに構えると親指がspaceキーにかかり、自然に押下することが可能です。

deleteキーもキー半個分大きいので、ホームポジションからそれほど指を離さずとも届きます。

returnキーはUSキーボードのほうが小さいのですが、ホームポジションに構えた際、小指からの距離はキー半個分くらい近いところにあります。

 

そして、記号(+など)の入力については、USキーボードのほうがしやすいです。
理由は、USキーボードの配置が論理的になされているからだと考えます。

例えば、「+」と「=」、「:」と「;」、「”」と「’」など対となるものを、shiftキーを押すことで打ち分けることができるので、覚えやすく打ちやすいです。

このような違いから、個人的にはUSキーボードだなと至りました。

 

どちらがいいかは好みによる

と、個人的に感じる違いなどを述べてきましたが、結局どちらがいいかは好みによると思います。結局は、、

慣れればどちらでも問題ないものと。

Apple製品は返品も割りと余裕をもって対応することが可能なので、使用感などが気になる方は一度試してみるのもいいかもしれません。

 

 


【編集後記】
昨日の午前中に出張(一泊)から戻ってきました。
現金を使う機会が減っているので、現金のみの駐車場対応がおろそかになります。。千円札が入ってないことに気づいておりませんで、、
ホテルの売店でPayPayではなく、現金使えばよかったと後悔しました。
以後気をつけます。

効率化

Google日本語入力の変換候補を個別に削除する方法

  Google日本語入力を利用しています。 利用していくうちに変換履歴が蓄積され、自分にあった変換候補が提示されるようになります。 入力もラクになるので便利です。 ただ、変換間違い等があった際、その履歴も蓄積され、それが邪魔になることもあります。   変換候補を削除(非表示)する方法はいくつかありますが、今回のように邪魔に感じているものだけを削除する場合には、不要となる変換候補を個別に削除する方法がおすすめです。 1個ずつの削除となるので、手間ですが確実です。 方法も簡単です。 &n ...

ReadMore

投資・節約・お金 税金

スマホアプリ納付でのポイント付与について

  2022年12月からスマホアプリで国税の納付ができるようになっています。 利用できるスマホアプリはこちら。 PayPay d 払い au Pay LINE Pay メルペイ Amazon Pay   主な特徴は次のとおり。 事前の手続き不要 一度の納付での利用上限金額は30万円(利用するアプリの設定によって、利用可能金額が制限される場合あり) 領収書は発行されない 決済手数料不要 など。   以前記事にもしています。     上記のとおり、スマホアプリ ...

ReadMore

ライフ 長崎

長崎県公式アプリ「ながさき健康づくりアプリ」について

2023年2月1日に長崎県公式アプリ「ながさき健康づくりアプリ」がリリースされています。 ウォーキング等の日々の習慣でポイントが獲得でき、地域のお店でのサービスや県産品等の抽選会に参加できるようですね。 早速インストールしてみました。               ホーム画面には、歩数や消費カロリー、獲得ポイント等が表示されています。 ポイントプログラムはいくつかあるようですが、例えば歩数については1日あたり最大20ポイント(歩数によって ...

ReadMore

長崎

第18回 長崎検定を受験してきました

本日10時から第18回長崎歴史文化観光検定(通称長崎検定)を受験してきました。 昨年はエントリーはしたものの、受験を見送ることにしましたので2年ぶりの受験です。 結局、直前の1日ちょっとで対策を図ることになり、準備不足感は否めませんでしたが、とりあえずステージには立つことができてよかったです。 前回の受験の時と同様、受験会場が2つに別れていましたが、今回は小さい方の会場でした。   掲示されていた案内を見る限り、別会場に110人、私が受験した会場には50人ほど、計160人ほどが受験予定だったと思 ...

ReadMore

長崎

長崎ランタンフェスティバルに行ってきました

長崎市において3年ぶりに開催されている「長崎ランタンフェスティバル」に家族で行ってきました。 開催期間が2023年2月5日までとなっており、家族と日程調整した結果本日行くことになりました。 娘たちは初めて行くので、数日前から楽しみにしていたようです。   本来はもう少し暗くなってから行く方が綺麗だと思うのですが、下の娘の体力や混み具合などを考慮し、ちょっと早めの時間帯(薄暗くなるぐらい)を目掛けて向かうことにしました(どの写真もiPhoneの機能のせいか、実際より明るく見えますね。)。 &nbs ...

ReadMore

長崎

今年は長崎検定受験します

  2023年2月5日に第18回長崎歴史文化観光検定(通称長崎検定)が開催されます。   第16回は準備不足で撃沈し、、     第17回はエントリーはするも諸事情のため受験を見送ることになり、、、     今回3度目のトライです(受験自体は2回目)。     今度こそ!準備万端で臨む予定でいたのですが、蓋を開けてみると、今日今からの時間と明日で対応する形となりました。。 試験勉強のスケジューリングがうまくいかず、不甲斐ないば ...

ReadMore

長崎

e-ながさきどっとこむ「長崎応援・送料無料キャンペーン」開催中

  以前、何度か記事にしたことがありますが、長崎県産品・特産品総合情報・販売サイト「e-ながさきどっとこむ」で、送料無料キャンペーンが開催されています。   過去、別の送料無料キャンペーンも開催されていましたが、少し内容は異なります。 「長崎応援・送料無料キャンペーン」 購入金額5,000円以上(お届け先・メーカー・温度帯ごと)で、全国送料無料 実施期間 2023年2月1日(水)~3月31日(金)23:59まで   北海道、沖縄、離島でも送料無料とのこと。 同じ出荷メーカー、 ...

ReadMore

税金

外国税額控除について(法人)

  目次1 外国税額控除とは2 必要となる別表3 外国税額控除の計算方法   外国税額控除とは 日本国内の法人が、国外で得た所得についても、原則日本で課税されますが、あわせて外国においても課税されるのが一般的です。 そうなると、日本国内と外国で重複して課税されることになりますが、この二重課税を取り除くために設けられた制度が、外国税額控除です。 所得税にも同様の制度があります。   必要となる別表 外国ってついてるし、なんだか難しく感じたりしますが、必要となる別表等は意外とシン ...

ReadMore

  • この記事を書いた人

平川吉輝

税理士、AFP
1979年8月13日生、43歳。
長崎県長崎市在住。
2021年2月1日から日毎日更新中。

-ライフ