通信制大学院

大学院での2科目免除、2年で2科目について思うこと

本日、日本税理士会連合会より税理士登録通知のハガキが届きました。

ようやく、税理士になったという実感を少し感じることができております。

私は大学院ルートでの税理士資格を目指し、実際に税理士になることができたのですが、大学院での免除について思うことを記事にしたいと思います。

 

大学院ルートを選んでよかったか

率直に、良かったと思います。

メリット・デメリットいろいろあるとは思いますが、トータルでよかったと感じております。

一番のデメリットとして感じることは、最低限の費用と時間が確実に発生するということです。

時間については、科目合格を目指してもそれなりにかかることなので、大学院だけのデメリットではないと思いますが、最低必要な時間(2年間)が確実に発生します。それに加えて、授業料等の学費は大抵の場合、税理士試験のための学校の費用より多くなることがほとんどです。

税理士試験は長期化することがほとんどですので、一律に比較することはできませんが、仮に同じ年数で税理士になるとした場合、大学院ルートの方が費用は多くなると思います。

 

ただ、修士論文を書きあげることさえできれば、確実性は大学院での免除の方が高いと思います。

私は、自分の現状を分析した結果、費用が多少かかったとしても、より短期間で確実に税理士になることが可能であると感じた大学院ルートを選びました。
すべて予定通りとはいきませんでしたが、想定していた期限の範囲内で税理士になることができましたので良しとしています。

 

2年で2科目について思うこと

大学院2年で2科目免除というのは、ストレートに行けばまさにそのとおりだと思いますが、今思うことはいくつかの誤解があったということです。

 

まず、2年で修了できるかわからないということ。

私もそうだったのですが、現在留年率はそれなりに高まっているように感じます。あくまで私がお世話になった大学の話ですが、2年で終了できる人は、60%~70%のあいだぐらいかもしれません。

 

次に、免除の対価が修士論文だと考える場合、実質の作業時間は約1年ということ。

大学院は2年間ですが、私の場合、1年目は講義やレポートがメインで論文作成についての時間はほぼありませんでした。

テーマ選定や論文構成を考える時間はありましたが、執筆については2年目からといった状況でした。

今考えると、1年目の過ごし方を間違っていたのだと思いますが、2年で2科目ではないように感じます。
(あくまで、私の場合であって1年目から論文を意識して過ごしている方にとってはこの限りではありません)。

 

最後に、仮に大学院を2年で終了したとしても、免除決定通知がくるまでの時間を含めると、早くて3か月、遅い場合は1年近くかかる場合もあります。

私も免除決定通知が届いたのは約8ヶ月後の12月に入ってからでした。。

 

まとめ

ちなみに、登録までを考えると、その後の在職証明や税理士会への手続き等でも数ヶ月かかります。

これは大学院ルートに限ったことではありませんが、この辺りの時間を含めると、2年というか3年と考えたほうがいいような気もします。。

 

 


 

投資・節約・お金

マイナポータル ねんきんネットと連携

  以前ねんきんネットについて記事にしました。 ねんきんネットで出来ること|長崎の税理士 平川吉輝のblog   ねんきんネットでは年金記録や将来の年金見込額など確認することができます。 私はユーザIDを取得して登録しましたが、マイナポータルから登録することも可能です。 マイナポータルから登録する場合は、ユーザIDを取得する必要はありません。 IDを取得している場合でも、マイナポータルと連携することでマイナポータル経由でねんきんネットを利用することができます。   手続きも簡 ...

ReadMore

投資・節約・お金

三井住友カード Vpassアプリのスタンプカードの対象とならないもの

  三井住友カードを利用している方であれば、Vpassアプリも利用している方も多いかと思います。 以前、Vpassアプリの「利用通知スタンプカード」について記事にしました。 三井住友カード Vpassアプリのスタンプカードについて|長崎の税理士 平川吉輝のblog   カードの利用通知サービスを設定し、500円以上の決済のたびにスタンプが1つ付き、それが20個貯まるといずれかひとつ抽選でプレゼントが当たるというサービスです。 ハズレはありません。 例えば、2022年7月の特典はこちら。 ...

ReadMore

ライフ

サンクコスト効果に惑わされないようにしたい

  サンクコスト効果とは、すでに発生していて取り消すことができないコスト等に気を取られ、合理的な判断ができなくなる心理傾向のことを指します。 埋没費用効果とかコンコルド効果(コンコルドの誤謬)ともいいます。 継続することがさらなる損失拡大をもたらすことになっても、それまでに費やした費用や労力がもったいないと感じて、ついつい続けてしまう状態です。 誰しも1度は経験があるかもしれませんね。   取り巻く状況も変化していきますから、以前の状態であれば意味があることも、今の自分にとっては効果が ...

ReadMore

ライフ

BBQ初心者向け 火起こしアイテム

  頻繁にというわけではないですが、自宅の庭でBBQをすることもあります。 家族でお出かけするのも減ったこともあり、以前よりその機会は増えたように思います。 とはいえ、そこまで慣れているというわけではありませんので、火起こしに苦労することもありました。 火がつかないとスタートできないので、そうもたつくわけにはいきません。   なので、便利なアイテムに頼るようにしています。 現在火起こしの際に利用しているのはこちらです。   いくつかの着火剤を試してみましたが、なんとなく今はこ ...

ReadMore

投資・節約・お金

マイナポイント第2弾 子供の公金受取口座について

    第1弾の申請で娘分についても手続きしておりました。 未成年の子供については、自分で手続きするのは難しいことから、15歳以下の子供については親(法定代理人)が代理で申請可能です。 その際、決済サービスは親名義のものを指定することができます(親自身のものとは別のサービスを選ぶ必要があります)。   第2弾の公金受取口座の登録の場合はどうかというと、親名義の口座を登録することはできません。 よくあるご質問コーナーにも記載がありますが、公金受取口座は本人名義の口座を登録するこ ...

ReadMore

投資・節約・お金

マイナポイント第2弾 受け付け開始

  2022年6月30日からマイナポイント第2弾の受け取り申請の受付が開始されました。 マイナンバーカードを健康保険証として登録すると7,500円相当、公金受け取り口座情報を登録した場合に7,500円相当のポイントがそれぞれ付与されます(マイナンバーカードを新たに取得する場合はプラス最大5,000円、計20,000円相当)。 早速手続きしてみることにしました。 私はマイナポイントアプリから申込みしてみました。   開始当日だからか、アクセスが集中しているようで少し待ち時間がありました。 ...

ReadMore

長崎

第2弾 ふるさとで"心呼吸"の旅キャンペーン【2022年7月14日まで期間延長】

    「第2弾 ふるさとで"心呼吸"の旅キャンペーン」の利用期間が2022年7月14日(木)まで延長となりました。 対象者は期間延長前と同様です(長崎県、福岡県、佐賀県、熊本県、大分県、宮崎県、鹿児島県在住者)。   県内市町のキャンペーンは3市(佐世保市、平戸市、五島市)あるようです。 第2弾 佐世保市内でゆったり宿泊キャンペーン|佐世保市 R4年度 平戸市 特別宿泊割キャンペーン|平戸市 平戸満喫ドライブキャンペーン|平戸市 "今だ!!五島へ行こう!!"旅キャンペーン| ...

ReadMore

税理士試験

小幅な伸びでいい、続けることが大事

  税理士試験まであと1ヶ月ちょっとですね。 受験生の方には、残り期間なんとか踏ん張ってもらいたいです。   私も受験生時代を思い出すと、直前期に入った頃でも、なんでこんな簡単なところ間違うの?とか、似たようなところでつまづいたりすることもありました。 毎日やっているのに、成長どころか後退してない?と思う年もあったような。。   ただ、それでもコツコツやり続けていると、ある時点でぐんと伸びるような感覚を持つときもありました(全然ないときもありましたが)。 税理士試験に限ったこ ...

ReadMore

  • この記事を書いた人

平川吉輝

税理士、AFP
1979年8月13日生、42歳。
長崎県長崎市在住。
2021年2月1日から日毎日更新中。

-通信制大学院