通信制大学院

大学院での2科目免除、2年で2科目について思うこと

本日、日本税理士会連合会より税理士登録通知のハガキが届きました。

ようやく、税理士になったという実感を少し感じることができております。

私は大学院ルートでの税理士資格を目指し、実際に税理士になることができたのですが、大学院での免除について思うことを記事にしたいと思います。

 

大学院ルートを選んでよかったか

率直に、良かったと思います。

メリット・デメリットいろいろあるとは思いますが、トータルでよかったと感じております。

一番のデメリットとして感じることは、最低限の費用と時間が確実に発生するということです。

時間については、科目合格を目指してもそれなりにかかることなので、大学院だけのデメリットではないと思いますが、最低必要な時間(2年間)が確実に発生します。それに加えて、授業料等の学費は大抵の場合、税理士試験のための学校の費用より多くなることがほとんどです。

税理士試験は長期化することがほとんどですので、一律に比較することはできませんが、仮に同じ年数で税理士になるとした場合、大学院ルートの方が費用は多くなると思います。

 

ただ、修士論文を書きあげることさえできれば、確実性は大学院での免除の方が高いと思います。

私は、自分の現状を分析した結果、費用が多少かかったとしても、より短期間で確実に税理士になることが可能であると感じた大学院ルートを選びました。
すべて予定通りとはいきませんでしたが、想定していた期限の範囲内で税理士になることができましたので良しとしています。

 

2年で2科目について思うこと

大学院2年で2科目免除というのは、ストレートに行けばまさにそのとおりだと思いますが、今思うことはいくつかの誤解があったということです。

 

まず、2年で修了できるかわからないということ。

私もそうだったのですが、現在留年率はそれなりに高まっているように感じます。あくまで私がお世話になった大学の話ですが、2年で終了できる人は、60%~70%のあいだぐらいかもしれません。

 

次に、免除の対価が修士論文だと考える場合、実質の作業時間は約1年ということ。

大学院は2年間ですが、私の場合、1年目は講義やレポートがメインで論文作成についての時間はほぼありませんでした。

テーマ選定や論文構成を考える時間はありましたが、執筆については2年目からといった状況でした。

今考えると、1年目の過ごし方を間違っていたのだと思いますが、2年で2科目ではないように感じます。
(あくまで、私の場合であって1年目から論文を意識して過ごしている方にとってはこの限りではありません)。

 

最後に、仮に大学院を2年で終了したとしても、免除決定通知がくるまでの時間を含めると、早くて3か月、遅い場合は1年近くかかる場合もあります。

私も免除決定通知が届いたのは約8ヶ月後の12月に入ってからでした。。

 

まとめ

ちなみに、登録までを考えると、その後の在職証明や税理士会への手続き等でも数ヶ月かかります。

これは大学院ルートに限ったことではありませんが、この辺りの時間を含めると、2年というか3年と考えたほうがいいような気もします。。

 

 


 

ライフ

Googleフォトの便利機能

Googleフォトを利用しています。 Googleのサービスなので、スマホやパソコンどのデバイスでも使えるので便利です。 以前のように無料で無制限の保存はできませんが、今のところ使い続けるつもりです。 便利な機能がいろいろありますが、いくつかピックアップしてみます。     自動バックアップ Googleフォトはアプリを利用することで(設定要)、スマホで撮った写真や動画を自動でバックアップすることができます。 ストレージにバックアップされているので、不要なデータは削除することも可能です ...

ReadMore

税金ほか

青色事業専従者給与について

「専従者」とは個人事業主と生計を一にしている配偶者や15歳以上の親族などで、その年を通じて6か月を超える期間従事している「家族従業員」のことです。   「青色事業専従者給与」とは、青色申告をしている個人事業主が「専従者」に支払った給与を必要経費にできる制度です(届出の提出要)。 原則として家族に支払うものは必要経費にならないので特例制度です。 青色申告の特典の1つですね。   その金額は届出した金額の範囲内、加えて労務の対価として妥当な金額である必要があります。   あくまで ...

ReadMore

医療機関等

有料老人ホーム等の食事、1食あたりの基準変更

  特定の施設で提供される食事において、一定のものについては消費税の軽減税率が適用されています。   この軽減税率が適用される食事代の基準が2024年6月1日から変わります。   今回の基準変更は、「入院時食事療養費に係る食事療養及び入院時生活療養費に係る生活療養の費用の額の算定に関する基準」の改正に伴うものです。   6月1日より、1食につき640円から670円に変更となり、30円の引き上げとなります。   6月1日以降は、1食につき670円、1日の累計 ...

ReadMore

ライフ

娘の運動会2024

  長崎市内の小学校は今日と来週で運動会が行われるところが多いようです。   娘の小学校は今日が運動会でした。   ちょっと前の予報では雨マークもありましたが、打って変わって雲一つない青空、天気に恵まれ運動会日和でしたね。   昨年に引き続き祖父母も来ることができました。 祖父母はコロナで3年間来ることができず、娘たちの小学校の運動会をみるのは去年がはじめてだったわけですが、今年は家族にとっては別の対応が必要な状況で、これまでと違う準備・段取りを要するものでした。 ...

ReadMore

税金ほか

「auPAY」での地方税納付方法

  先日、auPAYで固定資産税を払ってみました。   2023年からeL‐QR(エルキューアール)を活用した地方税の統一納付が開始されており、キャッシュレス納付が利用しやすくなっています。   今回はauPAYでの納付の手順について確認してみます。   地方税お支払サイトに「eL‐QR」を読み取りができますが、そこからではなくauPAYアプリの「請求書支払い」を選択します。     「QRコード(バーコード)を読み取る」をタップ。   ...

ReadMore

税金ほか

地方税の納付 マリオットアメックスプレミアムの年間利用額特典目的ならauPAYがオススメ

  固定資産税、自動車税などの地方税は、それぞれマイホームや自動車を所有していれば納めないといけない税金なので、個人事業主でなくてもお勤めの方も馴染があると思います。   国税と地方税では、納付方法に少し違いがあるにせよ、どちらもキャッシュレス納付が利用できるようになっています。   地方税のキャッシュレス納付もいくつか選択肢がありますが、マリオットアメックスプレミアムを利用していて年間利用額特典を狙う人であれば、「auPAY」がオススメです。   クレジットカード ...

ReadMore

ライフ

家族で楽しむゲームを買ってみた②

  何かのテレビでSwitchのゲームが紹介されていて、これは娘たちと楽しめそうだなと思い買ってみました。 以前一度記事にしましたが、そのときもう1つ買っていました。   数年前に販売開始されたゲームのようですが、私はその番組ではじめて知りました。   「スイカゲーム」   同じ種類のフルーツを合わせて「シンカ」させ、スイカを作りながら高得点をめざすゲームとなっています。   BGMが眠くなるという声もあるようですが、とても平和なゲームです。   ...

ReadMore

税金ほか

税金の納付書は作成していない

  以前記事にもしましたが、2024年5月以降、プレプリント納付書の送付について見直しされ、法人については、基本的に書面での申告をされている方以外についてはプレプリントされた納付書が送付されないことになります。   個人についても、同じような感じで、納付書を使用しない納付方法を選択している場合には、送付されないことになるようですね(税目により異なります)。   事務手続き、コスト削減等を考えれば当然の流れなのだろうなと感じます。   個人的には納付書での納付について ...

ReadMore

  • この記事を書いた人

平川吉輝

税理士、AFP
1979年8月13日生、44歳。
長崎県長崎市在住。
2021年2月1日から日毎日更新中。

-通信制大学院