通信制大学院

大学院での2科目免除、2年で2科目について思うこと

本日、日本税理士会連合会より税理士登録通知のハガキが届きました。

ようやく、税理士になったという実感を少し感じることができております。

私は大学院ルートでの税理士資格を目指し、実際に税理士になることができたのですが、大学院での免除について思うことを記事にしたいと思います。

 

大学院ルートを選んでよかったか

率直に、良かったと思います。

メリット・デメリットいろいろあるとは思いますが、トータルでよかったと感じております。

一番のデメリットとして感じることは、最低限の費用と時間が確実に発生するということです。

時間については、科目合格を目指してもそれなりにかかることなので、大学院だけのデメリットではないと思いますが、最低必要な時間(2年間)が確実に発生します。それに加えて、授業料等の学費は大抵の場合、税理士試験のための学校の費用より多くなることがほとんどです。

税理士試験は長期化することがほとんどですので、一律に比較することはできませんが、仮に同じ年数で税理士になるとした場合、大学院ルートの方が費用は多くなると思います。

 

ただ、修士論文を書きあげることさえできれば、確実性は大学院での免除の方が高いと思います。

私は、自分の現状を分析した結果、費用が多少かかったとしても、より短期間で確実に税理士になることが可能であると感じた大学院ルートを選びました。
すべて予定通りとはいきませんでしたが、想定していた期限の範囲内で税理士になることができましたので良しとしています。

 

2年で2科目について思うこと

大学院2年で2科目免除というのは、ストレートに行けばまさにそのとおりだと思いますが、今思うことはいくつかの誤解があったということです。

 

まず、2年で修了できるかわからないということ。

私もそうだったのですが、現在留年率はそれなりに高まっているように感じます。あくまで私がお世話になった大学の話ですが、2年で終了できる人は、60%~70%のあいだぐらいかもしれません。

 

次に、免除の対価が修士論文だと考える場合、実質の作業時間は約1年ということ。

大学院は2年間ですが、私の場合、1年目は講義やレポートがメインで論文作成についての時間はほぼありませんでした。

テーマ選定や論文構成を考える時間はありましたが、執筆については2年目からといった状況でした。

今考えると、1年目の過ごし方を間違っていたのだと思いますが、2年で2科目ではないように感じます。
(あくまで、私の場合であって1年目から論文を意識して過ごしている方にとってはこの限りではありません)。

 

最後に、仮に大学院を2年で終了したとしても、免除決定通知がくるまでの時間を含めると、早くて3か月、遅い場合は1年近くかかる場合もあります。

私も免除決定通知が届いたのは約8ヶ月後の12月に入ってからでした。。

 

まとめ

ちなみに、登録までを考えると、その後の在職証明や税理士会への手続き等でも数ヶ月かかります。

これは大学院ルートに限ったことではありませんが、この辺りの時間を含めると、2年というか3年と考えたほうがいいような気もします。。

 

 


 

効率化

タイピングの練習を再開してわかったこと

以前、タイピング練習のおすすめのサイトを紹介いたしました。   紹介するだけで、その後なんだかんだで、やらずに過ごしていたのですが、今月から毎朝実施するようにしてみました。   練習として行っているのは、以前と同じなのですが、サイトのトップページにある「腕試しレベルチェック」です。   これを朝起きてからのルーティンの一つとして組み込んでいます。   パソコンを立ち上げて、5分から15分程度実施しています。   5分から15分と幅があるのは、その日のコンデ ...

ReadMore

ライフ

大型二輪教習 2段階5回目

  大型二輪教習、2段階5回目の教習を受けてきました。   2段階の教習は全7回ですので、残すところあと2回となりました。   うまくいけば、今月中の免許取得も可能かもしれません。   今回は、前回最後にちょろっと確認した2コースをメインに走りました。   1コースが慣れているので、2コースだと勝手が違います。コースも若干迷いながらな感じです。。   同じクランクでも入り口が違うだけで、少し戸惑ってしまったり、、   コーンに当たるまで ...

ReadMore

税金

ふるさと納税のよくある(聞く)勘違い3選

お客様や友人とふるさと納税についての話をする機会に、質問があったり、中には少し勘違いされているなというケースもあります。   ふるさと納税に限ったことではありませんが、税金に関することは少しややこしいところもあるので、ちょっとした認識違いはあって当然です。   今回は、ふるさと納税について、見聞きしたり、実際に質問があったことの中から、よくある勘違いを3つ確認してみたいと思います。   目次1 節税になる2 確定申告でふるさと納税した分税金が戻ってくる3 限度額を超えたら絶対 ...

ReadMore

長崎

長崎県産品・特産品の総合情報・販売サイト 「e-ながさきどっとこむ」利用してみました

  長崎県産品の総合情報・販売サイト 「e-nagasaki.com」を利用してみました。   ときどき、お客様の経費に出てくるので気になっていました。   特産品のカテゴリー毎にわかれており、充実の品揃えです。   水産品・魚介類。   ちゃんぽん・麺類。   カステラ・スイーツなどなど。   会員登録することで、すぐに利用できます。 しかも、2021年10月31日までであれば、「長崎よかもんキャンペーン 第3弾」の特典により、2,0 ...

ReadMore

ライフ

大型二輪教習 2段階4回目

  大型二輪教習、2段階4回目の教習を受けてきました。   今回も前回からの流れのまま、検定コース1の確認です。   最初は教官の後をついて行くので復習ができるわけですが、前回乗車したときと違い、今回は1回走っただけで、その後、すぐ通しでやる形となりました。   今回はしっかり目にコースを覚えてきたので、「合図→確認」に重点をおいて走ろうと思ったのですが、力が入りすぎたのか、一本橋で落ちてしまいました、、 どうも、苦手意識があるようです。 検定では一本橋脱輪は即終了 ...

ReadMore

税金

海外移住時に必要な税務手続について

海外に移住する場合に、必要となる税務手続について確認する機会がありましたので、本日の記事にしたいと思います。   目次1 納税管理人の届出2 海外移住前の確定申告3 納税管理人になれるのは?   納税管理人の届出 海外に1年以上住んでいる人、若しくは1年以上住む予定の人については、出国した日の翌日から税法上、「非居住者」となります。   サラリーマンの方が海外赴任等で「非居住者」となった場合、日本での課税関係は源泉徴収のみで完結することも多いかもしれませんが、例えば、日本国内 ...

ReadMore

ライフ

禁煙成功のきっかけとなったあんでるせんのマスターから聞いた話

今は喫煙者ではありませんが、若い頃にタバコを吸っている時期がありました。   25歳になる年に禁煙したのですが、それまで何度もやめようとチャレンジするも失敗の連続でした。   小学生ぐらいの頃、父親の腰踏み(マッサージ?)というミッションがあったのですが、父親はヘビースモーカーで、腰を踏んでいるときもタバコを吸っているものですから、副流煙をまともに受けるのが嫌で嫌でたまりませんでした。それを双子の弟と交代交代やっていました。   そんなこともあり、どちらかというとタバコは嫌い ...

ReadMore

ブログ

ブログ250記事投稿(248時間52分、240,730字)から思うこと

2021年2月1日から始めたこのブログ、毎日1記事更新しており昨日で250記事目となりました。   250記事目と中途半端なタイミングとなってしまった理由は、単純に200記事目を取り上げるのを失念していたためです。。   100記事目は、気づいて記事にしていたのですが、、   このときの記事にも書いておりますが、とにかく毎日書くと決め、「今」できる範囲で、完璧を求めず書いているわけですが、その時と違うことといえば、当時日付をまたいでも当日扱いにしておりましたが、今はその日中の ...

ReadMore

  • この記事を書いた人

平川吉輝

税理士、AFP、医業経営コンサルタント
1979年8月13日生。
長崎県在住。
2021年2月1日から日毎日更新中。

-通信制大学院