通信制大学院

税法修士論文|私が最終的に完成させた論文のあれこれ

2020年3月20日、大学院の学位記授与式当日に、下関郵便局で国税審議会へ作成した修士論文を提出しました(到着は週明けの3月23日)。

それから、8ヶ月程経ち免除決定通知が届いた後、2021年3月24日に晴れて税理士の資格を取得することができました。

 

1年が経過して、色々と振り返っているのですが(ブログ書くためとか・・・)、久しぶりに自分が作成した論文にさらった目を通してみました。

 

実際に完成した論文データ以外にも、先生からの指摘後の修正したものとのビフォー・アフターがわかるように、その都度ファイル名を変えてデータを保存しておりました。

 

なので、このとき、まだこれぐらいのページ数だったんだとか、論文構成はこの時点で4章から3章構成に変えたんだ、など、なんだか感慨深いものがあります。

機会があれば、論文の進捗を時系列で示す記事について書いてみたいと思います。

 

 

本日は、最終的に私が完成させた論文について、主にデータで表せる内容について記事にしたいと思います。

(おそらく論文本文の掲載は、大学の論文指導的にNGのような気がいたしますので、差し控えさせていただきます)。

 

テーマについて

私が決めたテーマは、譲渡所得についての内容です。

テーマそのままの記載は、前述のとおりですので、未実現のキャピタルゲイン、所得税と相続税の交錯、課税のタイミング、それについての問題点と解決策の検討といった感じですかね。

ちなみに、私の論文は立法論です。

一般的には、解釈論の方が良いとされ、書きやすいようです。
とはいえ、立法論がダメということではありません。
解釈しつくした結果、立法でしか解決できないのであれば、立法論でも問題ありません。

 

ちなみに、サブタイトルを付ける人、付けない人それぞれいますが、私は付けました。

ただ、公聴会後に記載する書類で、論文テーマを間違わないように書かないといけない書類があるのですが、あまり長すぎると結構大変です。緊張しますし。サブタイトルに付ける ”ー” などもきちんと書かないといけません。
タイトルは、シンプルにできるならシンプルがいいなと、このときは思いました。

 

論文構成(章立て)について

最終的には、3章構成になりました。

1章は5節、2章も5節、3章が2節という構成。。
3章が大事なんですけどね。
3章は濃縮させたということで。。

 

当初は4章構成でしたが、途中1章をばっさりカットすることになり、1章に書いていた内容を要約した形で、新1章に入れ込む修正をしました。

大きな修正は、その部分だけですが、細かい修正はいくつもありました。

 

 

ページ数

「おわりに」までの論文本文のページ数は48ページでした。

それに加えて、参考文献のページが5ページありました。

3章構成なので、1章あたりの平均ページ数は16ページですが、章ごとでページ数は異なっております。
「はじめに」に3ページと「おわりに」に2ページと、こちらにもページ数を割いておりますので。

 

ちなみに、文字数はWordの文字数を見たところ、全体で51,960文字、参考文献についてが3,600文字ほどあるようですので、本文(目次も含まれています)部分は約48,000文字ぐらいかと思われます。

 

参考文献数

最終的に、論文に掲載した参考文献の数は、こんな感じでした。

  1. 書籍 19
  2. 論文 50
  3. 判例 12
  4. 判例批評、その他 18

掲載したのがこれだけであって、当然ですが収集したものはもっと多いです。。

 

脚注の番号

脚注の番号は、110までの記載があります。

同じ文献を参照したりしています。

上記の参考文献について、全て引用・参照等しているわけではありません。

参考にはしたが引用等しなかった、という資料もございます。

 

まとめ

他にもご案内できるものがあるような気がしますが、本日はこの辺りにしたいと思います。

これから、修士論文を作成されるという方にとって、少しでも参考になれば幸いです。

 

 

.

ライフ

自宅での仕事、子どもたちの声が騒がしいなと感じたときの対応について

自宅で仕事をしているので、仕事中子どもたちが家で友達と遊んでいるときの声も聞こえてくるときもあります。 今日も遊びに来てくれた友達と楽しそうに遊んでいました。 もっと小さくても聞こえるよ、というぐらいボリュームが大きいこともあります。 そんなときの対応と、考えたことについて書いてみます。   目次1 「声小さめにお願いね」と言う2 ノイズキャンセリングイヤホンを使う3 諦める   「声小さめにお願いね」と言う   とりあえず、ダメ元でお願いしてみます。 効果は5分と持たないで ...

ReadMore

効率化

機密データもDropboxで一元管理

パソコンの端末ではなく、クラウド上にデータを保管しています。 私が利用しているのは、Dropboxというストレージサービスです。 お客様とのデータ共有にも利用しています。 最近では、機密性の高い内容のものについてもDropboxのツールを利用し、管理・保管するようにしています。   目次1 ログイン情報等も管理2 機密性の高いデータも保管3 Dropbox Vaultの使い方   ログイン情報等も管理   以前はパスワード管理アプリを利用していましたが、最近はDropbox ...

ReadMore

長崎

出島メッセ長崎|会議室の利用について③(予約確定から利用当日まで)

本日利用してみました。   目次1 予約確定から当日までのやり取り2 利用当日について3 初回利用の感想など   予約確定から当日までのやり取り   2021年12月19日に利用許可申請を受付けたとのご連絡があり、その後12月23日に支払い方法についてのメールが届きました。 支払い方法は振込のみのようで、クレジットカード決済等には対応してないようですね。 その2日後、催事前の最終確認のメールがあり、いくつか確認があります。 備品の追加がないか プロジェクターや看板等の持ち込み ...

ReadMore

ライフ

iPhoneでアプリ内課金を制限する方法

  目次1 子ども用スマホ2 ゲームも一定のルールで3 アプリ内課金を制限する方法   子ども用スマホ   娘用に妻が以前使っていたiPhoneを利用しています。 Appleのファミリー共有で「お子様用アカウント」を作る方法もあるようですが、その辺りをよくわかっていなかったので、私のアカウントのまま使っています。 聞くところによると、13歳未満のファミリーアカウントを作成するのは多少めんどくさいとか。 知らなかったので、そのまま自分のアカウントを使った次第です。   ...

ReadMore

長崎

ながさきプレスの年間購読は今がお得【初回限定キャンペーン開催中】

できるだけ年間購読はしないようにしていますが、、   目次1 地域情報の収集2 美容室では「ながさきプレス」から3 ながさきプレスの初回限定キャンペーン   地域情報の収集   地域のイベントや飲食店など、調べたいものがあったときでも、ある程度ネットで検索して調べることができる時代です。 例えば、「長崎 おでかけ」とか「長崎 イベント」などのキーワードで検索することである程度探すことはできます。観光ポータルサイトもいくつかあります。 飲食店等も同様ですね。 または、ブログやS ...

ReadMore

ライフ

個人的に感じているランニングにはないウォーキングのメリット

2022年からはウォーキングからランニングに切り替える予定でしたが、ランニング自体が久しぶりなので、走ると筋肉痛になります。 何かの動画で超回復について知り、筋肉痛があるときはさらなる負荷はかけないほうがいいのかな?と思い、痛みがあるときは負荷が軽めのウォーキングにするようにしています。 ランニング、ウォーキングどちらかを毎日実施しているわけですが、(超)個人的に思うランニングにはないウォーキングのメリットについて、本日の記事にしたいと思います。   目次1 考える時間になる2 着替えなくてもい ...

ReadMore

独立

独立前後で変えたこと・変わったこと

独立してから170日ほど。 色々な変化がありますが、最近思ったことや出来事から、変わったなと思うことをいくつか挙げてみたいと思います。   目次1 寝る前にアラームをかけなくなった2 仕事の合間に運動するようになった3 仕事で外出しようとすると「なんで?」と聞かれるようになった   寝る前にアラームをかけなくなった   寝る前にアラームを設定しなくなりました。 この時間に起きないといけないということもありませんし、保育園に送っていく時間までには必ず起きているので、アラームをか ...

ReadMore

会計・経理 効率化

弥生会計のショートカットキー

  クラウド会計を利用している方も増えていますが、シェアから考えると弥生会計を使っている方も多いかと。 弥生会計の入力については、スマート取引取り込みなど便利なツールや、Excelからのインポートを利用している方もいらっしゃると思いますが、様々な事情で力技で入力する必要があるケースもあると思います。 入力だけでなく、帳票表示などの画面操作についてもショートカットキーを使うと効率的です。 本日は弥生会計のショートカットキーについて記事にしたいと思います。   目次1 基本はAltキーから ...

ReadMore

  • この記事を書いた人

平川吉輝

税理士、AFP
1979年8月13日生。
長崎県在住。
2021年2月1日から日毎日更新中。

-通信制大学院