通信制大学院

修士論文(税法)|執筆スタート時の思い込みを振り返る(2)

前回からの続きです。

修士論文(税法)|執筆スタート時の思い込みを振り返る(1)

大学によりスケジュールは多少異なるかと思いますが、私の場合、論文テーマ決定後、1年弱で執筆していくことになりました。   これも大学により異なると思いますが、論文の細かい書き方までは教えてく ...

続きを見る

 

 

「引用」の仕方を気にしすぎていた

剽窃(ひょうせつ)は厳に慎むことと指導を受けるかと思います。

剽窃とは、他の人の文章を盗んで使うことを言います。

なので、引用・参照の仕方を間違えないように気をつけないといけません。

引用の仕方を間違え、剽窃とみなされると大変です。剽窃は重大な不正行為です。

 

あと、孫引きも禁止です。

孫引きとは、他人が引用等したものを、さらに引用等することを言います。
必ず、その原文にあたらなければいけません。

 

引用・参照の仕方については、また別の機会に記事にしたいと思いますが、これらのことを気にしすぎてしまい、最初どのように書き進めればよいか困惑しておりました。

なんだか、「 」ばかりになっちゃうような、と。。

 

後に先生から指導を受けましたが、

一般的に、丸々引用より、

「○○○○」(1)

 

引用したものに、自分の言葉を付け足すほうがよく、

「○○○○」(1)、△△△△。

 

それより、参照しつつ全て自分の言葉で書くのが良い

△△△△、△△△△(1)

とのこと。
あくまで一般的なものであって、引用・参照の仕方はケースバイケースです。

 

この辺りの加減は、執筆を進めていく中で自然にわかってくることかと思いますが、自分の言葉で書くのがいいからと言って、何者でもない自分の言葉ではなんの説得力もありませんから、オーソリティな文献を参照しつつ書くことが欠かせません。

いろいろな文献の引用・参照の仕方に目を通しながら、早いうちに感覚を掴んでいきましょう!

 

 

土日など休みの日に一気に書けるとは思わないこと

1年時のレポートを土日でやることが多く、それでなんとかやり過ごせていたことで、当初論文も同じようにやろうとしておりました。

まとまった時間で書き進めるのが、効率は良いかもしれませんが、人間そんなに集中力は続きません。

 

税理士試験の勉強のように、日々の積み重ねが大事なんだと、今ならわかります。

 

持続可能な量を、コツコツ積み重ねて、少しずつ負荷をかけていきましょう!
短距離走ではなく、マラソンのイメージです。
一定のペースで走らないと、続かないし、ペースも急にはあがりません。

 

先生にはどんどんメールしよう

税理士試験受験生のときも、あまり質問メールなどできないほうでしたが、論文執筆時も遠慮してしまい、積極的な相談ができておりませんでした。

東亜大学は通信制なので、基本メール等を使ったやり取りです。

遠慮していてはいけません。

 

ある程度、書き進めたところで送ったほうがいいのでは?と思ってしまいましたが、部分的でもいいのでどんどん相談したほうがよいと思います。

私のゼミの先生は、そうおっしゃってくださっていました。
(先生によるかもしれませんので、ご自身で見極めていただければ、)。

私は後半のほうでしか、それができませんでしたが、序盤からどんどん相談したほうが絶対いいです。

 

新規性、オリジナリティを過度に意識しない

新規性、オリジナリティな論文が求められますが、それは「新発見」や「大発見」である必要はないわけですから(そんなの無理ですし)、最初から過度に意識しなくてもいいような気がします。

 

解釈の仕方・プロセスにオリジナリティな要素があったり、結論が一般的に言われるものと反対のものを主張したり、その他でもそういった意味での新規制・オリジナリティがあればよいので、論文執筆当初はそれぐらいでいいような気がします。

 

書き進めていく中で、自分の主張がしっかりしてくれば、自ずと自分だけのオリジナリティな論文になっていくものと思います。

 

文字数を意識し過ぎない、こだわり過ぎない

大学により異なると思いますが、目安として何万字程度必要などの基準があると思います。

スタート時点であれば、それは途方も無い数字に思えて、とにかく字数を稼がなければと思いがちです。

そのせいで、裁判例などを無駄に引用したりしてページを割こうとしてしまったり。

まさに、当初の私がそうだったわけですが。。

 

これも気にしないでいいと思います。

基準の字数もあくまで目安であって、絶対にその字数ないといけないわけではないようでした(あくまで私がお世話になったゼミでは)。

先生がおっしゃるには、少ない文字数でまとまっているならその方がよいとのこと。

 

また、テーマ・構成がしっかりしているのであれば、ある程度の字数には必ずなるような気がします。

終盤は、書きすぎたところを削除していく作業が多かったような、、

 

 

却下されても簡単に諦めない

添削指導を受けていると、心が折れそうになることがしばしばあります。

それが続いてくると、これじゃダメなのかぁ、と諦めそうになるかもしれませんが、多少は食い下がってみましょう。

 

できれば、指導に耐えうる理論武装があればよいと思いますが、先生方も試しておっしゃっているケースもあると思います。

(本当にそれじゃダメなときもあるので、それは雰囲気で感じ取っていただければと思います)

自分なりの考えをぶつけてみましょう。

 

その主張を通すための、ヒントや道標をきっと出してくれるはずです。

 

まとめ

書いていると、あんなことこんなこと、他にもいろいろ思い出されますが、今回はこの辺りで終わりたいと思います。

少しだけでも、当時の私と同じようなかた(いないかもですが)の参考になれば幸いです。

 


税金ほか

納期の特例でも毎月納付も可能

通常、源泉所得税(従業員さんから預かった所得税)は、預かった翌月10日までに納付するのが原則となっています。   従業員さんがいる事業所であれば、給与は毎月支給しているでしょうから、基本的には毎月10日までに納めないといけないことになります。 毎月なので、結構手間ですね。   そこで、一定の条件を満たす事業所は、毎月ではなく半年に1回の納付でいいですよ。というのが、いわゆる源泉所得税の「納期の特例」です。   具体的には、1月から6月までに預かった所得税を7月10日まで、7月 ...

ReadMore

税金ほか

定額減税で源泉所得税の納付が0円になった場合の手続き

  定額減税により、預かる税額によっては控除した後の源泉所得税の額が0となることもあるかと思います。   源泉所得税の納付書に記載する税額は、月次減税額控除の金額となります。   納付税額がない場合、当然金融機関で手続きすることはできませんが、当該期間の給与等の金額は所轄の税務署に知らせる必要があります。   納付書(給与所得・退職所得等の所得税徴収高計算書)をe-Taxで送信するか、郵便か信書便で送付・提出しなければなりません。   納付金額がないから何 ...

ReadMore

税金ほか

個人事業主が死亡した場合の事業承継手続きについて

      廃業時の届出等 個人事業の開業・廃業等届出書 都道府県への廃業届出 所得税の青色申告の取りやめ届出書 給与支払事務所等の開設・移転・廃止の届出書 所得税及び復興特別所得税の予定納税額の減額申請書 上2つは、すべての個人事業主について提出する必要があるものです。 下3つは該当する場合に提出することになります。   事業を引き継ぐ場合の手続き 亡くなった個人事業主の事業を承継する場合には、引き継ぐ方が通常の開業手続きを行うことになります。その際、先代の個人事 ...

ReadMore

税金ほか

相続開始後に必要な手続き③

  以前の記事で、相続後一般的に必要なる役所・年金事務所で行う手続きを確認しました。       本日はその続きとして、その他諸々の必要となる手続きについて確認したいと思います。   該当がなければ必要ない手続きもあるかと思いますが、いくつか列挙してみます。   公共料金の引き落とし口座の変更 生命保険会社への保険金の請求 遺言書の検認(遺言書がある場合) 相続の放棄・限定承認(3ヶ月以内) 所得税の準確定申告(4ヶ月以内) 根抵当権の変更(6ヶ ...

ReadMore

税金ほか

相続開始後に必要な手続き②

  以前の記事で、相続後一般的に必要となる役所での手続きについて確認しました。   本日はその続きとして、年金事務所で行う手続きについて確認してみます。   受給していた年金の停止手続き 国民年金や厚生年金を受給していた人がなくなった場合、「年金受給者死亡届」を提出して、受給停止の手続きを行う必要があります。 未支給の年金をもらう手続き 年金は2ヶ月毎、偶数月に支給されます。 後払いでの支給なので、未支給の年金が発生することになります。 年金の受給停止手続きと一緒に手続きしま ...

ReadMore

税金ほか

納期の特例でも毎月納付も可能

通常、源泉所得税(従業員さんから預かった所得税)は、預かった翌月10日までに納付するのが原則となっています。   従業員さんがいる事業所であれば、給与は毎月支給しているでしょうから、基本的には毎月10日までに納めないといけないことになります。 毎月なので、結構手間ですね。   そこで、一定の条件を満たす事業所は、毎月ではなく半年に1回の納付でいいですよ。というのが、いわゆる源泉所得税の「納期の特例」です。   具体的には、1月から6月までに預かった所得税を7月10日まで、7月 ...

ReadMore

税金ほか

定額減税で源泉所得税の納付が0円になった場合の手続き

  定額減税により、預かる税額によっては控除した後の源泉所得税の額が0となることもあるかと思います。   源泉所得税の納付書に記載する税額は、月次減税額控除の金額となります。   納付税額がない場合、当然金融機関で手続きすることはできませんが、当該期間の給与等の金額は所轄の税務署に知らせる必要があります。   納付書(給与所得・退職所得等の所得税徴収高計算書)をe-Taxで送信するか、郵便か信書便で送付・提出しなければなりません。   納付金額がないから何 ...

ReadMore

税金ほか

個人事業主が死亡した場合の事業承継手続きについて

      廃業時の届出等 個人事業の開業・廃業等届出書 都道府県への廃業届出 所得税の青色申告の取りやめ届出書 給与支払事務所等の開設・移転・廃止の届出書 所得税及び復興特別所得税の予定納税額の減額申請書 上2つは、すべての個人事業主について提出する必要があるものです。 下3つは該当する場合に提出することになります。   事業を引き継ぐ場合の手続き 亡くなった個人事業主の事業を承継する場合には、引き継ぐ方が通常の開業手続きを行うことになります。その際、先代の個人事 ...

ReadMore

税金ほか

相続開始後に必要な手続き③

  以前の記事で、相続後一般的に必要なる役所・年金事務所で行う手続きを確認しました。       本日はその続きとして、その他諸々の必要となる手続きについて確認したいと思います。   該当がなければ必要ない手続きもあるかと思いますが、いくつか列挙してみます。   公共料金の引き落とし口座の変更 生命保険会社への保険金の請求 遺言書の検認(遺言書がある場合) 相続の放棄・限定承認(3ヶ月以内) 所得税の準確定申告(4ヶ月以内) 根抵当権の変更(6ヶ ...

ReadMore

税金ほか

相続開始後に必要な手続き②

  以前の記事で、相続後一般的に必要となる役所での手続きについて確認しました。   本日はその続きとして、年金事務所で行う手続きについて確認してみます。   受給していた年金の停止手続き 国民年金や厚生年金を受給していた人がなくなった場合、「年金受給者死亡届」を提出して、受給停止の手続きを行う必要があります。 未支給の年金をもらう手続き 年金は2ヶ月毎、偶数月に支給されます。 後払いでの支給なので、未支給の年金が発生することになります。 年金の受給停止手続きと一緒に手続きしま ...

ReadMore

税金ほか

相続開始後に必要な手続き①

  相続後、一般的に必要となる役所での手続きについて大まかに確認してみたいと思います。 死亡届の提出(死亡の事実を知った日から7日以内) 健康保険被保険者証・障がい者手帳・印鑑登録カード・マイナンバーカード等の返納 葬祭費の請求 健康保険料や介護保険料等の精算 生命保険金の請求のための戸籍・住民票等の取得 など。   家族状況や財産の内容等によって、必要な手続きは異なりますが、最初に行う住所地の市町村役場で行う手続きから確認してみました。 他にも多くの手続きがありますが、また別の機会に ...

ReadMore

税金ほか

取得した社宅に係る消費税

  自己で取得した社宅の場合、社宅の使用料を徴収するかしないかで、仕入税額控除の取扱いが異なります。   令和2年の税制改正で消費税の取扱いが変更され、「居住用賃貸建物」については、仕入税額控除の対象とならない取り扱いとなっています。 使用料を徴収する社宅については、「居住用賃貸建物」に該当し、その取得に係る消費税は控除することができないことになります。   社宅の使用料を徴収せず、無償で貸し付けることがその取得の時点で客観的に明らかな社宅については、「居住用賃貸建物」に該当 ...

ReadMore

税金ほか

2025年4月以降の改正雇用保険法について

  2025年4月以降、改正雇用保険法が順次施行されます。   今回の改正では、多様な働き方を効果的に支える雇用のセーフティネットの構築、「人への投資」の強化等のため、雇用保険の対象拡大等いくつかの措置が講じられます。   改正の概要は次のとおり。 雇用保険の適用拡大 教育訓練やリ・スキリング支援の充実 育児休業給付に係る安定的な財政運営の確保 その他雇用保険制度の見直し   施行はまだ先ですが、実務にも影響する内容も含まれていますので、ご確認いただければと思います ...

ReadMore

  • この記事を書いた人

平川吉輝

税理士、AFP
1979年8月13日生、44歳。
長崎県長崎市在住。
2021年2月1日から日毎日更新中。

-通信制大学院