通信制大学院

修士論文(税法)|執筆スタート時の思い込みを振り返る(2)

前回からの続きです。

修士論文(税法)|執筆スタート時の思い込みを振り返る(1)

大学によりスケジュールは多少異なるかと思いますが、私の場合、論文テーマ決定後、1年弱で執筆していくことになりました。   これも大学により異なると思いますが、論文の細かい書き方までは教えてく ...

続きを見る

 

 

「引用」の仕方を気にしすぎていた

剽窃(ひょうせつ)は厳に慎むことと指導を受けるかと思います。

剽窃とは、他の人の文章を盗んで使うことを言います。

なので、引用・参照の仕方を間違えないように気をつけないといけません。

引用の仕方を間違え、剽窃とみなされると大変です。剽窃は重大な不正行為です。

 

あと、孫引きも禁止です。

孫引きとは、他人が引用等したものを、さらに引用等することを言います。
必ず、その原文にあたらなければいけません。

 

引用・参照の仕方については、また別の機会に記事にしたいと思いますが、これらのことを気にしすぎてしまい、最初どのように書き進めればよいか困惑しておりました。

なんだか、「 」ばかりになっちゃうような、と。。

 

後に先生から指導を受けましたが、

一般的に、丸々引用より、

「○○○○」(1)

 

引用したものに、自分の言葉を付け足すほうがよく、

「○○○○」(1)、△△△△。

 

それより、参照しつつ全て自分の言葉で書くのが良い

△△△△、△△△△(1)

とのこと。
あくまで一般的なものであって、引用・参照の仕方はケースバイケースです。

 

この辺りの加減は、執筆を進めていく中で自然にわかってくることかと思いますが、自分の言葉で書くのがいいからと言って、何者でもない自分の言葉ではなんの説得力もありませんから、オーソリティな文献を参照しつつ書くことが欠かせません。

いろいろな文献の引用・参照の仕方に目を通しながら、早いうちに感覚を掴んでいきましょう!

 

 

土日など休みの日に一気に書けるとは思わないこと

1年時のレポートを土日でやることが多く、それでなんとかやり過ごせていたことで、当初論文も同じようにやろうとしておりました。

まとまった時間で書き進めるのが、効率は良いかもしれませんが、人間そんなに集中力は続きません。

 

税理士試験の勉強のように、日々の積み重ねが大事なんだと、今ならわかります。

 

持続可能な量を、コツコツ積み重ねて、少しずつ負荷をかけていきましょう!
短距離走ではなく、マラソンのイメージです。
一定のペースで走らないと、続かないし、ペースも急にはあがりません。

 

先生にはどんどんメールしよう

税理士試験受験生のときも、あまり質問メールなどできないほうでしたが、論文執筆時も遠慮してしまい、積極的な相談ができておりませんでした。

東亜大学は通信制なので、基本メール等を使ったやり取りです。

遠慮していてはいけません。

 

ある程度、書き進めたところで送ったほうがいいのでは?と思ってしまいましたが、部分的でもいいのでどんどん相談したほうがよいと思います。

私のゼミの先生は、そうおっしゃってくださっていました。
(先生によるかもしれませんので、ご自身で見極めていただければ、)。

私は後半のほうでしか、それができませんでしたが、序盤からどんどん相談したほうが絶対いいです。

 

新規性、オリジナリティを過度に意識しない

新規性、オリジナリティな論文が求められますが、それは「新発見」や「大発見」である必要はないわけですから(そんなの無理ですし)、最初から過度に意識しなくてもいいような気がします。

 

解釈の仕方・プロセスにオリジナリティな要素があったり、結論が一般的に言われるものと反対のものを主張したり、その他でもそういった意味での新規制・オリジナリティがあればよいので、論文執筆当初はそれぐらいでいいような気がします。

 

書き進めていく中で、自分の主張がしっかりしてくれば、自ずと自分だけのオリジナリティな論文になっていくものと思います。

 

文字数を意識し過ぎない、こだわり過ぎない

大学により異なると思いますが、目安として何万字程度必要などの基準があると思います。

スタート時点であれば、それは途方も無い数字に思えて、とにかく字数を稼がなければと思いがちです。

そのせいで、裁判例などを無駄に引用したりしてページを割こうとしてしまったり。

まさに、当初の私がそうだったわけですが。。

 

これも気にしないでいいと思います。

基準の字数もあくまで目安であって、絶対にその字数ないといけないわけではないようでした(あくまで私がお世話になったゼミでは)。

先生がおっしゃるには、少ない文字数でまとまっているならその方がよいとのこと。

 

また、テーマ・構成がしっかりしているのであれば、ある程度の字数には必ずなるような気がします。

終盤は、書きすぎたところを削除していく作業が多かったような、、

 

 

却下されても簡単に諦めない

添削指導を受けていると、心が折れそうになることがしばしばあります。

それが続いてくると、これじゃダメなのかぁ、と諦めそうになるかもしれませんが、多少は食い下がってみましょう。

 

できれば、指導に耐えうる理論武装があればよいと思いますが、先生方も試しておっしゃっているケースもあると思います。

(本当にそれじゃダメなときもあるので、それは雰囲気で感じ取っていただければと思います)

自分なりの考えをぶつけてみましょう。

 

その主張を通すための、ヒントや道標をきっと出してくれるはずです。

 

まとめ

書いていると、あんなことこんなこと、他にもいろいろ思い出されますが、今回はこの辺りで終わりたいと思います。

少しだけでも、当時の私と同じようなかた(いないかもですが)の参考になれば幸いです。

 


ライフ

目線を上げていこう

  バイクの免許を取得するときに、自動車学校の先生からも言われたりしました。 目線の方に体が動き、バイクもそっちに向いていくので、「目線を上げて」、「行きたいほうを見て」と。 スノーボードをはじめたころ、同様の感覚がありました。 怖いので、足元ばかりみてしまうのですが、それだとうまく滑れないのです。 行きたい方向を見て、そして目線も上げる必要があります。   これは自身の「気持ち」についても言えることかもしれません。   生活していると、 嫌なことや思い通りにならないこと、い ...

ReadMore

会計・経理

自賠責保険料の経理処理について

事業で使用している車の車検費用はもちろん経費処理できます。 その中で自賠責保険料の経理処理について、たまにご質問をいただくことがあります。 自賠責保険料は数年分(MAX3年)の前払いとなるものなので、「前払費用」で処理すべきか、というもの。 原則は1年を超える部分(翌期以降分)については、前払費用(又は長期前払費用)で処理すべきですが、実務的には、支出時に費用として処理することになります。 本日は自賠責保険料の経理処理について確認したいと思います。     前払費用とは   ...

ReadMore

税金ほか

売電収入と所得税について

太陽光発電による売電収入は申告必要?とお尋ねいただくこともあります。 売電収入に係る所得税の申告について、確認してみたいと思います。     売電収入による申告の要否   売電収入に限ったことではありませんが、一定の所得がある場合には確定申告を行う必要があります。 ただ、発電量が少ない住宅用のパネルであれば、申告不要となるケースも多いです。 年末調整のみで完結している会社員であれば、給与所得以外の所得が20万円を超えた場合に確定申告が必要となるので、売電収入による所得が少額の ...

ReadMore

ライフ

天気がよかったのでツーリング

  今日の長崎は天気もよくあたたかい1日でした。 ツーリング日和。 娘たちもお友だちと遊びに行くというので、これはとチャンスと思い夫婦でツーリングに行ってきましたよ。   今日はいつもの251ではなく、大村(三浦経由)ツーリング。   いつもの251と比較すると道中混み合うエリアがあるのですが、大村湾沿いのルートが心地よいので、夫婦ともにお気に入りのコースです。   そのルートを通れればいいので、特に目的地があるわけではありません。 なので、結局スタバをゴールにして ...

ReadMore

税金ほか

相続時精算課税の留意点について

    相続時精算課税の見直し   2023年の税制改正において、相続時精算課税に係る基礎控除が創設されました。 以前の記事でも少し触れましたが、2024年1月1日以後の贈与で取得した財産について、110万円の基礎控除が適用できるようになりました。     相続時精算課税の留意点   2024年以後は相続時精算課税の使い勝手がよくなる部分があることから、制度の利用が拡大することが予想されているようですが、相続時精算課税を検討する際には留意すべき点 ...

ReadMore

ライフ

目線を上げていこう

  バイクの免許を取得するときに、自動車学校の先生からも言われたりしました。 目線の方に体が動き、バイクもそっちに向いていくので、「目線を上げて」、「行きたいほうを見て」と。 スノーボードをはじめたころ、同様の感覚がありました。 怖いので、足元ばかりみてしまうのですが、それだとうまく滑れないのです。 行きたい方向を見て、そして目線も上げる必要があります。   これは自身の「気持ち」についても言えることかもしれません。   生活していると、 嫌なことや思い通りにならないこと、い ...

ReadMore

会計・経理

自賠責保険料の経理処理について

事業で使用している車の車検費用はもちろん経費処理できます。 その中で自賠責保険料の経理処理について、たまにご質問をいただくことがあります。 自賠責保険料は数年分(MAX3年)の前払いとなるものなので、「前払費用」で処理すべきか、というもの。 原則は1年を超える部分(翌期以降分)については、前払費用(又は長期前払費用)で処理すべきですが、実務的には、支出時に費用として処理することになります。 本日は自賠責保険料の経理処理について確認したいと思います。     前払費用とは   ...

ReadMore

税金ほか

売電収入と所得税について

太陽光発電による売電収入は申告必要?とお尋ねいただくこともあります。 売電収入に係る所得税の申告について、確認してみたいと思います。     売電収入による申告の要否   売電収入に限ったことではありませんが、一定の所得がある場合には確定申告を行う必要があります。 ただ、発電量が少ない住宅用のパネルであれば、申告不要となるケースも多いです。 年末調整のみで完結している会社員であれば、給与所得以外の所得が20万円を超えた場合に確定申告が必要となるので、売電収入による所得が少額の ...

ReadMore

ライフ

天気がよかったのでツーリング

  今日の長崎は天気もよくあたたかい1日でした。 ツーリング日和。 娘たちもお友だちと遊びに行くというので、これはとチャンスと思い夫婦でツーリングに行ってきましたよ。   今日はいつもの251ではなく、大村(三浦経由)ツーリング。   いつもの251と比較すると道中混み合うエリアがあるのですが、大村湾沿いのルートが心地よいので、夫婦ともにお気に入りのコースです。   そのルートを通れればいいので、特に目的地があるわけではありません。 なので、結局スタバをゴールにして ...

ReadMore

税金ほか

相続時精算課税の留意点について

    相続時精算課税の見直し   2023年の税制改正において、相続時精算課税に係る基礎控除が創設されました。 以前の記事でも少し触れましたが、2024年1月1日以後の贈与で取得した財産について、110万円の基礎控除が適用できるようになりました。     相続時精算課税の留意点   2024年以後は相続時精算課税の使い勝手がよくなる部分があることから、制度の利用が拡大することが予想されているようですが、相続時精算課税を検討する際には留意すべき点 ...

ReadMore

ライフ

専門用語、略語は多用しないようにする

  TPO、ケース・バイ・ケースだと思いますが、使わないようにしている言葉があります。 専門用語や略語などがその一例です(それ以外にも使わないと決めている言葉がいくつかあります)。   話す相手が専門家、同業の方などであれば、専門用語を使ったほうが内容を理解するのも早いでしょう。 略語についても、同業者であれば普段の会話と同じように使用することができるものと思います。 ただ、業界経験が長くなってしまうと、当初は難しく感じていたことであっても、知らないうちに当たり前のことに変わっていきま ...

ReadMore

税金ほか

小規模企業共済オンライン申請サービスについて

  小規模企業共済では、オンラインで各種変更申請が可能となっています。 マイナンバーカード、スマートフォンがあれば、場所・時間を選ばず各種届出手続き申請ができます。 オンライン申請が可能な手続きは以下のとおり。 掛金月額の変更 掛金引き落とし口座の変更 払込区分の変更 契約者情報の変更 掛金の一括納付 掛金控除証明書電子発行の申し込み       手続きは「小規模企業共済 届出手続きへ」を選択し、メールアドレスの登録からスタート。   次にパソコンとICカ ...

ReadMore

ライフ 長崎

歩こーで!(ながさき健康づくりアプリ)ダウンロード者限定抽選会(2024年2月)|長崎県

  以前記事にした「ながさき健康づくりアプリ」。     アプリのダウンロード者限定で、長崎県産品が当たる抽選会が開催されています。   応募期間:2024年2月29日(木)まで。 応募方法:500ポイントで1回応募可能(応募は1人何回でも可、当選は1人1回のみ)。 抽選結果:歩こーで!のお知らせで3月8日頃を目途に配信。     インストール後、特に「使っている」という意識はないのですが、勝手にポイントが貯まっています。   あまり意 ...

ReadMore

  • この記事を書いた人

平川吉輝

税理士、AFP
1979年8月13日生、44歳。
長崎県長崎市在住。
2021年2月1日から日毎日更新中。

-通信制大学院