税理士試験

税理士試験|受からなかった20代と受かり始めた30代、変えたこと・変わったこと

税理士試験、初めての受験は、平成18年(2006)の第56回試験でした。

今から15年ほど前のことです。

年齢でいうと、27になる歳です(試験日時点では26歳です)。

20代で受け始めたのですが、合格することができませんでした。

初めて合格通知を受け取ったのは、35歳(36歳になる年)のときです。

 

本日は、自分の振り返りも兼ねて、受からなかった20代と受かり始めた30代、何が違ったのか記事にしたいと思います。
(テクニカルなことではございません、あしからず)

 

ステージに立った回数

まず、違うのは、受験した回数です。

20代が2回だったのに対して、30代では5回、試験会場に足を運んでおります。

受験したところで受かるかどうかもわからないのに、受けもしてないわけですから、当然といえば当然なのですが。

 

気持ちが入っていなかった20代の頃は、何かしら、行けない(行かない)理由をみつけて受験から逃げていたように思います。

「勉強できてないし、行っても、旅費がもったいないし…行かない方がいいよね、もったいないし…」とか、言ってた気がします…

20代最後の受験と、30代最初の受験は、本当にノー勉強での受験でしたので、その2回を外すと、7年間受験から離れてしまいました。

タラレバを言っても仕方ないのですが、あの時、もう少し真剣に取り組んでいれば、ちょっとは違ったのかもしれません。

 

 

期限を決めた

税理士試験への再チャレンジの理由の一つに、娘の誕生があります。

そこで、娘の年齢で、期限を決めることにしました。

「娘が小学校に入学するまでに税理士になる」と。

まあ、無理そうなら、延長しようと思っていたのですが、、

実際、大学院の留年が決定した頃には、

「小学校1年生のうちに・・・」に変更しました。

 

免除決定通知がなかなか届かないので、再延長になるかヒヤヒヤしていましたが、ギリギリ間に合いそうです。。

 

思えば、20代の頃は、本当になんとなく受験しておりました。

私の場合、自分一人だとだらけてしまいますが、誰か別の対象が基準となると違うのかもしれません。

 

学校を変えてみた

当初、TACの通信だったのですが、再チャレンジ後は大原にしてみました。

これは、TACがダメで大原がいいとか、そういうことではありません。

単純に、新しい環境で、心機一転やってみるというのは、一定の効果があったように思います。

学校がどうのこうのではなく、やはり自分のやる気次第なのだと感じます。

 

受験地を変えてみた

正確には、30代の途中からですが、受験地を福岡県から熊本県に変更してみました。

これも、上記と理由は一緒で、違う環境で臨みたいという思いからです。

熊本県に変えた年に、初めての合格科目をゲットできたので、それからは験を担いで、以後2回は熊本での受験です。

プラスで良かった点は、受験者数が熊本のほうが少ないので、試験会場での混雑具合はだいぶ違ったように感じます。

気持ち、ゆったりゆっくりできたような。。

 

ペンの色を変えてみた

税理士試験は、黒か青のインキ(ボールペン含む)を用いなければいけません。

これも正確には30代の途中から変更したのですが、以前黒のボールペンを使用していたのですが、好きな色、青だし、青にしてみようと変更したところ、初めての合格を手にしたので、これも験を担いで、以降は青です。

これも上記2つと一緒で気分の問題です。

 

ただ、好みによると思いますが、問題用紙に書き込んだ際、青のほうが目立っていいなとも感じました。

 

 

言葉を変えた

これまで、「簿記論に合格したい」という表現だったのを、「税理士になる!」に変えて、尚且、それを同僚やお客様に公言することにしました。

やや、精神論的な話になるかもしれませんが、言葉には力があるなと感じます。

 

これも好みやタイプにもよると思いますが、周りに公言することで、外からのプレッシャーも感じるようになります(自分が思うほど周りは期待してなかったと思いますが)。

不言実行で、黙々とやれればいいのですが、私は周りの力に頼ることにしました。。

 

「税理士になる!」に変えたことで、税理士試験の科目合格だけを狙うのではなく、大学院の入学も早いうちに検討したように思います。

 

まとめ

振り返ってみると、色々と変化しておりますが、一気に変わったのではなく、必要に応じて、変わっていったように感じます。

一番の変化は、メンタルの部分ではないかと自分では思います。

「税理士になる」という言葉・気持ちの変化が大きいですね。やっぱり。

そして、そういう気持ちにさせたのは、なんだかんだで娘の誕生なのかもしれません。

実際、合格し始めたのは、娘が生まれたあとからのことですから。

 

 

娘は、「ぜいりしってなん?」って感じですが、徐々に説明していきたいと思います。。

 


 

ライフ

大型二輪教習 2段階5回目

  大型二輪教習、2段階5回目の教習を受けてきました。   2段階の教習は全7回ですので、残すところあと2回となりました。   うまくいけば、今月中の免許取得も可能かもしれません。   今回は、前回最後にちょろっと確認した2コースをメインに走りました。   1コースが慣れているので、2コースだと勝手が違います。コースも若干迷いながらな感じです。。   同じクランクでも入り口が違うだけで、少し戸惑ってしまったり、、   コーンに当たるまで ...

ReadMore

税金

ふるさと納税のよくある(聞く)勘違い3選

お客様や友人とふるさと納税についての話をする機会に、質問があったり、中には少し勘違いされているなというケースもあります。   ふるさと納税に限ったことではありませんが、税金に関することは少しややこしいところもあるので、ちょっとした認識違いはあって当然です。   今回は、ふるさと納税について、見聞きしたり、実際に質問があったことの中から、よくある勘違いを3つ確認してみたいと思います。   目次1 節税になる2 確定申告でふるさと納税した分税金が戻ってくる3 限度額を超えたら絶対 ...

ReadMore

長崎

長崎県産品・特産品の総合情報・販売サイト 「e-ながさきどっとこむ」利用してみました

  長崎県産品の総合情報・販売サイト 「e-nagasaki.com」を利用してみました。   ときどき、お客様の経費に出てくるので気になっていました。   特産品のカテゴリー毎にわかれており、充実の品揃えです。   水産品・魚介類。   ちゃんぽん・麺類。   カステラ・スイーツなどなど。   会員登録することで、すぐに利用できます。 しかも、2021年10月31日までであれば、「長崎よかもんキャンペーン 第3弾」の特典により、2,0 ...

ReadMore

ライフ

大型二輪教習 2段階4回目

  大型二輪教習、2段階4回目の教習を受けてきました。   今回も前回からの流れのまま、検定コース1の確認です。   最初は教官の後をついて行くので復習ができるわけですが、前回乗車したときと違い、今回は1回走っただけで、その後、すぐ通しでやる形となりました。   今回はしっかり目にコースを覚えてきたので、「合図→確認」に重点をおいて走ろうと思ったのですが、力が入りすぎたのか、一本橋で落ちてしまいました、、 どうも、苦手意識があるようです。 検定では一本橋脱輪は即終了 ...

ReadMore

税金

海外移住時に必要な税務手続について

海外に移住する場合に、必要となる税務手続について確認する機会がありましたので、本日の記事にしたいと思います。   目次1 納税管理人の届出2 海外移住前の確定申告3 納税管理人になれるのは?   納税管理人の届出 海外に1年以上住んでいる人、若しくは1年以上住む予定の人については、出国した日の翌日から税法上、「非居住者」となります。   サラリーマンの方が海外赴任等で「非居住者」となった場合、日本での課税関係は源泉徴収のみで完結することも多いかもしれませんが、例えば、日本国内 ...

ReadMore

ライフ

禁煙成功のきっかけとなったあんでるせんのマスターから聞いた話

今は喫煙者ではありませんが、若い頃にタバコを吸っている時期がありました。   25歳になる年に禁煙したのですが、それまで何度もやめようとチャレンジするも失敗の連続でした。   小学生ぐらいの頃、父親の腰踏み(マッサージ?)というミッションがあったのですが、父親はヘビースモーカーで、腰を踏んでいるときもタバコを吸っているものですから、副流煙をまともに受けるのが嫌で嫌でたまりませんでした。それを双子の弟と交代交代やっていました。   そんなこともあり、どちらかというとタバコは嫌い ...

ReadMore

ブログ

ブログ250記事投稿(248時間52分、240,730字)から思うこと

2021年2月1日から始めたこのブログ、毎日1記事更新しており昨日で250記事目となりました。   250記事目と中途半端なタイミングとなってしまった理由は、単純に200記事目を取り上げるのを失念していたためです。。   100記事目は、気づいて記事にしていたのですが、、   このときの記事にも書いておりますが、とにかく毎日書くと決め、「今」できる範囲で、完璧を求めず書いているわけですが、その時と違うことといえば、当時日付をまたいでも当日扱いにしておりましたが、今はその日中の ...

ReadMore

ライフ

大型二輪教習 2段階3回目(今日は乗ってません)

  大型二輪教習、2段階3回目の教習を受けてきました。   最近、大型二輪の教習の記事ばかりになっておりますが、自身の記録としての意味合いもあり、ログを残そうと思っておりますので、温かい目でみていただければと思います。   今回の教習は、バイクには乗車せずシミュレーターを使った教習ということで、いつもと違ったものでした(実際はシミュレーターも然程使ってはいません)。 汗もかかないので、帰ってからが楽でした。     まず、二人乗りについての動画を視聴し、単 ...

ReadMore

  • この記事を書いた人

平川吉輝

税理士、AFP、医業経営コンサルタント
1979年8月13日生。
長崎県在住。
2021年2月1日から日毎日更新中。

-税理士試験